こんにちは、幸福の科学です♪

bdays777.exblog.jp
ブログトップ

タグ:幸福の科学 ( 62 ) タグの人気記事

本書が勝海舟との「霊言問答」である。霊言は創作であってはならないので、『幸福の科学』や、その支援する『幸福実現党』にとって不利な内容もそのまま活字にした。それを「大人気ない」と見るか、「知的正直さ」と見るかの判断は読者の理解に委ねることとする。
リーダー論から外交戦略まで、実に痛快無比な内容となっている。マスコミ批判も手厳しいが、私どもも同様の「まな板の上の鯉(こい)」にされているので、フェアネスは一貫している。勝海舟が現代に甦り、日本の政治外交を一刀両断すればこうなるのかと、目からウロコが落ちることだろう。勝海舟先生の霊に感謝する。

(大川隆法『勝海舟の一刀両断! ──霊言問答・リーダー論から外交戦略まで』〔幸福の科学出版刊〕「まえがき」より)


※「にほんブログ村」宗教カテゴリに参加しています。応援のクリックを頂けたら嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by beautiful-days777 | 2010-05-09 15:56 | 経典より
勉強になることの多い本であると思う。世界では大きな二つの論理がぶつかっている。
宗教という面を除いて考えても、国際政治、外交の面で、必読のテキストだと思う。
共にエル・カンターレの教えを反映しつつも、反目している二つの世界宗教を融和させることも、私に課せられた大きな責務であると思う。
この地球を、愛と美と調和の星に変えていくためにも、未来の世界宗教としての幸福の科学を大きく育てていきたいと念ずるものである。

(大川隆法『世界紛争の真実 ──ミカエルvs.ムハンマド』〔幸福の科学出版刊〕「あとがき」より)


※「にほんブログ村」宗教カテゴリに参加しています。応援のクリックを頂けたら嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by beautiful-days777 | 2010-04-26 01:11 | 経典より

この気迫! この鋭さ!

まことに厳しい人であった。吉田松陰の霊への質問に立った『幸福の科学』あるいは『幸福実現党』の幹部クラスの人々の顔色がまっ青になり、言葉につまり、それこそ霊体が縮んでいくのが感じられるような、一連の霊言であった。
本物の革命家とは、真実の不惜身命〔ふしゃくしんみょう〕とは、何か、を教えられた一日であった。
この国の政治を幸福維新するための心構えを、胆力を鍛え直すことから始めねばならないと思った。
この厳しさの中に流れる深い愛が、百数十年前と同じく、若い人々の心に、言行一致の精神を教えてくれるだろう。

(大川隆法『一喝! 吉田松陰の霊言 ──21世紀の志士たちへ』〔幸福の科学出版刊〕「あとがき」より)


※「にほんブログ村」宗教カテゴリに参加しています。応援のクリックを頂けたら嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by beautiful-days777 | 2010-04-11 17:47 | 経典より
私は救世主であると同時に、日本の「国師」であり、「ワールド・ティーチャー」(世界教師)でもありたいという強い志を持っている。
「幸福の科学」を単なる日本の新宗教の一宗一派だと考えている人々は、いずれその見識の浅さを恥じることになるだろう。
宗教家の不屈の信念と救世の情熱が、いったいどこまで広がっていくか、お見せしたいものだと思っている。
今、必要なのは、勇気と行動力、そして、現実に、世界の人々を愛そうとする気持ちだ。
かつてイスラエルの地で「メシア」とは、人々の魂の救済者であると共に、救国の政治指導者でもあることを意味した。日本の古代の宗教家も政治指導者でもあった。「政教分離」などのテクニカルなこの世的技術論によって、神の声、仏の声を封じ、救世の事業を妨げる愚かな人が出ないことを祈る。宗教よ、具体的、幸福の実現を目指せ。

(大川隆法『国家の気概──日本の繁栄を守るために』〈幸福の科学出版刊〉「あとがき」より)


※「にほんブログ村」宗教カテゴリに参加しています。応援のクリックを頂けたら嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by beautiful-days777 | 2010-02-06 21:25 | 経典より

未知なる世界へ

きみよ、
未知なる世界へ、
羽ばたいてみないか。
誰もが憧れを抱(いだ)きつつ、
不安に立ちすくんでいる、
その世界へ、
羽ばたいてみないか。
飛び方を知らないからといって、
怖れることはない。
信じてついてきなさい。
この大きな翼を信じて
鳥のように舞い上がるのだ。

さあ、澄み切った大空の中へ。
下界がはるかに見おろせるぞ。
新しい年が始まったのだ。

(大川隆法『伝道宣言』〈宗教法人幸福の科学刊〉より)


