こんにちは、幸福の科学です♪

bdays777.exblog.jp
ブログトップ

タグ:幸福実現党 ( 80 ) タグの人気記事

日々、幸福実現党をご支援くださいまして、本当にありがとうございます。

7月21日(日)は参院選の投開票日となっております。

私たち幸福実現党は、日本の未来を開くため、
3つの挑戦(チャレンジ)―「国防強化」「消費増税の中止」「生涯現役社会の推進」
に積極果敢に挑戦し、日本の誇りを取り戻すべく、これからも努力に努力を重ねてまいります。

参院選の投開票日に投票所では、
比例は「幸福」、選挙区は「幸福実現党の候補者氏名」
をお書きいただけますと幸いです。

※各都道府県の幸福実現党公認候補者は、下記URLからご確認いただけます。
http://candidates.hr-party.jp/23th-mhc/

参院選では、幸福実現党を何卒よろしくお願い申し上げます。

(幸福実現党公式サイトより)


※「にほんブログ村」宗教カテゴリに参加しています。応援のクリックを頂けたら嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by beautiful-days777 | 2013-07-19 23:44 | 幸福実現党

反日デモの謎を解く

習近平氏にとっては、日本政府を料理するのは、前庭の鶏の首をしめるぐらいの作業らしい。太平洋地域はおろか、カナダ、アメリカ本土まで屈服させる本心が露骨に出てきた。まさしく「世界皇帝をめざす男」である。しかし、日本政府にも、マスコミにも、財界にも十分な情報はないであろう。
日本のマスコミが私たちを無視している間にも、中国政府は、「幸福の科学」「幸福実現党」「大川隆法」を次なる潜在的脅威としてマークしている。今年前半には、「幸福の科学出版」の北京事務所も、中国公安の圧力をうけて撤収している。
私は一人の予言者として警告する。近日公開の映画『神秘の法』(大川隆法製作総指揮)のようにならないように目を覚ましていなさいと。国難と戦う政治家が今こそ立つべき時である。

(大川隆法『中国と習近平に未来はあるか ――反日デモの謎を解く』〔幸福実現党刊〕「あとがき」より)


※「にほんブログ村」宗教カテゴリに参加しています。応援のクリックを頂けたら嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by beautiful-days777 | 2013-05-14 16:25 | 経典より
龍馬が言いたいのは、本家「維新」はこちらだということだ。嘘つきのマスコミなどいらんと言っているのだ。
この「聖なる怒り」をよく受けとめておくがよい。
私も、NHKが「平壌放送」となり、朝日新聞や東京新聞が本物の「人民日報」に吸収される未来を何とかして変えたいのだ。
対中包囲網をつくっての国防と、さらなる未来産業の育成による経済発展が、この国を護り、栄光へと導くことになるだろう。
信仰は国民を強くし、未来を輝かすための力となるであろう。もっと素直な心で、わが言葉を聞く国民になってほしい。

(大川隆法『坂本龍馬 天下を斬る! ――日本を救う維新の気概』〔幸福実現党刊〕「あとがき」より)


※「にほんブログ村」宗教カテゴリに参加しています。応援のクリックを頂けたら嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by beautiful-days777 | 2013-02-02 11:45 | 経典より
久々の龍馬節である。三年余り前、自民党のあまりのていたらくに腹を立てて、『幸福実現党』を立党した。それ以来、明治維新の志士は、ほぼ総出で、『幸福の科学』、あるいは、『幸福実現党』を応援してくれている。
私は、鳩山民主党政権が天下を取ったら、外交上、国防上の危機が国難として来ること、日本国民に災いが起きることを、旧くは旧約の預言者エレミヤ、近くは、元寇を予告した日蓮の如く、獅子吼したが、マスコミは卑劣にも、「報道の自由」ならぬ、「黙殺の自由」を決めこんだ。左翼マスコミに踊らされた国民は、悪霊に憑かれた豚の群れ(レギオン──新約聖書)の如く、海に飛びこんで溺れ死のうとした。そして日米安保の危機、東日本大震災、竹島、尖閣諸島問題へと続いていく。
今も、大阪の漫才師もどきが、「維新」を語って、マスコミをたぶらかすという「国難」が起きつつある。もういいかげんに目を覚ませ。龍馬の剣が、今、天下を斬る!

