こんにちは、幸福の科学です♪

bdays777.exblog.jp
ブログトップ

タグ:幸福の科学 ( 58 ) タグの人気記事

本書は、本年の鳩山政権の崩壊から、菅政権の発足、そして参院選直前までの、約一カ月間の、私の宗教家あるいは思想家としての立場からの政治的講演集である。
私は、幸福の科学という大きな宗教団体の総裁ではある。されど、私自身、一人の憂国の士である。また、東京都の区立図書館を陵駕する個人蔵書を背景に、一個の思想家・言論人としての発言を続けている者でもある。
本文を読んでいただければわかるので、多くは語るまい。ただ、ただ、この国の「光」でありたい。世界を照らす「太陽」でありたい。そう願うのみである。

(大川隆法『未来への国家戦略 ──この国に自由と繁栄を』〔幸福の科学出版刊〕「まえがき」より)


※「にほんブログ村」宗教カテゴリに参加しています。応援のクリックを頂けたら嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by beautiful-days777 | 2010-08-11 21:52 | 経典より
長くリーダーであり続けるためには、そのときそのときの環境の変化や事件など、いろんな状況に合わせて、自分をおさえて、適応(ちょうどよく当てはまること)していく力が必要なんだ。
だから、人間の場合は、自制心という面から見た「リーダー」というのがあるということだ。
動物的な本能や感情に揺り動かされたり、突き動かされて、それを止めることができない人は、みんなの幸せを考えるリーダーとしては、あまりふさわしくないんだ。自分のことしか考えていないために、結局は、他の人々に害を与えたりすることがあるんだね。

(月刊「ヘルメス・エンゼルズ」173号 幸福の科学グループ創始者兼総裁・大川隆法先生「光のことば」自制心(5)「信用のある人になろう」より)


※「にほんブログ村」宗教カテゴリに参加しています。応援のクリックを頂けたら嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by beautiful-days777 | 2010-07-23 02:20 | 「ヘルメス・エンゼルズ」より
諸学問や芸術の中心、根本にあるものは何かと言うと、やはり、宗教や哲学です。そこから、道徳や学問など、さまざまなものが花咲いてくるのです。
「宗教立国を目指す」という幸福の科学の主張は、現時点での国民世論や“マスコミ世論”から見れば、荒唐無稽に思えるかもしれません。「憲法では政教分離が規定されており、政治と宗教を切り離すことで近代が生まれたのだ」という考え方を持っている人は多いでしょう。
しかし、私は、「宗教立国を目指すことが、実は、新しい国のスタイルになるのだ」と考えています。
このスタイルをつくれば、今後、日本の繁栄は永く続いていくでしょうし、日本は、東洋のみならず、世界のリーダーになることができると思います。

(月刊「幸福の科学」282号 大川隆法総裁スペシャル・メッセージ「常識を打ち破れ──『創造の法』講義(3) 宗教立国こそ、世界を導く新しい国家モデル」より)


※「にほんブログ村」宗教カテゴリに参加しています。応援のクリックを頂けたら嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by beautiful-days777 | 2010-07-22 00:44 | 月刊「幸福の科学」より
「自分をおさえることができる。」というのは、動物的な本能(生まれつき持っている性質)に反していることだから、それだけでも、ほかの人とはちょっと違うんだ。
そして、単に「行動をおさえる。」というだけではなくて、「自分が人に迷惑をかけるようなことをおさえて、さらに、他の人々のために、自分の時間やお金、技能などを少しでも役立てよう。」というふうに自制心が働く人は、自然にリーダーになっていくんだ。
こういうことは、親も学校の先生も、あまり教えてくれないものだ。自制心は、自分の深いところから自然に出てくる場合と、経験して学んでいく場合があるけれども、学校で教わるわけではないんだ。
このように、自制心というのは、意外に、リーダーになっていくための大切な条件でもあるんだね。

(月刊「ヘルメス・エンゼルズ」172号 幸福の科学グループ創始者兼総裁・大川隆法先生「光のことば」自制心(4)「リーダーになるタイプとは」より)


※「にほんブログ村」宗教カテゴリに参加しています。応援のクリックを頂けたら嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by beautiful-days777 | 2010-07-19 00:37 | 「ヘルメス・エンゼルズ」より
P.F.ドラッカーは、昨年、生誕百周年を迎えたのを機に、日本では再びブームになっている。著書では、思想性、哲学性の高い経営学が説かれているが、戦後日本の大企業群を成長させた、陰の軍師であったことは間違いない。
実を明かせば、私の総裁する宗教法人・幸福の科学も二十年近い昔から、ドラッカー師に経営指導をうけており(生前は、守護霊を通じてではあったが)、戦後発祥した新宗教としては、驚異的な急成長と、堅実な経営体質を創り上げた。
今回、帰天わずか五年足らずで、同師から、日本再浮上への提言を霊言として頂いた。この国を救うための処方箋に満ちている一冊である。政治家、宗教家、マスコミ関係者、学者、経営者、ビジネス・パーソンたちに、幅広く読んで頂ければ幸いである。

(大川隆法『ドラッカー霊言による「国家と経営」 ──日本再浮上への提言』〔幸福の科学出版刊〕「まえがき」より)