※「にほんブログ村」宗教カテゴリに参加しています。応援のクリックを頂けたら嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by beautiful-days777 | 2010-01-27 00:02 | 講義経典etc.より
本来の自由とは何かというと、「ダリアの球根にはダリアの花が咲き、桜の木には桜の花が咲き、アサガオの種をまけばアサガオが咲くように、ごく自然に、神が予定している美しき調和の姿を現す」ということです。
何ゆえに、他の人の存在によって、介在によって、その価値観によって、自分をねじまげようとするのか。なぜ、アサガオの蔓(つる)にユリの花を咲かそうとするのか。なぜ、ユリの茎に菊の花を咲かそうとするのか。
そんなことをせずとも、それぞれの花は、それぞれに美しく咲いている。それでよいのだ。
スミレが、いったい、どれほどの仕事をしているかということは、定かではないけれども、スミレは、大いなる宇宙の摂理の下(もと)に、神の命(めい)の下に、「スミレであり続ける」ということを願いとし、スミレの使命を実現するために、見事な花を咲かせ、そして、その場所が、野原であろうが、山であろうが、岩場であろうが、それを厭わずに、ただ無心に咲いている。
こういう純粋さを、人間は、いつ忘れたのでしょうか。
スミレがスミレの花を咲かせるために、いったい、いかなる制約があったでしょうか。どのようなものが邪魔をしているのでしょうか。
そんなことを、スミレは、おそらく考えていないでしょう。「風が吹いたから花を咲かせられない」とか、そんなことは考えていない。ごく自然に伸びていかんとして伸びている。そういう姿があるはずです。

(大川隆法『ユートピア価値革命』〈宗教法人幸福の科学刊〉第4章「未来型人間とは」より)


※「にほんブログ村」宗教カテゴリに参加しています。応援のクリックを頂けたら嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by beautiful-days777 | 2009-12-08 17:40 | 講義経典etc.より
仏教においても、現代の仏教学者の書いたものを読めば、仏陀は、まるで哲学者か何か、論理的なことしか語らない人のようにも見えますが、そのような人であったはずがありません。
2600年前、仏陀は、現代のような交通手段のないインドにおいて、何百キロも徒歩で歩いて、伝道していたのです。
祇園精舎と竹林精舎という仏教の二大拠点は、四百数十キロ離れています。東京から大阪ぐらいまでの距離があります。この間を、毎年毎年、托鉢しながら徒歩で歩き、伝道していたのです。
仏陀は、当然、智慧を持っていましたが、勇気と行動の人でもあったということを忘れてはなりません。
あらゆる意味において、世界の宗教や、哲学、道徳の根源にあるものは、一つです。
その一(いつ)なるものを教えようとしているのが、幸福の科学です。
今年も、勇気を持って、さまざまな活動を展開し、日本全国と全世界の人々に真理を伝え、多くの方々に目覚めていただきたいと強く願っています。

(月刊「幸福の科学」270号 大川隆法総裁スペシャル・メッセージ「『勇気への挑戦』④ 世界の宗教・哲学の根源にあるもの」より)


※「にほんブログ村」宗教カテゴリに参加しています。応援のクリックを頂けたら嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by beautiful-days777 | 2009-08-10 18:23 | 月刊「幸福の科学」より

心から愛していると…

みんな、よく聴きなさい。
失ってからでは遅すぎるのだ。
愛しているなら、
今すぐ、
愛しているといいなさい。
好きなら、
好きであるということを、
今すぐ、
行動で示しなさい。

永遠の後悔を残すなかれ。
生命(いのち)あるうちに、
愛しているということを、
心から愛しているということを、
伝えなさい。
伝え切りなさい。

(大川隆法『一条の光』〔宗教法人幸福の科学刊〕より)
[PR]
by beautiful-days777 | 2009-02-03 22:17 | 経典より
きみたちが、本当に成功しようと思うなら、自分のことや、自分の会社の中だけのことや、自分たちの集団の中だけがうまくいくようなことを考えてはだめなんだ。
そうではなくて、いつも、「広く世の中のため、できるだけ大勢の人々のためになるように。」と考えて仕事をすることだ。
「自分の会社のお客様は、まだ百人しかいないけれども、うちの会社の製品は、この先お客様が県全体に広がっても、日本国中に広がっても、海外に広がっても、喜ばれるものだ。こういう考え方や物のつくり方、売り方をしていれば、お客様は、他者の製品を買うよりもずっと便利になれるし、幸福になれる。それは絶対にまちがいない。」という自信を持ち、そういう仕事をしていけば、百人のお客様が千人になり、一万人になり、さらにもっともっと広がっていくだろう。

(月刊「ヘルメス・エンゼルズ」155号 幸福の科学・大川隆法総裁ひかりのことば「成功の王道を歩もう」より)
[PR]
by beautiful-days777 | 2009-02-02 20:46 | 「ヘルメス・エンゼルズ」より
信仰は、来世で、あなたがたが住む世界を決める鍵です。
この世において、いちばん大切なものは、実は信仰なのです。この世において、いちばん持ちにくいものも信仰であり、いちばん大切なものも信仰なのです。
信仰を得ることができたら、ほかのものは、もう要りません。たとえ、会社で出世しなくても、お金持ちになれなくても、離婚をして苦しんでも、愛する子供を失っても、事故に遭っても、病気になっても、車椅子の生活になっても、信仰を失わなければ、あなたがたの前には希望の未来が必ず待ち受けています。

(大川隆法『君よ、涙の谷を渡れ。』〔宗教法人幸福の科学刊〕第1章「純粋な信仰」より)
[PR]
by beautiful-days777 | 2009-01-31 23:10 | 経典より

幸福の科学の教えから、一人ひとりの幸福、そして社会全体の幸福につながるヒントをお届けします。幸福の科学の一会員による未公認ブログです。


by beautiful-days777