こんにちは、幸福の科学です♪

bdays777.exblog.jp
ブログトップ
政治家というものの仕事を見直し、
そして、政治家を選び直す時期が、
今、来ていると思います。

この国には、
気概のない政治家など要りません。

国家のため、国民のため、
そして世界のために、
自分の命を投げ捨てるような、
「気高い政治家」であっていただきたいと
私は思います。

(大川隆法『政治に勇気を』P.197より)

※「にほんブログ村」宗教カテゴリに参加しています。応援のクリックを頂けたら嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by beautiful-days777 | 2016-07-10 09:57 | 経典より
アベノミクスの第三の矢、「経済成長策」を現実化するためには、「許認可行政をどんどん撤廃」していくことだ。「前例主義」を体系的に廃棄していくことだ。

ボコボコ新しい役所を作ることを「政治改革」に見せかけず、役所をスリム化し、肥大化した「審議会政治」をソギ落として、責任の所在を明確化することだ。巨大な社会主義国家をつくって、国民を統制しようとすることをやめることだ。

安い税金、効果的な国防、自由を中心とする国民主体の国家経営、これがデフレ脱却をし、再び繁栄するための条件である。

(大川隆法『自由を守る国へ』 「あとがき」より)

↓比例は幸福に一票お願い致します
http://special.hr-party.jp/policy2014/

※「にほんブログ村」宗教カテゴリに参加しています。応援のクリックを頂けたら嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by beautiful-days777 | 2014-12-13 17:29 | 経典より
「幸福実現党」という党名どおり、もし幸福が実現しなかったら存在意義はありません。名前自体のなかにミッションがはっきりと入っているのです。
幸福実現党に反対する方は「不幸になりたい人」ということになります。不幸になりたい人を助けられるかどうかについては、一定の疑問はありますが、不幸になりたい人をも何とか導きたいとは思っています。ただ、少なくとも、幸福になりたいと思う方には、「幸福実現党を支持してください」とお願いしたいのです。幸福の実現が私たちのミッションだからです。

(大川隆法『幸福実現党宣言』第3章 「幸福実現党」についての質疑応答 より)


※「にほんブログ村」宗教カテゴリに参加しています。応援のクリックを頂けたら嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by beautiful-days777 | 2013-07-20 21:54 | 経典より
「幸福実現党」という党名どおり、もし幸福が実現しなかったら存在意義はありません。名前自体のなかにミッションがはっきりと入っているのです。
幸福実現党に反対する方は「不幸になりたい人」ということになります。不幸になりたい人を助けられるかどうかについては、一定の疑問はありますが、不幸になりたい人をも何とか導きたいとは思っています。ただ、少なくとも、幸福になりたいと思う方には、「幸福実現党を支持してください」とお願いしたいのです。幸福の実現が私たちのミッションだからです。

(大川隆法『政治の理想について』第5章「幸福の具体化について」より)


※「にほんブログ村」宗教カテゴリに参加しています。応援のクリックを頂けたら嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by beautiful-days777 | 2013-07-20 08:56 | 経典より
日々、幸福実現党をご支援くださいまして、本当にありがとうございます。

7月21日(日)は参院選の投開票日となっております。

私たち幸福実現党は、日本の未来を開くため、
3つの挑戦(チャレンジ)―「国防強化」「消費増税の中止」「生涯現役社会の推進」
に積極果敢に挑戦し、日本の誇りを取り戻すべく、これからも努力に努力を重ねてまいります。

参院選の投開票日に投票所では、
比例は「幸福」、選挙区は「幸福実現党の候補者氏名」
をお書きいただけますと幸いです。

※各都道府県の幸福実現党公認候補者は、下記URLからご確認いただけます。
http://candidates.hr-party.jp/23th-mhc/

参院選では、幸福実現党を何卒よろしくお願い申し上げます。

(幸福実現党公式サイトより)


※「にほんブログ村」宗教カテゴリに参加しています。応援のクリックを頂けたら嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by beautiful-days777 | 2013-07-19 23:44 | 幸福実現党
どうやら、宗教は悪だから、宗教が政治に進出することも悪であると、マスコミ、教育界をはじめ、この国の人々は薄ボンヤリと感じているらしい。
なら、いったい、何をもって「善悪」「正邪」を分けるのか。本書は、その根本的問題を追究し、「新しい国づくり」を提唱しているのである。
時事的な問題をふまえつつも、歴史分析、国際分析も加えたつもりである。
この国の国論を変えるべく、新しい風を吹かせなくてはなるまい。いまこそ、宗教立国の尊さを知るべき時である。

(大川隆法『政治と宗教の大統合 ――今こそ、「新しい国づくり」を』〔幸福の科学出版刊〕「あとがき」より)


