こんにちは、幸福の科学です♪

bdays777.exblog.jp
ブログトップ

タグ:大川隆法 ( 51 ) タグの人気記事

〈大川談話―私案―〉(安倍総理参考)

わが国は、かつて「河野談話」(一九九三年)「村山談話」(一九九五年)を日本国政府の見解として発表したが、これは歴史的事実として証拠のない風評を公式見解としたものである。その結果、先の大東亜戦争で亡くなられた約三百万人の英霊とその遺族に対し、由々しき罪悪感と戦後に生きたわが国、国民に対して、いわれなき自虐史観を押しつけ、この国の歴史認識を大きく誤らせたことを、政府としてここに公式に反省する。

先の大東亜戦争は、欧米列強から、アジアの植民地を解放し、白人優位の人種差別政策を打ち砕くとともに、わが国の正当な自衛権の行使としてなされたものである。政府として今一歩力及ばず、原爆を使用したアメリカ合衆国に敗れはしたものの、アジアの同胞を解放するための聖戦として、日本の神々の熱き思いの一部を実現せしものと考える。

日本は今後、いかなる国であれ、不当な侵略主義により、他国を侵略・植民地化させないための平和と正義の守護神となることをここに誓う。国防軍を創設して、ひとり自国の平和のみならず、世界の恒久平和のために尽くすことを希望する。なお、本談話により、先の「河野談話」「村山談話」は、遡って無効であることを宣言する。

平成二十五年 八月十五日


(大川隆法『「河野談話」「村山談話」を斬る!』[資料]より)

※「にほんブログ村」宗教カテゴリに参加しています。応援のクリックを頂けたら嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by beautiful-days777 | 2013-08-01 15:29 | 経典より
あなたがたは、どのような未来を、自分の運命として描くのか。
あなたがたは、自らの職場に、どのような未来を期待するのか。
あなたがたは、自らの家族に、どのような未来を期待するのか。
たとえ、この世的に見て、
苦難・困難と思われるものが降りかかってきたとしても、
それを、喜んで受け入れ、蹴散らし、乗り越えてゆきなさい。
何ものも、あなたがたの、その信念を、壊すことはできないのだ。
何ものも、あなたがたの、その光明思念を、潰すことはできないのだ。
何ものも、あなたがたの、未来を拓かんとする、その積極的なる思いを、
邪魔することはできないのだ。
無限の未来を拓かんとするならば、明るい気持ちで生きなさい。
笑顔を絶やさずに行きなさい。
自分自身の過去を許し、未来に期待をかけなさい。
人々の真なる姿に期待をかけなさい。
この世が仏国土となることを強く祈りなさい。
人々の心に仏性が宿ることを祈りなさい。
人々の心に神性が宿ることを信じなさい。
そして、「いずれ、五年後、十年後、さらに、その未来には、
共に法を伝える仲間となるのだ」ということを強く心に願いなさい。

(大川隆法『未来の法』 序章「勝利への道」より)


※「にほんブログ村」宗教カテゴリに参加しています。応援のクリックを頂けたら嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by beautiful-days777 | 2013-07-21 23:20 | 経典より
宗教では、心の幸福を中心にして、人間の生き方や人生観の持ち方、「どうやって、よりよい人生を生きるか」ということを説いている場合が多いのですが、現実世界についても、人の手によって変えていける部分は、まだそうとうあります。
心の持ち方や人生観の持ち方を教え、人生の反省等による自己変革を迫るのが、宗教の中心的な面だとすれば、「幸福実現」というのは、「具体的に人間を幸福にするための活動、および、その成果」を重視した運動と取れます。
したがって、「多くの人々、多くの国民が幸福に生きられる」ということが、やはり政治の目標だと思います。そして、それは、「具体的で、かつ、動機において正当で、結果において成果があがるもの」でなければならないのです。
幸福実現党は、「宗教法人幸福の科学が言うユートピア思想を、現実に活動として表した場合、政治の世界では、どのように展開するか」ということを実践しています。その意味で、幸福実現党は実戦部隊ですし、政治の本道に則った「幸福の実現」を目指しています。
「幸福実現」という言葉は、そういうプラスイメージの言葉なのですが、国民や、それを国民に伝えるべきマスコミは、まだ、その言葉の意味を十分に理解できていませんし、実は、政治の目的も理解できていないのではないでしょうか。
そして、「政治の目的は政争での勝利にある」と考え、「一種の群れ同士の勢力争いが政治だ。『騎馬戦で、どの騎馬が残るか』というようなことが政治なのだ」と認識しているマスコミが多いのではないかと思います。
もちろん、政治においてコンペティション(競争)があってもよいのですが、それは、「どちらが、より多くの国民を幸福にできるか」という意味でのコンペティションです。これは、あってもよいでしょう。
しかし、政争や競争が政治の目的ではありません。政治においては、あくまでも、国民生活を幸福なものにし、「この国に生まれてよかった」と思う人たちを数多くつくっていくことが大事なのです。
そういう目的のために、幸福実現党は立党されました。
幸福実現党には、その意味での哲学が一本入っているのですが、マスコミ等は、その哲学の部分を読み取れないでいるのではないかと思います。

