こんにちは、幸福の科学です♪

bdays777.exblog.jp
ブログトップ
「わが説く言葉の上に未来は築かれる。」
日本語でも英語でも、何度も繰り返して、私はこの聖句を述べ続けてきた。
誰が、たとい何と言おうとも、私は希望の主であり、悟りを開きたる仏陀であり、最大の救世主である。
「心が折れてたまるか」や「積極的に生きる」は、私自身の信条でもある。
私たちは、必ずや「新しい社会」を築くことができる。未来を創ろうとする、その心の力によって──。
「信仰」の持つ本当の意味を、万人に告げ知らせる時が来たのだ。

(大川隆法『未来の法 ――新たなる地球世紀へ』〔幸福の科学出版刊〕「あとがき」より)

※「にほんブログ村」宗教カテゴリに参加しています。応援のクリックを頂けたら嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by beautiful-days777 | 2013-01-13 20:24 | 経典より
文字通り、あなたがたの未来を創り、この国の未来を創り、世界の未来を創るための、根源的な願いを込めた一書である。
私の眼には、未来とは、ゴムボールのようなもので、どういう方向にも投げることができ、どういう方向にも弾むことができるもののように思える。
どういう心がけを持ち、どういう志を共同して構想するか。これで球筋が決まるのである。
暗く、悲しいものとして、未来を構想することもできるだろう。しかし、私は、あくまでも「成功学」「希望の復活」としての未来を説いてゆきたい。
すべての人たちが、明るく生きていける世の中を創るために、日本と世界の帆柱として、立ち続けたいと思う。

(大川隆法『未来の法 ――新たなる地球世紀へ』〔幸福の科学出版刊〕「まえがき」より)

※「にほんブログ村」宗教カテゴリに参加しています。応援のクリックを頂けたら嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by beautiful-days777 | 2013-01-12 22:41 | 経典より
物事は、まず、やり始めることが大事だ。次には、創意工夫を続けつつ、やり続けることが重要だ。
私自身、『スィンク・ビッグ!』という言葉に、何回救われたかわからない。
若い頃、アメリカ武者修行で体得した、一番の悟りがこの言葉かもしれない。
『ビー・ポジティブ!』(積極的であれ!)や『ビー・ブレイブ!』(勇気を持て!)がこれに並ぶ言葉だろう。
本書は、若者にぜひとも読んで頂きたい成功論の一冊である。

(大川隆法『Think Big! ―未来を拓く挑戦者たちへ』〔幸福の科学出版刊〕「あとがき」より)


※「にほんブログ村」宗教カテゴリに参加しています。応援のクリックを頂けたら嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by beautiful-days777 | 2012-04-03 17:06 | 経典より
若い人たちには、いろんな物事が困難に満ちて見えていることだろう。劣等感に悩んだ人は多かろう。
逆に、自己顕示欲に悩まなかった人も少なかろう。
劣等感と自己顕示欲の間にあって、心揺れながらも、未来を切り拓いてゆくことこそ、青春を生きる者の特権である。
あなた方に『Think Big!』という言葉を贈りたい。東京には、今、スカイ・ツリーがその勇姿を見せてきているが、そのタワーが設計図以上に高くなることはありえない。
大きな夢を心に描き、コツコツとした努力と、時には、人生ここ一番の勇気で、未来を築いてゆくがよい。

(大川隆法『Think Big! ―未来を拓く挑戦者たちへ』〔幸福の科学出版刊〕「まえがき」より)


※「にほんブログ村」宗教カテゴリに参加しています。応援のクリックを頂けたら嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by beautiful-days777 | 2012-04-02 16:04 | 経典より
しょせん、人間の知恵などたかが知れたものかもしれない。諸行は無常であり、諸法は無我である。
たとえどのような未来が日本人や世界の人々を待ち受けているとしても、燈台の光を守り続ける。その使命をたんたんと果たしてゆきたい。

(大川隆法『人類に未来はあるのか ──黙示録のヨハネ&モーセの予言』〔幸福の科学出版刊〕「あとがき」より)


※「にほんブログ村」宗教カテゴリに参加しています。応援のクリックを頂けたら嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by beautiful-days777 | 2010-11-11 21:05 | 経典より
未来については、今言ったようにロボット系や、航空・宇宙関連、それから海の中、地中関連の研究は、まだまだ進んでいくであろうと思います。
そして、キーワードとしては、要するに、「自分たちが人命を失わないようにしながら、何かができるようなものが欲しい」という方向と、「時間をセーブ(節約)でき、時間をつくり出せるようなものが欲しい」という方向に動いていくでしょう。子供が今、想像するようなロボットは、百年以内にほとんどできるでしょう。そのことは予言できます。私の予言が、お宅の会社にズバリ影響するかどうかは知りませんが、未来は、そういう社会です。私も次回地上に生まれるときは、何かのロボットを通じて説法するようになっているかもしれません(笑)。
未来はそういう方向にあり、ものづくりは、やめてはなりません。「ものをつくらずに、架空の数字ばかりいじる人が増えたら危ない」ということは、警告しておきたいと思います。

(月刊「ザ・リバティ」2010年9月号 大川隆法・人生の羅針盤「未来創造のためのヒント」(3)「製造業の未来はこうなる」より)