(大川隆法『坂本龍馬 天下を斬る! ――日本を救う維新の気概』〔幸福実現党刊〕「まえがき」より)


※「にほんブログ村」宗教カテゴリに参加しています。応援のクリックを頂けたら嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by beautiful-days777 | 2013-02-01 10:12 | 経典より
今回は、宗教界の大勢が脱原発で固まろうとしているなか、あえて、「安全性を高めつつ原発を推進せよ。」と言い続けるのに、かなりの精力を費やした。
また、選挙の得票になりにくい「国防推進の最尖端」で戦い続けるには、かなりの勇気と実行力が必要だった。しかし、尖閣諸島の未来を読み解くと、日本のとるべき道は明らかだったと思う。
他方、年初から、私たちの主張し続けてきた日銀の金融緩和が、逐次投入型で遅れながらではあるが、なんとか現実化してきて、大恐慌を寸前でくい止めていることにも、一定の使命は果たしたと思う。
TPP参加は、対中国包囲網がその真意だし、また、わが国の産業の国際競争力も高めるので、是非とも断行したいものだ。安倍総理よ、強くあれ。論敵との戦いの一部は引き受けるから、未来への扉を開いてほしい。

(大川隆法『安倍新総理スピリチュアル・インタビュー ――復活総理の勇気と覚悟を問う』〔幸福実現党刊〕「あとがき」より)


※「にほんブログ村」宗教カテゴリに参加しています。応援のクリックを頂けたら嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by beautiful-days777 | 2013-01-31 13:39 | 経典より
二〇一二年十二月十六日の総選挙は、三年四カ月前の民主党の大勝から一転して、自民党の大勝となり、自公では衆院の三分の二を占めるところまで来た。私が三年半前に「幸福実現党」を立ち上げたのも、「保守回帰」の大義をなしとげ、この国の軌道を修正するためだったので、理論的には一定の成果はあげたと思っている。しかし、今の自民党には、「日本の未来ビジョン」を創り上げるだけの構想力はないようだ。
その点、まだまだ私たちの政治的使命は終わっていない。宗教法人「幸福の科学」の総裁としては、当会の信者が、「幸福実現党」「自民党」「民主党」「維新」「みんな」「未来」その他に分裂しつつ選挙戦を戦っているのは、とてもつらいものがあったが、「この国の未来を守る」という一線は貫いたつもりだ。
当選した「自民党」や「維新」の信者たちには、おめでとうを言おう。「民主党」ほかで議席を失った信者には、苦労をかけたねと言いたい。しかし、自民党の次の未来政党は「幸福実現党」である。近い将来、一つにまとまる日を夢みている。
とまれ、歴史的大勝でもって、「復活総理」となった安倍晋三氏に対しては、たびたびのご登場を深謝すると共に、祝福申し上げたい。この国と世界の、平和と繁栄を願う気持ちは同じだろう。ただ、自民党大勝の陰に、自民党の論敵と激しく戦って散っていった「幸福維新の志士」たちが多数いたことを心の片隅に忘れないで記憶していただければと思う。

(大川隆法『安倍新総理スピリチュアル・インタビュー ――復活総理の勇気と覚悟を問う』〔幸福実現党刊〕「まえがき」より)


※「にほんブログ村」宗教カテゴリに参加しています。応援のクリックを頂けたら嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by beautiful-days777 | 2013-01-30 11:37 | 経典より
選挙直前になると、いろんな規制がかかって、テレビも新聞も本も、写真も、不自由この上ない。しかも、「幸福実現党」は宗教政党だというので、マスコミの継子イジメに耐えて三年半、実に不自由である。マスコミはすでに中国の唯物論全体主義の支配下にあるのかと思わず口に出してしまいたくなる。
国会には、二十年以上前から幸福の科学の信者はたくさんいるし、今もいる。大臣も総理大臣も出していれば、知事や地方議員もたくさんいる。宗教が政治にかかわってはいけないというのが、一種の洗脳であるというのがまだわからないのか。
この国に一本、精神的主柱を立て、自由の風を吹かせるまで、この『幸福実現革命』は終わることがないだろう。

(大川隆法『幸福実現革命 ――自由の風の吹かせ方』〔幸福実現党刊〕「あとがき」より)