※「にほんブログ村」宗教カテゴリに参加しています。応援のクリックを頂けたら嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by beautiful-days777 | 2010-07-08 10:25 | 経典より
ハイエク・ケインズ・シュンペーター。一度でも経済学の門をたたいた者にとっては、近よりがたい巨人たちである。彼らが今の日本を、そして世界経済を見たら何と言うか。知りたいだろう。講演会なら、前日から並んででも、チケットを手に入れたいだろう。
本書は、そうした魅力に満ちた本だ。分かりやすく読者に語りかける声が、未来からの交響楽のように感じられはしないだろうか。楽しんで読んで頂きたい。そして、宗教法人・幸福の科学や、政党・幸福実現党の未来に期待を寄せて頂きたいのだ。

(大川隆法『未来創造の経済学 ──公開霊言 ハイエク・ケインズ・シュンペーター』〔幸福の科学出版刊〕「あとがき」より)


※「にほんブログ村」宗教カテゴリに参加しています。応援のクリックを頂けたら嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by beautiful-days777 | 2010-07-08 00:01 | 経典より
本書が勝海舟との「霊言問答」である。霊言は創作であってはならないので、『幸福の科学』や、その支援する『幸福実現党』にとって不利な内容もそのまま活字にした。それを「大人気ない」と見るか、「知的正直さ」と見るかの判断は読者の理解に委ねることとする。
リーダー論から外交戦略まで、実に痛快無比な内容となっている。マスコミ批判も手厳しいが、私どもも同様の「まな板の上の鯉(こい)」にされているので、フェアネスは一貫している。勝海舟が現代に甦り、日本の政治外交を一刀両断すればこうなるのかと、目からウロコが落ちることだろう。勝海舟先生の霊に感謝する。

(大川隆法『勝海舟の一刀両断! ──霊言問答・リーダー論から外交戦略まで』〔幸福の科学出版刊〕「まえがき」より)


※「にほんブログ村」宗教カテゴリに参加しています。応援のクリックを頂けたら嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by beautiful-days777 | 2010-05-09 15:56 | 経典より
勉強になることの多い本であると思う。世界では大きな二つの論理がぶつかっている。
宗教という面を除いて考えても、国際政治、外交の面で、必読のテキストだと思う。
共にエル・カンターレの教えを反映しつつも、反目している二つの世界宗教を融和させることも、私に課せられた大きな責務であると思う。
この地球を、愛と美と調和の星に変えていくためにも、未来の世界宗教としての幸福の科学を大きく育てていきたいと念ずるものである。

(大川隆法『世界紛争の真実 ──ミカエルvs.ムハンマド』〔幸福の科学出版刊〕「あとがき」より)


※「にほんブログ村」宗教カテゴリに参加しています。応援のクリックを頂けたら嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by beautiful-days777 | 2010-04-26 01:11 | 経典より

この気迫! この鋭さ!

まことに厳しい人であった。吉田松陰の霊への質問に立った『幸福の科学』あるいは『幸福実現党』の幹部クラスの人々の顔色がまっ青になり、言葉につまり、それこそ霊体が縮んでいくのが感じられるような、一連の霊言であった。
本物の革命家とは、真実の不惜身命〔ふしゃくしんみょう〕とは、何か、を教えられた一日であった。
この国の政治を幸福維新するための心構えを、胆力を鍛え直すことから始めねばならないと思った。
この厳しさの中に流れる深い愛が、百数十年前と同じく、若い人々の心に、言行一致の精神を教えてくれるだろう。

(大川隆法『一喝! 吉田松陰の霊言 ──21世紀の志士たちへ』〔幸福の科学出版刊〕「あとがき」より)


※「にほんブログ村」宗教カテゴリに参加しています。応援のクリックを頂けたら嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by beautiful-days777 | 2010-04-11 17:47 | 経典より
私は救世主であると同時に、日本の「国師」であり、「ワールド・ティーチャー」(世界教師)でもありたいという強い志を持っている。
「幸福の科学」を単なる日本の新宗教の一宗一派だと考えている人々は、いずれその見識の浅さを恥じることになるだろう。
宗教家の不屈の信念と救世の情熱が、いったいどこまで広がっていくか、お見せしたいものだと思っている。
今、必要なのは、勇気と行動力、そして、現実に、世界の人々を愛そうとする気持ちだ。
かつてイスラエルの地で「メシア」とは、人々の魂の救済者であると共に、救国の政治指導者でもあることを意味した。日本の古代の宗教家も政治指導者でもあった。「政教分離」などのテクニカルなこの世的技術論によって、神の声、仏の声を封じ、救世の事業を妨げる愚かな人が出ないことを祈る。宗教よ、具体的、幸福の実現を目指せ。

(大川隆法『国家の気概──日本の繁栄を守るために』〈幸福の科学出版刊〉「あとがき」より)


※「にほんブログ村」宗教カテゴリに参加しています。応援のクリックを頂けたら嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by beautiful-days777 | 2010-02-06 21:25 | 経典より

幸福の科学の教えから、一人ひとりの幸福、そして社会全体の幸福につながるヒントをお届けします。幸福の科学の一会員による未公認ブログです。


by beautiful-days777