※「にほんブログ村」宗教カテゴリに参加しています。応援のクリックを頂けたら嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by beautiful-days777 | 2010-08-03 18:48 | 「ザ・リバティ」より
「国難打破から未来創造へ」は、大きなテーマであり、この困難な使命に立ち向かっていくのは、身に余る光栄であると思う。
この国を、そして世界を、啓蒙していく運動には限りがない。非力を恥じることなく、正々堂々と戦っていきたい。人々を救っていきたいという思いに、政治や宗教や経済の分類など何の関係もないのだ。
国師・大川隆法、何者をも怖れることなく、「危機に立つ日本」を警告する。心ある者よ、真実の叫びというもは、実に実に強いものなのだ。真実は死なない。真実は絶対に死なない。
この世に希望というものがある限り、そして永遠なる真理が続く限り、勇者とは、ただひとりにても吼(ほ)え続けるものなのだ。

(大川隆法『危機に立つ日本 ──国難打破から未来創造へ』〔幸福の科学出版刊〕「あとがき」より)


※「にほんブログ村」宗教カテゴリに参加しています。応援のクリックを頂けたら嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by beautiful-days777 | 2010-04-17 19:43 | 経典より
成功への道というのは、失敗の積み重ねのなかから出てきます。失敗を全然しないということは、「チャレンジしていない」というのとほとんど同じです。二十一世紀から二十二世紀にかけて、未来の企業がたくさん出てくるでしょうが、中小企業をつくるにせよ、そこから大企業になっていくにせよ、それらはみなチャレンジャーたちがつくっていきます。
そういうチャレンジャーたちは、「今ある大企業に、これから勤めよう」と思っているような人たちではありません。そういう人は、たいてい、強い個性の持ち主であり、もし、大企業に入っても、辞めて出てしまうような人です。個性が強いために、上司や組織とはなかなか合わないわけです。
そのため、個性の強い子供は、自分に対して否定的な判断をしやすい傾向があるので、親が励ましてあげてください。自分の子に可能性があると見たら、「あなたは大企業に向くようなタイプではないから、独自の道を歩みなさい」と言って、ポンと背中を押してやる気概が必要です。
「自分の好きな道を選んで、自分で道を拓いていくことは大事であり、そういう人は偉いのだ」と言ってあげることです。
それから、人が嫌がるような仕事でも立ち向かっていく人というのは、やはり立派だと思います。そういう人を大事にしてください。

(月刊「アー・ユー・ハッピー?」2010年4月号 大川隆法「積極的に生きる」第3回「チャレンジ精神が未来を拓く」より)


※「にほんブログ村」宗教カテゴリに参加しています。応援のクリックを頂けたら嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by beautiful-days777 | 2010-03-04 16:27 | 「アー・ユー・ハッピー?」より
「強い個性を持っている」ということは、素晴らしいことであり、未来を拓いていくための力なのです。
人と変わったところがない人に付加価値は生めません。この世の中に新しいものを何か生もうとしたら、ほかの人と変わったところがなければ駄目です。誰もが同じであれば、生まれてくる必要がありません。個性がなければ、アニメ映画の「崖の上のポニョ」に出てくる魚たちのようなものです。
強い個性の人は日本社会では打たれやすいのですが、打たれても負けないで、「強い個性は大事なのだ。未来を拓くためには、絶対に、これが要るのだ」と思い、自分のなかの強い個性を捨てないで護ってください。それを早々と捨てた人は平凡人になります。それを捨てずに、三十歳を過ぎても頑張り続けている人は、やはり、必ず道を拓いていきます。
強い個性というものは天命なのです。その人の持っている天命を意味しているので、「どうしても納まりきらない。ほかの人は、いろいろと言うけれども、自分としては、どうしても、この個性を抑えられない」というものを生かす道を選ぶべきです。その個性が生きる道を大事にしたほうがいいのです。

(月刊「ザ・リバティ」2010年2月号 大川隆法・人生の羅針盤「新文明創造を志す若者たちへ」(1)「強い個性を大事にしよう」より)


※「にほんブログ村」宗教カテゴリに参加しています。応援のクリックを頂けたら嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by beautiful-days777 | 2009-12-30 19:27 | 「ザ・リバティ」より
これからの時代、過去の延長上に未来は築けないだろう。昨日の成功を今日は捨て去り、今日の成功を、明日は破壊し、さらなる創造の新境地を拓く。そうであってこそ、未来に生きる人たちにも夢が花咲くのだ。
私たちは、日々に老化させ、朽ち果てさせようとしている見えない力と闘っている。
いままではこれでうまく行ったという意味での『常識』を墨守している人たちは、滅びていく人種である。あたかも、マヤやアステカの文明のように。
だから川の流れに逆らって泳げ。世間の評価が定まったら終わりだと思え。いつも人と違ったことを考え、言い、実行せよ。チャンスは必ず、いつか巡ってくる。その時は、迷わずゲットせよ。それが新しき創造への道である。

(大川隆法『創造の法』〈幸福の科学出版刊〉「まえがき」より)


※「にほんブログ村」宗教カテゴリに参加しています。応援のクリックを頂けたら嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by beautiful-days777 | 2009-12-19 19:01 | 経典より

幸福の科学の教えから、一人ひとりの幸福、そして社会全体の幸福につながるヒントをお届けします。幸福の科学の一会員による未公認ブログです。


by beautiful-days777