こんにちは、幸福の科学です♪

bdays777.exblog.jp
ブログトップ

タグ:大川隆法 ( 52 ) タグの人気記事

戦後の無宗教教育にはじまり、邪教による社会的問題の多発によって、宗教の権威は地に堕ちてしまっているのが、今の日本における現状です。
この一冊で、宗教というものは、本当は人間を幸せにし、人々が幸福に暮らせる世の中を創っていくものだということを、一人でも多くの方に知っていただければ幸いです。

(大川隆法×大川宏洋『公開対談 幸福の科学の未来を考える ――すべては愛からはじまる』〔幸福の科学出版刊〕大川宏洋「あとがき」より)


※「にほんブログ村」宗教カテゴリに参加しています。応援のクリックを頂けたら嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by beautiful-days777 | 2011-10-26 19:01 | 経典より
本書は初めての、長男との親子対談である。
私が読み直しても面白いものなので、会員の皆様や一般の方々にも親しみを持っていただけると幸いである。
新しい教団を創っていく中で、男の子三人、女の子二人を育てていくというのは、お手伝いの方がいてくれたにしても、実際に大変だった。五人の子供を持つ家庭は、六百軒に一軒とは聞いていたものの、父親としても実に鍛えられた。
「新宗教で二代目養成に成功したところはない。」とも評されているが、当会でも結論はまだ「未来の中」にあるだろう。
未熟で無力な父であったと思う。私自身の父親が、息子たちの進学、就職、結婚に対して、無力感を感じていたのを思い起こす。物事はなるようにしかならないのだ。私がかすかに誇れるのは、「奇想天外」な「生き物」だった長男を見捨てなかったことぐらいだ。次は、未来を祝福することぐらいかな、と思う。

(大川隆法×大川宏洋『公開対談 幸福の科学の未来を考える ――すべては愛からはじまる』〔幸福の科学出版刊〕「まえがき」より)


※「にほんブログ村」宗教カテゴリに参加しています。応援のクリックを頂けたら嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by beautiful-days777 | 2011-10-25 13:33 | 経典より
長女との初めての対談本である。自分の二十年間の教育の成果が情報公開されてしまう少し怖い本でもある。
長女の咲也加はしっかりとしたコーディネーターとしての使命も果たし、五人の兄弟姉妹をきっちりとまとめており、会の学生部活動でも、お母さん役である。
蔭では、時折、涙を流していたのを、兄弟たちは私に報告してくれたが、気丈に頑張って私を支え続けてくれた。
高校時代には、公開模試では何度も東大合格「A判定」を出し、私立文科系なら、どこを受けても合格と太鼓判を押されながら、男の兄弟を立てることを考えて、部活は料理部にかえ、お茶の水女子大学に進学した。謙虚でコツコツ型の堅実な女性に育った。娘よ、ありがとう。父もなんとか使命を果たせそうだ。

(大川隆法×大川咲也加『父と娘のハッピー対談 未来をひらく教育論』〔幸福の科学出版刊〕「まえがき」より)


※「にほんブログ村」宗教カテゴリに参加しています。応援のクリックを頂けたら嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by beautiful-days777 | 2011-10-19 09:08 | 経典より
映画「レッド・クリフ」のヒーローを思い出させる立木党首との対談はあっという間に終わった。
私が、一九九一年に東大五月祭で「黎明の時代」という講演を行った時、彼は、「東京大学・大川隆法著作研究会」を立ち上げたリーダーの一人だった。いわば「秘蔵っ子」の一人である。今、立派に成長して党首として活躍されていることをとても嬉しく思っている。是非、公党の代表として活躍して頂きたいものだ。

(大川隆法『公開対談 日本の未来はここにあり』〔幸福実現党刊〕「あとがき」より)


※「にほんブログ村」宗教カテゴリに参加しています。応援のクリックを頂けたら嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by beautiful-days777 | 2011-07-23 21:44 | 経典より
私は、言論人、宗教家、教育事業家でもあるが、ある意味で日本の政治思想の主柱であり、未来への羅針盤でもある。
宗教家が「国を守れ」と主張するのは、戦争をしたいからではなく、国民を護りたいからである。
たとえ何と評されても結構である。しかし、私の「平和への決断」とは、新・帝国主義との対決である。言論において――。行動において――。
もうこの国の知識人は、丸山眞男の書物を捨てて、政治思想家としての大川隆法の考えを学ぶべき時である。
未来への道がそこに拓ける。

(大川隆法『平和への決断』〔幸福の科学出版刊〕「まえがき」より)


