こんにちは、幸福の科学です♪

bdays777.exblog.jp
ブログトップ
すでにベストセラーとなった『常勝思考』『仕事と愛』(ともに幸福の科学出版刊)に引き続いて、本書も、ビジネスマンや、成功を求めている人々に大歓迎されることでしょう。
何といっても、発展ほど楽しいことはありません。本書は、私の総裁する「幸福の科学」が、何百万人団体へと急発展する最中に書かれたものです。日本の歴史上、空前絶後といわれる「幸福の科学」急成長の奇跡の秘密を、あますことなく語り尽くしています。その意味で、本書の効用はすでに実証済みであり、揺るぎない自信に裏づけられています。
あなたも、現在・未来を貫いた発展を、ぜひ経験してみてください。

(大川隆法『発展思考 ―無限の富をあなたに』(改版)〔幸福の科学出版刊〕「あとがき」より)


※「にほんブログ村」宗教カテゴリに参加しています。応援のクリックを頂けたら嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by beautiful-days777 | 2012-03-31 18:29 | 経典より
本書は、私の唱える幸福の四大原理、つまり、「愛の原理」「知の原理」「反省の原理」「発展の原理」のうち、「発展の原理」を中心として取り扱ったものです。
豊かさ、発展、幸福、富、成功といった、多くの人々が関心を持っているテーマに対して、この世的な視点のみならず、あの世からの視点をも加えて解説してみました。
私が、絶対の自信をもって読者に贈る、成功論の決定版です。何度も繰り返して読み、真なる成功を収めてください。きっと、魂がグイグイと発展してゆく神秘的な感覚を経験されることでしょう。

(大川隆法『発展思考 ―無限の富をあなたに』(改版)〔幸福の科学出版刊〕「まえがき」より)


※「にほんブログ村」宗教カテゴリに参加しています。応援のクリックを頂けたら嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by beautiful-days777 | 2012-03-30 10:33 | 経典より
この世の中には、成功し、富を築く人たちを罪人視する風潮が蔓延している。いわゆる、バケツから逃げ出そうとするカニがいると、下のカニがハサミで引きずりおろす、例の傾向だ。バケツからの脱出に成功したカニが、その脱出成功法を他のカニに伝授し、次々と仲間を引き上げる文化を創り出したらどうなるか。次から次へと成功者が数珠つなぎで出てくることだろう。
私は、『チャンスの平等』には賛成である。そこには自由からの繁栄がある。しかし、嫉妬心の合理化である『結果の平等』には必ずしも賛成しない。汗を流し、智恵を絞って成功した者が呪われ、なまけ者が得をする世の中を創ることは、著しく社会のモラルを引き下げる。
『格差是正』の美名のもとにマルクスの亡霊を復活させるのはやめよう。『良い格差』は他の人々を勇気づけ、社会にやる気と活力を与える。『繁栄』を肯定するところから繁栄は始まるのだ。

(大川隆法『繁栄思考 ―無限の富を引き寄せる法則』〔幸福の科学出版刊〕「まえがき」より)


※「にほんブログ村」宗教カテゴリに参加しています。応援のクリックを頂けたら嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by beautiful-days777 | 2012-02-24 20:31 | 経典より
結果というものは、自分が考えている以上には、なかなかいかないものなので、考え方が小さいと大きな成功はないのです。
「一生、給料がもらえて、生活が安定していればよい」と思うのなら、人の目にあまり刺激を与えるようなことはせずに、周りの人たちと仲よくやっていくだけでよいかもしれません。
しかし、「何らかの面で、一旗揚げてみたい」「何かの分野で傑出した才能を発揮してみたい」「新しい事業を立ち上げてみたい」「どうせ一生を生きるなら、何か世の中に認められるような仕事をしてみたい」などと思うのならば、「結局、自分が思っている以上の結果には、なかなかいかないものだ」ということを知らなければいけません。

(月刊「ヤング・ブッダ」89号 大川隆法スペシャルメッセージ『Think Big!(大きく考えよう!)(3) 成功の大きさは考え方が決める』より)


※「にほんブログ村」宗教カテゴリに参加しています。応援のクリックを頂けたら嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by beautiful-days777 | 2011-04-08 11:45 | 「ヤング・ブッダ」より
日本の社会では、「とにかく、目立たないようにすれば、安全に生きていける」という考え方が、この平成の世の中にも、まだまだ行き渡っています。それが、繰り返し起きる「バブル潰し」であったりするのでしょう。
そのように、成功者たちの足を引っ張って転落させるようなことが繰り返し起きますが、そこには嫉妬の力が働いているように思います。

(月刊「ヤング・ブッダ」87号 大川隆法スペシャルメッセージ『Think Big!(大きく考えよう!)(1) 「考え」には力がある』より)


