こんにちは、幸福の科学です♪

bdays777.exblog.jp
ブログトップ

タグ:民主党 ( 17 ) タグの人気記事

先月のメドベージェフ・ロシア首相の北方領土視察に続いて、今月は、突然の韓国李明博大統領の竹島上陸パフォーマンス、さらには、中国船の尖閣諸島接島・上陸と、その後の中国国内での反日デモと日本製品ボイコットの嵐に見舞われている。
日本側は、先日、何らかの神意が働いて、台風がめずらしく中国本土を直撃して、洪水でそのインフラの脆弱さを暴いたぐらいだ。
日本は民主党政権登場以来、日米同盟は揺らぎ、東日本大震災で打撃を受け、さらに反原発騒動でエネルギー供給の元を断たれ、対核兵器抑止力も封印されつつある。さらに、野田政権の『消費税倍増・倒産倍増計画』が着々と進んでいる。火事場泥棒は、中韓のお家芸である。他国に責任転嫁するしか国民を誘導する方法のない国家は哀れとしかいいようがない。幸福実現党から次の義経、次のジェファーソンが出現することを期待しよう。

(大川隆法『公開霊言 天才軍略家・源義経なら現代日本の政治をどう見るか』〔幸福実現党刊〕「あとがき」より)


※「にほんブログ村」宗教カテゴリに参加しています。応援のクリックを頂けたら嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by beautiful-days777 | 2012-10-20 09:15 | 経典より
現在の民主党三代目首相・野田政権は、東日本大震災についての政府の責任を棚に上げ、こともあろうか、大震災を逆手にとって恒久的大増税をもくろんでいる。
「子孫に国の借金を残さない」という美名のもとに、「子孫に恒久的高額税制を残そう」としているのである。日本の公務員全体の平均給与は民間の一・五倍もある状態で、十%、十五%、二十%それ以上へと無限の増税に夢をふくらませている状態である。
しかも民主党亡国政権のアキレス腱、沖縄米軍基地問題では、米軍がグアムやオーストラリアに逃げて行こうとしている。気の弱いオバマ大統領は、習近平次期中国国家主席に米軍基地を攻撃されるのが怖いのである。丸腰国家日本は、唯物論・無神論の国として、中国の極東省となるのか。天照大神のお怒りを率直に国民として受けとめるがよいと思う。

(大川隆法『天照大神のお怒りについて ―緊急神示 信仰なき日本人への警告』〔幸福の科学出版刊〕「あとがき」より)


※「にほんブログ村」宗教カテゴリに参加しています。応援のクリックを頂けたら嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by beautiful-days777 | 2012-03-15 13:32 | 経典より
ようやく、震災・原発で悩乱した菅政権に終止符が打たれた。鳩山政権では、国防、外交上の危機でダッチロールし、菅政権では、「天罰政権」が本当に実現してしまった。
そして民主党三代目内閣がスタートした九月四日には、台風十二号が、紀伊半島で大暴れし、死者・行方不明百名近く、和歌山県を中心に数千人が孤立していると、今朝のある新聞は報道している(九月六日)。
和歌山県は松下幸之助生誕の地であり、松下哲学の原点でもある。本文中にもあるように、私には、松下幸之助氏が、「野田君、君は松下政経塾の一期生としての原点を忘れとる」と怒っているように思えてならない。とりあえず、日本の神々の野田政権への最初の返答が、台風の本州直撃である。本書を熟読し、身をひきしめて、国家運営にあたってもらいたいものだ。

(大川隆法『沈みゆく日本をどう救うか ――野田佳彦総理のスピリチュアル総合分析』〔幸福実現党刊〕「まえがき」より)


※「にほんブログ村」宗教カテゴリに参加しています。応援のクリックを頂けたら嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by beautiful-days777 | 2011-10-06 19:15 | 経典より
現代語ではあるが、空海は明快、痛快に現代政治について語ってくれた。彼もまた、宗教と政治の両面についての天才である魂であるとともに、現代の人々の抜苦与楽、救済に、強い関心を持っている如来である。
どうか、空海の名を悪用、援用して、反近代、反文明路線に日本を引き戻すのはやめて頂きたいものだ。平安時代にあっては、彼は一種の未来人でもあり、新文明推進論者であって、生命の大海を輝かせることを目指したのだから。

(大川隆法『もし空海が民主党政権を見たら何というか―菅さんに四国巡礼を禁ずる法―』〔幸福実現党刊〕「あとがき」より)


※「にほんブログ村」宗教カテゴリに参加しています。応援のクリックを頂けたら嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by beautiful-days777 | 2011-08-08 11:52 | 経典より
本書の標題に答えるとするなら、「お遍路して、菅さんには狸がついている」ということになろうか。
とにもかくにも、嘘、言いのがれ、ごまかしの多い人だ。
弘法大師の名まで使って、伝統仏教の信者たちまで利用して、マスコミに煙幕を張ろうとしている。
根本思想として「日本を没落させて二流国に堕とすこと」を使命としている人を、いつまでもトップにはしておけないのだ。
諸行は無常である。指導者には出処進退の決断が大切である。

(大川隆法『もし空海が民主党政権を見たら何というか―菅さんに四国巡礼を禁ずる法―』〔幸福実現党刊〕「まえがき」より)