※「にほんブログ村」宗教カテゴリに参加しています。応援のクリックを頂けたら嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by beautiful-days777 | 2013-01-23 10:43 | 経典より
十一月十六日に衆議院が解散され、十二月十六日の総選挙に向けて、自民党と民主党が対決の姿勢を示すなか、「第三極」というマスコミの美名にあおられて、「維新」やその他の小党が乱立状態である。まるで鍋が熱くなってきたので、生きのびようとドジョウが豆腐のなかに頭から我先に突っこんでいる状態である。
今朝の新聞も、関西のある知事について、「脱原発掲げ新党結成へ」と第一面に出ているが、また同じ第一面には、「関電、家庭向け電気料金一一・八八%値上げ、企業向け平均一九・二三%値上げする。また九州電力も二十七日に値上げを申請する方針」と出ている。両者の関連についての記事が不思議とないが、もちろん、「脱原発」のあおりで電気料金値上げになるのである。原発反対のマスコミは、その因果関係を説明すると自分たちが悪者になるので、知らんぷりなのである。早く目先ばかり追うポピュリズムは終わりにしたいものだ。政治と宗教を大統合するような哲学が急務である。

(大川隆法『政治と宗教の大統合 ――今こそ、「新しい国づくり」を』〔幸福の科学出版刊〕「まえがき」より)


※「にほんブログ村」宗教カテゴリに参加しています。応援のクリックを頂けたら嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by beautiful-days777 | 2013-01-19 21:16 | 経典より
橋下徹氏の守護霊には、維新の志士のように、命を捨てて、大業を成しとげようとする志が感じられなかった。「自分より賢い人が世の中にいるわけがない」と幻惑することに執心しているかのようだ。根底には人間不信と世の中への反抗心が隠れているのだろう。
しかし、いつかは、「本心で語る政治」の大切さがわかる時が来るだろう。そしてマスコミの中にも、真実とは何かを本気で求めている人たちが存在することにも気づくことだろう。
私共、宗教家は、鏡のようなものなので、そこに映った等身大の自分を見つめることで、新しい気づきがあることを信じたい。

(大川隆法『徹底霊査 橋下徹は宰相の器か』〔幸福実現党刊〕「あとがき」より)


※「にほんブログ村」宗教カテゴリに参加しています。応援のクリックを頂けたら嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by beautiful-days777 | 2012-06-19 14:16 | 経典より

橋下徹は宰相の器か

予期していなかった仕事ではあるが、マスコミが橋下大阪市長を「次の総理か?」と一斉に持ち上げ始めたので、国政を過たせないため、また、国民をミスリードさせないため、一石を投じることとした。
橋下市長は、弁論術にたけた、タレント性の高い人だとは思う。しかし、その政治手法は、合気道のように相手が技をかけてきたとき、身をひるがえして勝ったように見せているかのようだ。
一貫して本質は見せなかったというか、甲殻類がタコをかぶったような感じで、「弱みを見せない」というところが、案外に弱みそのものかもしれない。
これはまだ、本当の帝王学を身につけていないため、赤心で人に相対することができないのではなかろうか。
本書が、本人にとって自分を知るきっかけとなり、マスコミにとっても、正論を考える材料になれば幸いである。

(大川隆法『徹底霊査 橋下徹は宰相の器か』〔幸福実現党刊〕「まえがき」より)


※「にほんブログ村」宗教カテゴリに参加しています。応援のクリックを頂けたら嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by beautiful-days777 | 2012-06-16 10:16 | 経典より
アメリカ合衆国は憲法で政教分離を定めている。しかし現時点で、六百万人程度の信者しかいない、マイナーな宗教『モルモン教』の信徒であるロムニー候補が共和党の有力大統領候補として注目を集めている。他宗派の批判の中、政治家としての信念や実力を的確に判断するアメリカ国民は、やはり一歩進んでいると思われる。
日本の教育者やマスコミ人は、アメリカに学び、政教分離規定の正しい意味を理解すべきだ。
それは、絶対に、絶対に、信仰を持つ者に政治をさせないという意味に解釈してはならない。その反対に、信仰者に、自由な発言や、行動を、制度的に保障する規定なのだ。信仰を持つ者が、自由に政治を語り、批判するための防波堤なのだ。

(大川隆法『もしケインズなら日本経済をどうするか ―日本を復活させる21世紀の経済学』〔幸福実現党刊〕「あとがき」より)


※「にほんブログ村」宗教カテゴリに参加しています。応援のクリックを頂けたら嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by beautiful-days777 | 2012-02-08 19:11 | 経典より

幸福の科学の教えから、一人ひとりの幸福、そして社会全体の幸福につながるヒントをお届けします。幸福の科学の一会員による未公認ブログです。


by beautiful-days777