こんにちは、幸福の科学です♪

bdays777.exblog.jp
ブログトップ

タグ:HS政経塾 ( 4 ) タグの人気記事

この『HS政経塾』の人材供給源の一つとして、私は、『幸福の科学学園中学校・高等学校』を二〇一〇年に創立した。二〇一五年には、幸福の科学大学も建学する予定である。この国の人材養成をして、宗教家、政治家、実業家、国際人として幅広く送り出していくつもりである。
仕事は厳しいが、全世界ユートピア化への夢は消えたことはない。後れてくる青年たちに、「本当に大切なこととは何なのか」を伝え続けていきたい。年齢・経験を超えて、若い同志が集ってくれることを心から期待している。この国の未来を託したい、地球の繁栄を実現したい、と心の底から希望しているからである。

(大川隆法『HS政経塾・闘魂の挑戦 ――江夏死すとも自由は死せず』〔HS政経塾刊〕「あとがき」より)

※「にほんブログ村」宗教カテゴリに参加しています。応援のクリックを頂けたら嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by beautiful-days777 | 2013-01-08 10:55 | 経典より
私は宗教法人『幸福の科学』を一九八六年十月に立宗して二十七年目に突入した。一九九一年の段階の統計調査で、「大川隆法」「幸福の科学」の認知度は国民の80%だった。
それから十七年後の二〇〇九年五月に、『幸福実現党』という政党を立ち上げ、創立者 兼 実質上の党総裁として、衆院選や参院選、首長選などを戦ってきた。これがもう三年半になるが、実は政治家(一部、起業家)養成塾として、『HS政経塾』を二〇一〇年四月に開塾してまもなく満三年になり、二〇一三年三月には、第一期卒塾生を出す予定である。現在、第四期生を募集中である。日本の総理大臣になりたい人は当然ながら、アメリカの大統領を目指している人まで集っている。
『幸福実現党』という受け皿を創ってあるので、彼らもいずれ続々と政治家になっていくだろう。
今はまだ未知数だが、いずれこの国を代表するような政治家を輩出するだろう。とりあえず、二十一世紀中には、十人以上の総理大臣(大統領)を出すことを目標にしている。
今回、江夏塾長とも対談して、『HS政経塾』が「闘魂の挑戦」をしていることを再確認した。この国、及び世界に、政治・経済・外交等の面で実際の仏国土ユートピアを具現化していくための、参謀本部 兼 実戦戦力である。
この国を仏法真理に根ざした「自由の大国」へと成長させていきたいと強く願っている。

(大川隆法『HS政経塾・闘魂の挑戦 ――江夏死すとも自由は死せず』〔HS政経塾刊〕「まえがき」より)


※「にほんブログ村」宗教カテゴリに参加しています。応援のクリックを頂けたら嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by beautiful-days777 | 2013-01-06 15:55 | 経典より
本書で国防・外交政策の基本政策が出ていると思う。東日本大震災が起きても、基本路線は変わらないどころか、国防・外交の重要性は一層高まってきている。あとは、勇気と気概を持った本物の人材が現代日本に続々と出現することだ。
「もし諸葛孔明が日本の総理ならどうするか?」
答えは、孔明であっても、中国に対してはこう考えるということだ。
『幸福実現党』、そして、プロの政治家・財界人の養成所である『HS政経塾』。未来のための、救国の種子は、すでに大地にその生命を植え込まれているのだ。

(大川隆法『もし諸葛孔明が日本の総理ならどうするか?』〔HS政経塾刊〕「あとがき」より)


※「にほんブログ村」宗教カテゴリに参加しています。応援のクリックを頂けたら嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by beautiful-days777 | 2011-06-17 10:15 | 経典より
『HS政経塾』とは「ハッピーサイエンス政経塾」の略称で、将来の日本の政治家、財界人を育てるための吉田松陰の「松下村塾」の現代版である。また、『幸福実現党』への「有力政治家の卵」供給源となるとともに、そのブレーン的役割も果たす目的ももっている。
本書成立にあたって、塾生の協力に感謝する。

(大川隆法『もしドラッカーが日本の総理ならどうするか?』〔HS政経塾刊〕「あとがき」より)


※「にほんブログ村」宗教カテゴリに参加しています。応援のクリックを頂けたら嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by beautiful-days777 | 2011-03-13 14:24 | 経典より

幸福の科学の教えから、一人ひとりの幸福、そして社会全体の幸福につながるヒントをお届けします。幸福の科学の一会員による未公認ブログです。


by beautiful-days777