(大川隆法『政治革命家・大川隆法』 2節「幸福実現党」立党の趣旨 より)


※「にほんブログ村」宗教カテゴリに参加しています。応援のクリックを頂けたら嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by beautiful-days777 | 2013-07-20 22:02 | 経典より

反日デモの謎を解く

習近平氏にとっては、日本政府を料理するのは、前庭の鶏の首をしめるぐらいの作業らしい。太平洋地域はおろか、カナダ、アメリカ本土まで屈服させる本心が露骨に出てきた。まさしく「世界皇帝をめざす男」である。しかし、日本政府にも、マスコミにも、財界にも十分な情報はないであろう。
日本のマスコミが私たちを無視している間にも、中国政府は、「幸福の科学」「幸福実現党」「大川隆法」を次なる潜在的脅威としてマークしている。今年前半には、「幸福の科学出版」の北京事務所も、中国公安の圧力をうけて撤収している。
私は一人の予言者として警告する。近日公開の映画『神秘の法』(大川隆法製作総指揮)のようにならないように目を覚ましていなさいと。国難と戦う政治家が今こそ立つべき時である。

(大川隆法『中国と習近平に未来はあるか ――反日デモの謎を解く』〔幸福実現党刊〕「あとがき」より)


※「にほんブログ村」宗教カテゴリに参加しています。応援のクリックを頂けたら嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by beautiful-days777 | 2013-05-14 16:25 | 経典より
すでに教育関連では、『教育の法』『幸福の科学学園の未来型教育』『真のエリートを目指して』(以上、幸福の科学出版刊)などを刊行している。しかし、二〇一〇年の「幸福の科学学園・那須本校」開校に続いて、この二〇一三年の四月に「幸福の科学学園・関西校」を琵琶湖のほとりに開校予定である。ということで、教育思想や教育理念に関する本は一冊でも多いほうがよいと考えて、折々に、学校関係者、教育関係者たちに話してきた内容を、新たに『教育の使命』と題して刊行することとした。教育もやはり「理念」が先行してこそ、実践が伴うものだと考えている。
「イジメ問題」を発端として、学校の創立を決意したが、いささか教育者としても「プロ」の側面が出て来たように思う。私自身も、個人で蔵書十数万冊を有しているほど勉強好きだが、すでに刊行した千点以上の著作のなかでは、英語の参考書も百二十冊ほど出版している(内部限定)。教育は、根性、忍耐、情熱、継続が大切だとつくづく思う、今日、この頃である。

(大川隆法『教育の使命 ――世界をリードする人材の輩出を』〔幸福の科学出版刊〕「まえがき」より)


※「にほんブログ村」宗教カテゴリに参加しています。応援のクリックを頂けたら嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by beautiful-days777 | 2013-02-21 13:20 | 経典より
幸福実現党研修局長の加藤文康さんと、衆院解散の日に緊急対談をしてみた。幸福実現党の政策は、実に多岐にわたっているので、『幸福実現革命』――自由の風の吹かせ方――というテーマで、ラフなスケッチを試みようとしたのである。しかし、内容的には結構、多角的な議論となってしまった。
加藤さんも、赤い前垂れをした石のお地蔵さんのようにコチンコチンになって待っていたので、「解凍作業」がやや難航した。律儀で、責任感が強く、真面目で、チョッピリ頑固な方である。そして人気取りをするには、あまりにも一徹な人でもある。だが、漁師見習いで、尖閣の近くまで行って、サメとマグロを実際に釣り上げたという行動の人でもある。
議論をしているうちに、解凍されて、彼は顔面の汗をぬぐうのが忙しくなった。ああ、早く、心地よい「自由の風」を吹かせてあげたいと、心底感じた次第であった。