※「にほんブログ村」宗教カテゴリに参加しています。応援のクリックを頂けたら嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by beautiful-days777 | 2011-06-08 14:33 | 経典より
『週刊新潮』とか『週刊文春』とかは、保守系の週刊誌として私も一目置いていたので、若干、残念な気持ちがしないではない。
しかし、当会も大悟三十周年、立宗二十五周年、宗教法人格取得二十周年を迎えて、このような歴史と伝統のある週刊誌をも一喝しなくてはならない立場に立ったということだろう。
『新潮社』に十分敬意を払って、『「週刊新潮」に巣くう悪魔の研究』というアカデミックな題をつけたのは、大川隆法本人である。ケンカを売る相手をよく選ぶように、経営陣にはお願い申し上げる。

(大川隆法『「週刊新潮」に巣くう悪魔の研究』〔幸福の科学出版刊〕「まえがき」より)


※「にほんブログ村」宗教カテゴリに参加しています。応援のクリックを頂けたら嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by beautiful-days777 | 2011-04-22 13:42 | 経典より
結果というものは、自分が考えている以上には、なかなかいかないものなので、考え方が小さいと大きな成功はないのです。
「一生、給料がもらえて、生活が安定していればよい」と思うのなら、人の目にあまり刺激を与えるようなことはせずに、周りの人たちと仲よくやっていくだけでよいかもしれません。
しかし、「何らかの面で、一旗揚げてみたい」「何かの分野で傑出した才能を発揮してみたい」「新しい事業を立ち上げてみたい」「どうせ一生を生きるなら、何か世の中に認められるような仕事をしてみたい」などと思うのならば、「結局、自分が思っている以上の結果には、なかなかいかないものだ」ということを知らなければいけません。

(月刊「ヤング・ブッダ」89号 大川隆法スペシャルメッセージ『Think Big!(大きく考えよう!)(3) 成功の大きさは考え方が決める』より)


※「にほんブログ村」宗教カテゴリに参加しています。応援のクリックを頂けたら嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by beautiful-days777 | 2011-04-08 11:45 | 「ヤング・ブッダ」より
今、とても大切な経営の本だと思う。普遍的な理論と、実戦で使い込まれた方法論とがミックスされて、ある種の芳醇な香りをただよわせている。
ある意味で、経営思想家としては、私自身が、国家経営レベルまで成長していこうとしている、一つの節の部分を取り出すのに成功していると思う。
幸福の科学系企業のみならず、不況で苦しんでいる、世の多くの企業経営者の「死中に活」を求めるための一書となることを願っている。

(大川隆法『未来創造のマネジメント ─事業の限界を突破する法』〔幸福の科学出版刊〕「まえがき」より)


※「にほんブログ村」宗教カテゴリに参加しています。応援のクリックを頂けたら嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by beautiful-days777 | 2011-02-26 02:20 | 経典より
私が説いている宗教のありかた、姿というものは、従来の数多くの宗教に比べると、はるかに強い人間像というものがあります。
神とは光そのものです。その一部があなたがたに宿っているならば、もっと自分自身に自信を持たなければならないのです。
本来のあなたがたは、もっともっと力強い存在なのです。もっともっと可能性に満ちた存在なのです。もっともっと自分自身を変えていく力を持っているのです。

(2010年11月大川隆法総裁ブラジル巡錫記念グラフ『Boa Tarde! ボア・タルジ(こんにちは!) ──伝道の情熱は20000キロを越えて』〔宗教法人幸福の科学刊〕ジュンジャイ支部精舎「幸福への道」一部抜粋より)


※「にほんブログ村」宗教カテゴリに参加しています。応援のクリックを頂けたら嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by beautiful-days777 | 2011-02-01 20:40 | 他の不定期刊行物等より
若い頃は、秀才で弁舌さえ冴えていれば、不可能なことなど何もないように思われた。
しかし、時の流れの中で、人間には「たくましさ」や「耐える力」「心の成熟」「心の豊かさ」というものが大切であることがわかってきた。
私は三十二歳の時に『常勝思考』というベストセラーを書いたが、その二十二年後、『ストロング・マインド』という本を世に問おうとしている。
つくづく「こりない男」であり、積極的で建設的な考えを持ち続けていると感じている。
本書が繰り返し読むに耐える良書となり、多くの人々の心の糧となることを、心より希望する。

(大川隆法『ストロング・マインド ──人生の壁を打ち破る法』〔幸福の科学出版刊〕「あとがき」より)


※「にほんブログ村」宗教カテゴリに参加しています。応援のクリックを頂けたら嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by beautiful-days777 | 2010-10-06 21:08 | 経典より

幸福の科学の教えから、一人ひとりの幸福、そして社会全体の幸福につながるヒントをお届けします。幸福の科学の一会員による未公認ブログです。


by beautiful-days777