こんにちは、幸福の科学です♪

bdays777.exblog.jp
ブログトップ
前回の『世界皇帝をめざす男』(二〇一〇年十月二十一日収録)に比べて、習近平氏の自信と策士ぶりがいかんなく発揮されているのが本書であろう。
恐るべき男である。日本の政治家、官僚、マスコミ、自衛隊、知識人にも是非とも予め読んでおいてほしい一書である。
最近の反日デモの激しさは、「政府の想定の範囲を超えている」(野田現首相)とのことであるが、本書を精読して、次に来る衝撃に備えたほうがよいだろう。日本が実効支配している尖閣問題のために、中国国内百カ所以上で威嚇、焼き討ち反日デモをやり、千艘もの抗議漁船を仕かけ、同時にアラブ二十カ国以上での反米デモを、裏から糸を引く男である。親中派や、反日的日本人は、次の中国・国家主席の本当の姿を早く知るべきだ。新しい「元寇」に備えたほうがよい。

(大川隆法『中国と習近平に未来はあるか ――反日デモの謎を解く』〔幸福実現党刊〕「まえがき」より)


※「にほんブログ村」宗教カテゴリに参加しています。応援のクリックを頂けたら嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by beautiful-days777 | 2013-03-20 13:23 | 経典より
八月の竹島問題で、韓国の大統領が上陸し、またぞろ従軍慰安婦を持ち出してくるのには、本当にへきえきした。小室学を知っていれば、「日本が謝罪すればするほど、韓国は怒り狂うという構図」(『小室直樹の学問と思想』)があるので、あくまで強気で突っぱねねばなるまい。小室は中国人との関係に対しても、「アメリカ人だと思ってつきあいなさい」(『小室直樹の中国原論』)とアドバイスしているので、論理的に明快に意見を言うことが大事だ。私のこの本なども、意見、結論がはっきりしているので、意外と中国人には信用されるかもしれない。
日本人自身も、自分の国に自信を持ち、早く大人になることが大事だと信じるものである。

(大川隆法『小室直樹の大予言 ――2015年 中華帝国の崩壊』〔幸福の科学出版刊〕「あとがき」より)


※「にほんブログ村」宗教カテゴリに参加しています。応援のクリックを頂けたら嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by beautiful-days777 | 2012-12-20 22:28 | 経典より
一九八〇年に「ソ連邦の崩壊」を予言した奇才、小室直樹が、今度は、「二〇一五年 中華帝国の崩壊」を予言している。尖閣諸島国有化問題に端を発した、中国での反日デモ、焼き討ちで閉塞感のある日本人にとっては、ホッとする福音である。
私もあの国の「人民の解放」に協力したい気持ちでいっぱいである。信教の自由、言論、表現、出版の自由、結社の自由等を、十三億の民に差し上げたいものだ。反日運動に姿を変えてしか、国家に不満をぶつけられない、軍事独裁国家というものは、本当に危険きわまりないものだ。
生前の小室氏の著述によれば、「毛沢東は『三国志』を熟読した故に人民革命に成功し、蒋介石は『三国志』を読まなかった故に大陸を失った」という説があるそうだが(『小室直樹の中国原論』)、台湾・香港系の勢力に早く、新思想をもって、大陸の基本方針を引っくり返してほしいものだ。

(大川隆法『小室直樹の大予言 ――2015年 中華帝国の崩壊』〔幸福の科学出版刊〕「まえがき」より)


※「にほんブログ村」宗教カテゴリに参加しています。応援のクリックを頂けたら嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by beautiful-days777 | 2012-12-18 11:07 | 経典より
善悪を取り違え、反対すべきことに賛成し、賛成すべきことに反対する国は、滅びていくしかない。
尖閣諸島の主権侵害のあと、中国の七十カ所あるいは百カ所をこえる地区で大規模な反日デモが行われており、アメリカの中華街でも何千人ものデモが行われている。明らかな「官製デモ」であり、日本のマスコミと政治家、国民をふるえ上がらせて、中国の「国内法」を「国際法」にしてしまうつもりである。日本人が上海ラーメンを頭にかぶせられているその時に、東京の銀座では、中国人が中国語をしゃべりながらショッピングを楽しんでいる。日本と中国との文明落差は、まだ七十年はある。彼らに、宗教心と道徳心を教えてやらねばなるまい。
本書には、やるべきことが書いてある。バカなマスコミと、バカな政治家を、民意でより分けていくことが大事である。

(大川隆法『国を守る宗教の力 ――この国に正論と正義を』〔幸福実現党刊〕「まえがき」より)


※「にほんブログ村」宗教カテゴリに参加しています。応援のクリックを頂けたら嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by beautiful-days777 | 2012-12-01 19:33 | 経典より
おそらく李克強は、中国最高クラスの秀才だろう。スキのない官僚臭さえ感じられる。ハーバード出のアメリカ大統領と互角の戦いを演じるつもりだろう。日本の首相など、もはや眼中にはあるまい。
こちら日本は、宗教が、日本の政治外交を指南しないと、未来はどちらにもころびかねない現状だ。
本書原稿を読み直して、多少、悪役と思われても、言うべきことは言わなくてはなるまいと肚をくくった。
中国の外交が「拡張的侵略主義」であることは明白である。国防の準備を急がねば、この国は、世界地図から消えてなくなる。
茶番劇のような総選挙は、もう結構だ。本当の民主主義は愛国心から生まれることを、国民に訴えなくてはなるまい。
 
(大川隆法『李克強 次期中国首相 本心インタビュー ――世界征服戦略の真実』〔幸福実現党刊〕「あとがき」より)