※「にほんブログ村」宗教カテゴリに参加しています。応援のクリックを頂けたら嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by beautiful-days777 | 2011-08-07 16:28 | 経典より
民主党政権は、やることが後手後手になると思うので、そのつど意見は言うつもりでいますが、いきなり核戦争からは始まりません。国の境界線のあたりで揉めているところを、突如、中国が「ここは中国の固有の領土だ」と宣言して実効支配するようなことから始まります。そのときに、自衛隊が動けるか動けないかということです。安倍元首相のような人のときであれば動くと思いますが、今であれば、たぶん動けないでしょう。
韓国が「北朝鮮に魚雷で撃たれた」と言って国連安保理に提訴しても、中国がノーですから、国連は全然使えない状況なのです。中国が北朝鮮と水面下でつるんでいるので、国連は解決してくれません。やはり、どこかで誰かが毅然として立ち向かわなければいけないでしょう。
われわれは今のところ、政治的な勢力としてまだ十分ではないので、思想・言論が中心ですが、それでも、一つの拠りどころになりつつあります。当会が言ったことによって、お墨付きが与えられて動けたりします。民主党の内部でも、中堅層あたりに、当会の政策のパクリ専門の人がかなりいらっしゃるようで、当会が言っていることを、しばらくしたらやり始める傾向があります。

(月刊「ザ・リバティ」2011年1月号 大川隆法・人生の羅針盤「日本は日米同盟の堅持を(後編)」より)


※「にほんブログ村」宗教カテゴリに参加しています。応援のクリックを頂けたら嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by beautiful-days777 | 2010-12-11 22:15 | 「ザ・リバティ」より
ついに本命というか、日本への脅威の正体が明らかになった。現代中国が世界最強へと駆けのぼろうとしている時に現れた男『習近平(しゅうきんぺい)』。ヒトラーを「小さな人物」、ドイツ第三帝国を「小さな帝国」と評してはばからない男。そして自らを世界帝国「元(げん)」をつくった「チンギス・ハン」の再来だと名乗りを上げた人物。
宗教家としての良心に照らして述べるが、これは本当だと思う。果たして民主党政権の、菅(かん)氏や仙谷(せんごく)氏で、「チンギス・ハン」に対抗できるのか。自民党の谷垣総裁で対抗できるのか。この国の国民には、もはや残された選択肢はないのか。
日本国民に申し上げる。いまだささやかな力しか持ちえていないが、「幸福実現党」にパワーをお授け頂きたい。ここが日本の実際の『国家戦略室』なのだから。

(大川隆法『世界皇帝をめざす男 ──習近平の本心に迫る』〔幸福実現党刊〕「まえがき」より)


※「にほんブログ村」宗教カテゴリに参加しています。応援のクリックを頂けたら嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by beautiful-days777 | 2010-11-21 01:10 | 経典より
副題の「激震! 中国の野望と民主党の最期」は、かなり刺激的なものであるが、誇張ではない。日本と、アジア、アフリカの危機は迫っている。
私たちが警鐘を鳴らし続けている真意をどうか、日本国民に、一日も早くわかってほしいのだ。
日本の一国平和主義が世界の平和を崩壊させようとしているのだ。昨年、国民は間違った政治選択をした。この国を破滅へと駆り立てる政党に国政を委ねたのだ。民主党首脳陣にコビを売ったマスコミ・トップは、今こそ頭を丸め、再出発を期さねばなるまい。

(大川隆法『世界の潮流はこうなる ──激震! 中国の野望と民主党の最期』〔幸福実現党刊〕「あとがき」より)


※「にほんブログ村」宗教カテゴリに参加しています。応援のクリックを頂けたら嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by beautiful-days777 | 2010-09-09 23:03 | 経典より
本書は、今後の世界の潮流がどうなるかを、中国側からの眼とアメリカ側からの眼を通して語りおろした作品である。
二千五百年前の聖人・孔子と、現代アメリカの外交戦略家・キッシンジャー(守護霊)の慧眼(けいがん)に、中国─日本─アメリカの三国の今後の予測とあるべき姿はどのように見えているのか。この結論を知ることが、今後の日本と世界の運命の鍵を握ることになるだろう。
本書をご一読頂かないと、「マスコミ人」としても廃業の危機が来るであろうし、「政治家」としてもプロであり続けることはできないであろう。単なる「政治屋」などもういらない時代なのだ。今こそ「正しい国家戦略」を樹(う)ち立てるべき時である。

(大川隆法『世界の潮流はこうなる ──激震! 中国の野望と民主党の最期』〔幸福実現党刊〕「まえがき」より)


※「にほんブログ村」宗教カテゴリに参加しています。応援のクリックを頂けたら嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by beautiful-days777 | 2010-09-08 23:56 | 経典より
アメリカの予言者、エドガー・ケイシーとジーン・ディクソンの霊言である。予想をはるかに超えて、悲劇的未来予言がなされていた。
二人の予言は二〇一〇年六月一日に同時収録されたが、翌日の六月二日には鳩山総理が辞職を表明した。鳩山政権発足時は70%台あった支持率は、ついに20%を割り込み10%台になったところで、政府・民主党は、菅直人を新総理に選び六月八日に新内閣が発足した。
ところが無節操にもマスコミ世論は菅内閣に60%台の支持率回復を許し、民主党政権の参院選対策に便乗した。ジーン・ディクソンは「鳩山総理の次には、“悪魔の完全な手下”が総理になる」と予言しているが、既に本書収録時に、悲劇の第二幕を予知していたというほかない。果たして、『諸行無常』以外にすがるべき真理はないのだろうか。

(大川隆法『エドガー・ケイシーの未来リーディング ──同時収録 ジーン・ディクソンの霊言』〔幸福の科学出版刊〕「まえがき」より)


※「にほんブログ村」宗教カテゴリに参加しています。応援のクリックを頂けたら嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by beautiful-days777 | 2010-07-10 01:34 | 経典より

幸福の科学の教えから、一人ひとりの幸福、そして社会全体の幸福につながるヒントをお届けします。幸福の科学の一会員による未公認ブログです。


by beautiful-days777