※「にほんブログ村」宗教カテゴリに参加しています。応援のクリックを頂けたら嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by beautiful-days777 | 2013-01-29 15:32 | 経典より
幸福実現党研修局長の加藤文康さんと、衆院解散の日に緊急対談をしてみた。幸福実現党の政策は、実に多岐にわたっているので、『幸福実現革命』――自由の風の吹かせ方――というテーマで、ラフなスケッチを試みようとしたのである。しかし、内容的には結構、多角的な議論となってしまった。
加藤さんも、赤い前垂れをした石のお地蔵さんのようにコチンコチンになって待っていたので、「解凍作業」がやや難航した。律儀で、責任感が強く、真面目で、チョッピリ頑固な方である。そして人気取りをするには、あまりにも一徹な人でもある。だが、漁師見習いで、尖閣の近くまで行って、サメとマグロを実際に釣り上げたという行動の人でもある。
議論をしているうちに、解凍されて、彼は顔面の汗をぬぐうのが忙しくなった。ああ、早く、心地よい「自由の風」を吹かせてあげたいと、心底感じた次第であった。

(大川隆法『幸福実現革命 ――自由の風の吹かせ方』〔幸福実現党刊〕「まえがき」より)


※「にほんブログ村」宗教カテゴリに参加しています。応援のクリックを頂けたら嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by beautiful-days777 | 2013-01-26 10:19 | 経典より
私の率いる「幸福の科学」も「幸福実現党」も、ある意味で、「知は力なり」を地で行っている団体である。若い頃学んだ、イギリスの哲学者にして政治家のフランシス・ベーコンは、「知識」と「経験」によって、人間の知恵が神の如く高まってくることをよく知っていたと思う。
私自身も、人間の運命は、遺伝子などで運命論的に決定づけられるものではなく、絶えざる精進が道を開くことを、十二分に知っているものの一人である。
発想力が豊かで、涸れない知恵の泉がいつも湧き出しているような、そんな豊かな熟年期を、多くの日本人が持ちえることができれば幸いである。

(大川隆法『日下公人のスピリチュアル・メッセージ ――現代のフランシス・ベーコンの知恵』〔幸福の科学出版刊〕「あとがき」より)


※「にほんブログ村」宗教カテゴリに参加しています。応援のクリックを頂けたら嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by beautiful-days777 | 2013-01-18 11:19 | 経典より
私は宗教法人『幸福の科学』を一九八六年十月に立宗して二十七年目に突入した。一九九一年の段階の統計調査で、「大川隆法」「幸福の科学」の認知度は国民の80%だった。
それから十七年後の二〇〇九年五月に、『幸福実現党』という政党を立ち上げ、創立者 兼 実質上の党総裁として、衆院選や参院選、首長選などを戦ってきた。これがもう三年半になるが、実は政治家(一部、起業家)養成塾として、『HS政経塾』を二〇一〇年四月に開塾してまもなく満三年になり、二〇一三年三月には、第一期卒塾生を出す予定である。現在、第四期生を募集中である。日本の総理大臣になりたい人は当然ながら、アメリカの大統領を目指している人まで集っている。
『幸福実現党』という受け皿を創ってあるので、彼らもいずれ続々と政治家になっていくだろう。
今はまだ未知数だが、いずれこの国を代表するような政治家を輩出するだろう。とりあえず、二十一世紀中には、十人以上の総理大臣(大統領)を出すことを目標にしている。
今回、江夏塾長とも対談して、『HS政経塾』が「闘魂の挑戦」をしていることを再確認した。この国、及び世界に、政治・経済・外交等の面で実際の仏国土ユートピアを具現化していくための、参謀本部 兼 実戦戦力である。
この国を仏法真理に根ざした「自由の大国」へと成長させていきたいと強く願っている。

(大川隆法『HS政経塾・闘魂の挑戦 ――江夏死すとも自由は死せず』〔HS政経塾刊〕「まえがき」より)


※「にほんブログ村」宗教カテゴリに参加しています。応援のクリックを頂けたら嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by beautiful-days777 | 2013-01-06 15:55 | 経典より

幸福の科学の教えから、一人ひとりの幸福、そして社会全体の幸福につながるヒントをお届けします。幸福の科学の一会員による未公認ブログです。


by beautiful-days777