(大川隆法『幸福実現革命 ――自由の風の吹かせ方』〔幸福実現党刊〕「まえがき」より)


※「にほんブログ村」宗教カテゴリに参加しています。応援のクリックを頂けたら嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by beautiful-days777 | 2013-01-26 10:19 | 経典より
「腹をくくって国を守れ」と言い切れる方である。
「美女対談」にしてあげられず、少し気の毒ではあるが、きっと近い将来の日本のエースになってくれることだろう。
釈さんの指導を受けた方は、皆、陽明学者のように、実践を重視していくので頼もしい。
凜々しく、潔く、美しく――。花開かれることを願っている。

(大川隆法『猛女対談 ―腹をくくって国を守れ』〔幸福実現党 刊〕「あとがき」より)


※「にほんブログ村」宗教カテゴリに参加しています。応援のクリックを頂けたら嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by beautiful-days777 | 2012-07-12 09:09 | 経典より
あるいは「年齢」と「経験」という言葉に置き換えられるのかもしれないが、私自身の認識力や見識にもかなりの変化と成長が生じているのだろう。車窓から見える景色がずいぶんと変わってきたのだ。
職員数が五十人に満たず、信者数も数千人規模の初期の頃は、それなりにわきあいあいとして楽しかったし、個人的な働きがいもあった。
今では、説法数千七百回を超え、日本語と二十ヶ国語ほどの外国語で出版された書籍は九百冊に近く、累計出版冊数は「億」の単位である。支部約五百(国内のみ)、正心館等の大施設二十五館以上、布教所約一万ヶ所(国内)、海外約百ヶ国に支部・正心館・拠点を持ち、この六月には、アフリカはウガンダで、サッカー場に数万人を集めて、野外講演会をやる予定である。
私の本心は「地の果てまでも仏法真理を弘めること」のみにある。「不惜身命」の厳しさが、私や弟子をも鍛えてくれていると痛感している。

(大川隆法『舎利弗の真実に迫る ―「釈迦の右腕」と呼ばれた仏弟子の信仰心』〔幸福の科学出版刊〕「あとがき」より)


※「にほんブログ村」宗教カテゴリに参加しています。応援のクリックを頂けたら嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by beautiful-days777 | 2012-06-26 22:43 | 経典より
父が東大法学部卒、母が東大文学部卒ということが、五人の天才児たちにも、過剰な期待と負担になり、うちの子どもたちもプレッシャーで苦しんだようだ。両親ともに田舎育ちの秀才で、劣等感に悩み、都会の社会常識に欠けていて、試行錯誤を重ねていたことがわかるのには、もう少し時間がかかるだろう。さらに、自分も子育てをしてみなくては、過剰な期待をした両親を許す気持ちにはとうていなれないだろう。
「家貧しゅうして孝子出ず」ともいうが、何か欠けているものがあって、人は救われもし、発奮もする。子育てにおいても、成功と失敗は「あざなえる縄の如し」といえよう。
今、大学四年生の長男から、中学二年生の次女まで、五人とも、私の仕事を手伝ってくれている。有難いことだ。
このつたない本が、読者の皆さんの子育ての悩みを解決する、何らかのお手伝いとなれば幸いである。

(大川隆法『じょうずな個性の伸ばし方 ―お母さんの子育てバイブル』〔幸福の科学出版刊〕「あとがき」より)


※「にほんブログ村」宗教カテゴリに参加しています。応援のクリックを頂けたら嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by beautiful-days777 | 2011-12-31 21:00 | 経典より
戦後の無宗教教育にはじまり、邪教による社会的問題の多発によって、宗教の権威は地に堕ちてしまっているのが、今の日本における現状です。
この一冊で、宗教というものは、本当は人間を幸せにし、人々が幸福に暮らせる世の中を創っていくものだということを、一人でも多くの方に知っていただければ幸いです。

(大川隆法×大川宏洋『公開対談 幸福の科学の未来を考える ――すべては愛からはじまる』〔幸福の科学出版刊〕大川宏洋「あとがき」より)


※「にほんブログ村」宗教カテゴリに参加しています。応援のクリックを頂けたら嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by beautiful-days777 | 2011-10-26 19:01 | 経典より

幸福の科学の教えから、一人ひとりの幸福、そして社会全体の幸福につながるヒントをお届けします。幸福の科学の一会員による未公認ブログです。


by beautiful-days777