※「にほんブログ村」宗教カテゴリに参加しています。応援のクリックを頂けたら嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by beautiful-days777 | 2012-10-25 17:11 | 経典より
拙著『世界皇帝をめざす男』(幸福実現党刊)では、中国の次期国家主席と目される習近平氏の実像に迫った。彼は、スケールの大きな野心家だが、少し脇が甘い感じがした。
これに対し、次期中国首相と目される李克強氏は、同じく野心家ながら、実務家エリートタイプで、実権を握ってくる男だと思われる。この二人の歯車が見事にかみ合ったら、中国という国は、恐ろしい強国になるだろう。
果たして今の日本の政治家で対抗できるのか。中国のマスコミも極右(強盛大国化)でほぼ一本化されているが、左翼(売国傾向化)が強い日本のマスコミで太刀打ちできるのか。
まず相手の実力を見極めて「国防」を考えるべきだ。本書自体が、強力な兵法書ともなるだろう。

(大川隆法『李克強 次期中国首相 本心インタビュー ――世界征服戦略の真実』〔幸福実現党刊〕「まえがき」より)


※「にほんブログ村」宗教カテゴリに参加しています。応援のクリックを頂けたら嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by beautiful-days777 | 2012-10-24 14:02 | 経典より
まことに不思議な能力であると思う。私には人の世の「過去・現在・未来」の三世が見通せると同時に、地球上の何千キロ、何万キロも離れた場所や、宇宙の特定の星を遠隔透視することもできる。また、人間の心の奥底にひそむ考えや、ネッシーの心、宇宙人の想念まで読み取ってしまう能力がある。
本書では、中国「秘密軍事基地」の軍事基地に挑戦したが、去年は、アメリカの「エリア51」も遠隔透視した。
日本と世界のゆく末が案じられるのだ。悪は露見されることによって、崩壊していく。この国が再び、無明のマスコミや感情的な人々によって、滅びないためにも、本書を一石として世に投じることにした。政府、防衛省、自衛隊、マスコミ、言論人にも幅広く読んで頂けたらと思う。国防の危機は迫っている。

(大川隆法『中国「秘密軍事基地」の遠隔透視 ――中国人民解放軍の最高機密に迫る』〔幸福の科学出版刊〕「あとがき」より)


※「にほんブログ村」宗教カテゴリに参加しています。応援のクリックを頂けたら嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by beautiful-days777 | 2012-10-06 13:21 | 経典より
日本は、まだ、本格的な軍事用人工衛星は持っていないようだが、最近の中国の宇宙への進出には目を見張るものがある。アメリカの第七艦隊も、中国軍による宇宙からの攻撃の危機にさらされつつある。
だが、日本は、まだ昨年の東日本大震災の福島原発シンドロームから抜け出せず、安保闘争以来の脱原発デモで政権が揺さぶられている。
お隣の中国では、新たな数百基の原発計画と核ミサイルの開発に余念がないのに、日本では、省エネで何千人と病院に運び込まれようと、大手紙と大手TV局では、環境左翼の亡国推進勢力が花盛りである。そんなに白旗を揚げて、無血降伏革命 兼 日本の植民地化を進めたいのか。
この悲しい祖国の現状に涙しつつ、私自身が日本防衛のための「人間秘密兵器」として書き下ろしたのが本書である。「日本の原発ゼロ」を夢のように語るな。この国を世界地図から抹消したくないのならば。

(大川隆法『中国「秘密軍事基地」の遠隔透視 ――中国人民解放軍の最高機密に迫る』〔幸福の科学出版刊〕「まえがき」より)


※「にほんブログ村」宗教カテゴリに参加しています。応援のクリックを頂けたら嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by beautiful-days777 | 2012-10-04 21:14 | 経典より
台湾と沖縄が中国に吸収合併されたなら、日本が中国の植民地になるのは時間の問題だろう。それは、やがて東アジア全域に及ぶ大中華帝国へ道を開くことになるだろう。
しかし、肝心のその中国たるや、無神論、唯物論の国家で、実質上国民に基本的人権はない。共産党一党独裁の、信教の自由も、言論・出版、結社の自由も認められない恐るべき権威主義国家である。
自由が認められないところに繁栄は生じない。国としての国家戦略、外交戦略を打ち樹てずして、日本にも未来はない。映画「ファイナル・ジャッジメント」(本年6月公開)のようになるだろう。
今こそ、国民に勇気と気概が必要である。

(大川隆法『台湾と沖縄に未来はあるか? ―守護霊インタヴュー 馬英九台湾総統vs.仲井眞弘多沖縄県知事』〔幸福実現党刊〕「あとがき」より)


※「にほんブログ村」宗教カテゴリに参加しています。応援のクリックを頂けたら嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by beautiful-days777 | 2012-05-15 14:28 | 経典より
中国のほうは、要するに、(靖国神社を)脅す材料として使っているだけなので、日本としては、中国に軍事費の拡大に枠をはめるように言ったり、核兵器の削減を申し入れたり、あるいは「中国が日本を抜いて世界第二位の経済大国になったら、国連の分担金も当然、世界第二位でしょうね」ぐらいのことは言わなければいけません。「国連にほとんど金も払わず、拒否権だけを発動している」というのは、許されないことではないかと思います。
多少のディベートと、言われたら言い返すことは必要かと思います。やはり、国家として固有の権利があるということは言わなければいけないと考えます。

(月刊「ザ・リバティ」2011年3月号 大川隆法・人生の羅針盤「靖国問題で大切なこと」より)


※「にほんブログ村」宗教カテゴリに参加しています。応援のクリックを頂けたら嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by beautiful-days777 | 2011-02-06 14:13 | 「ザ・リバティ」より

幸福の科学の教えから、一人ひとりの幸福、そして社会全体の幸福につながるヒントをお届けします。幸福の科学の一会員による未公認ブログです。


by beautiful-days777