※「にほんブログ村」宗教カテゴリに参加しています。応援のクリックを頂けたら嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by beautiful-days777 | 2011-02-28 12:05 | 「ヤング・ブッダ」より
失敗自体は、そう悪いことではありません。失敗は、成功するために、どうしても必要なものなのです。人間は、失敗して初めて、成功への道が開けます。
単に成功が続いているうちは、本当は、まだ限界いっぱいまでやっていないのです。その人の能力の範囲内でやっていて、限界まで来ていない場合には、成功状態が続くこともありますが、限界突破をしようとしたら、必ず失敗が生じます。しかし、それで負けては駄目なのです。
失敗を最大の“教師”として、あるいは、それをヒントとして、「自分は何をしなければならないのか」「どこが違っていたのか」「どんな手を打たなければならなかったのか」ということを考えなければいけません。
失敗は最高の“先生”なのです。
成功のほうは、それほど“先生”にはならないことが多いのです。成功しているときは自己肯定だけになりがちです。「うまくいったのは、俺が仕事のできる人間だからだ」「俺の頭が良いからだ」「俺に才能があるからだ」「この商売が時流に乗ったからだ」などということはあるかもしれませんが、あまり参考にはなりません。
しかし、失敗は“先生”になります。失敗をすると、人は考え込みます。考えに考えます。これが大事なのです。

(大川隆法『社長学入門 ──常勝経営を目指して』〔幸福の科学出版刊〕第3章「社長学入門」より)


※「にほんブログ村」宗教カテゴリに参加しています。応援のクリックを頂けたら嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by beautiful-days777 | 2010-03-06 17:21 | 経典より
やはり二十一世紀も「知力の時代」が続いていくだろう。近道はない。うまずたゆまず努力する姿勢を習慣化することが、唯一の成功への王道なのだ。
ただ、世間の画一化した評価にのみ依存するのは、やめた方がよい。あなたはあなたの道を歩め。型にとらわれず、自らの信ずる道を堂々と歩んでゆくがよい。評価は後世に委ねるがよい。
「知は力なり」である。無数の未来の天才も、この言葉の中から生まれて来ることだろう。

(大川隆法『知的青春のすすめ──輝く未来へのヒント』〈幸福の科学出版刊〉「あとがき」より)


※「にほんブログ村」宗教カテゴリに参加しています。応援のクリックを頂けたら嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by beautiful-days777 | 2010-02-13 11:04 | 経典より
まず、成功するためには、目標を持つことだよ。目標のない人は、失敗もないかわり、成功もない。失敗しないように、まえもって目標をつくらないようにしている人は、他の人から尊敬されることもないだろう。
目標は、できれば、大きな目標、つまり、大人になってからこう生きたいという理想像、数年先の中目標、今すぐとりかかれる小目標の三種類を考えておきたいね。
そして、目標を紙に書いて、机の前の壁に張り出しておくことだよ。毎日毎日、見ているうちに、目標が心の中に刻まれて、成功を実現するために努力するようになるだろう。
心の中に繰り返して刻み込まれたことは、やがて実現するんだ。だから、立派な未来を心に刻もう。そうすれば、君も確かに、成功者への道を歩んでいるよ。あとは、根気と努力だ。積極的で明るい生き方をしよう。

(大川隆法『勉強の王道』〈宗教法人幸福の科学刊〉第13話「成功する考え方」より)


※「にほんブログ村」宗教カテゴリに参加しています。応援のクリックを頂けたら嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by beautiful-days777 | 2009-12-09 14:38 | 講義経典etc.より
きみたちが、本当に成功しようと思うなら、自分のことや、自分の会社の中だけのことや、自分たちの集団の中だけがうまくいくようなことを考えてはだめなんだ。
そうではなくて、いつも、「広く世の中のため、できるだけ大勢の人々のためになるように。」と考えて仕事をすることだ。
「自分の会社のお客様は、まだ百人しかいないけれども、うちの会社の製品は、この先お客様が県全体に広がっても、日本国中に広がっても、海外に広がっても、喜ばれるものだ。こういう考え方や物のつくり方、売り方をしていれば、お客様は、他者の製品を買うよりもずっと便利になれるし、幸福になれる。それは絶対にまちがいない。」という自信を持ち、そういう仕事をしていけば、百人のお客様が千人になり、一万人になり、さらにもっともっと広がっていくだろう。

(月刊「ヘルメス・エンゼルズ」155号 幸福の科学・大川隆法総裁ひかりのことば「成功の王道を歩もう」より)
[PR]
by beautiful-days777 | 2009-02-02 20:46 | 「ヘルメス・エンゼルズ」より

幸福の科学の教えから、一人ひとりの幸福、そして社会全体の幸福につながるヒントをお届けします。幸福の科学の一会員による未公認ブログです。


by beautiful-days777