こんにちは、幸福の科学です♪

bdays777.exblog.jp
ブログトップ

<   2013年 02月 ( 10 )   > この月の画像一覧

「回天の偉業再び」、そんな新鮮な気持ちを吹き込んでくれる一書であった。
「自己革命」とは、とても難しいことだ。しかし、学問に打ち込んでいた人が行動家に転じてこそ、世直しも、革命も起きるのではないか。
明治維新前夜、「蘭学」や「陽明学」を学んでいた人が実戦に転じてはじめて、現代日本の夜明けがやってきた。
今こそ、悟りをも含んだ、行動する革命思想としての陽明学を再発見すべき時である。

(大川隆法『王陽明・自己革命への道 ――回天の偉業を目指して』〔幸福の科学出版刊〕「あとがき」より)


※「にほんブログ村」宗教カテゴリに参加しています。応援のクリックを頂けたら嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by beautiful-days777 | 2013-02-28 10:21 | 経典より

王陽明・自己革命への道

今回、王陽明に関して霊査した収穫は大きかったといえよう。「仏教」と「儒教」の壁を乗りこえ、さらに、近代の革命思想から、現代のプラグマティズム的な思考まで明確に打ち出されている。
同時に発売される『朱子の霊言』でも言及されているように、王陽明は、大きな文明潮流の転換点にそそり立つ思想的巨人といえよう。
私たちも今、この「知行合一」の精神というか、「悟りからの革命」運動を迫られている立場である。
しっかりと本書の思想を理解吸収するとともに、未来型宗教のあり方を考え直すべき時でもある。そして、宗教者は、実践の中にあって、強く、正しくあらねばならない、と確信すべきであろう。

(大川隆法『王陽明・自己革命への道 ――回天の偉業を目指して』〔幸福の科学出版刊〕「まえがき」より)


※「にほんブログ村」宗教カテゴリに参加しています。応援のクリックを頂けたら嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by beautiful-days777 | 2013-02-25 00:00 | 経典より
わかりやすい切り口で私の教育思想が語られている一冊だと思う。関西校の設立から、さらに幸福の科学大学開学への希望に満ち満ちている内容だ。
学園那須本校への評価も高まりつつあり、自信もついてきている。学園関係の先生方や、生徒たち全員が力をあわせて、素晴らしいものをつくろうと努力してきた結果だと思う。この運動が日本や世界の学校教育をリードするものになることを願ってやまない。
真の宗教を核にした教育こそ、イジメ問題や、教育荒廃に対する最終的な答えだと思う。
力の続く限り、後世への最大遺物(内村鑑三)の一つと思って、学園事業を成し遂げたい。未来を拓く人材の輩出を実現させたく願っている。
私の宝物たちよ、未来に向かって羽ばたいてゆけ。

(大川隆法『教育の使命 ――世界をリードする人材の輩出を』〔幸福の科学出版刊〕「あとがき」より)


※「にほんブログ村」宗教カテゴリに参加しています。応援のクリックを頂けたら嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by beautiful-days777 | 2013-02-22 20:05 | 経典より
すでに教育関連では、『教育の法』『幸福の科学学園の未来型教育』『真のエリートを目指して』(以上、幸福の科学出版刊)などを刊行している。しかし、二〇一〇年の「幸福の科学学園・那須本校」開校に続いて、この二〇一三年の四月に「幸福の科学学園・関西校」を琵琶湖のほとりに開校予定である。ということで、教育思想や教育理念に関する本は一冊でも多いほうがよいと考えて、折々に、学校関係者、教育関係者たちに話してきた内容を、新たに『教育の使命』と題して刊行することとした。教育もやはり「理念」が先行してこそ、実践が伴うものだと考えている。
「イジメ問題」を発端として、学校の創立を決意したが、いささか教育者としても「プロ」の側面が出て来たように思う。私自身も、個人で蔵書十数万冊を有しているほど勉強好きだが、すでに刊行した千点以上の著作のなかでは、英語の参考書も百二十冊ほど出版している(内部限定)。教育は、根性、忍耐、情熱、継続が大切だとつくづく思う、今日、この頃である。

(大川隆法『教育の使命 ――世界をリードする人材の輩出を』〔幸福の科学出版刊〕「まえがき」より)


※「にほんブログ村」宗教カテゴリに参加しています。応援のクリックを頂けたら嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by beautiful-days777 | 2013-02-21 13:20 | 経典より
思いのほか、厳しく、はっきりとした信念をお持ちの方だと感じられた。
過去世で、有名な仁徳天皇の皇子で、允恭天皇であられたことを明らかにされたので、これは、国家の経済政策、財政政策が、再び国民生活を苦しめるものにならないことを願ってのことと思われる。
まことに僭越かとは存じるが、諸外国の代表に無礼なる者もおり、不肖、大川隆法、今上天皇にかわりて、そのご本心の一端なりともお伝え致したく、本書を出版する次第である。

(大川隆法『今上天皇・元首の本心 ――守護霊メッセージ』〔幸福の科学出版刊〕「あとがき」より)


※「にほんブログ村」宗教カテゴリに参加しています。応援のクリックを頂けたら嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by beautiful-days777 | 2013-02-14 12:51 | 経典より

今上天皇・元首の本心

たいへんおそれ多いことではあるが、今夏、韓国、中国などによる、わが国の主権侵害に対し、今上天皇からお言葉を頂けないかと思った。
この国の首相には、あまり重い信頼は置けないので、天皇陛下直々にお言葉を頂戴することができれば、国民も安心し、諸外国に対しての日本の立場も明確にできるのではないかと思う。
予想を超えて、守護霊のメッセージという形で、率直に「元首の本心」を語って頂けたのではないかと思っている。内閣や宮内庁、外務省から事前の検閲は受けていないが、本書によって国益が損なわれることはないと信じている。

(大川隆法『今上天皇・元首の本心 ――守護霊メッセージ』〔幸福の科学出版刊〕「まえがき」より)


※「にほんブログ村」宗教カテゴリに参加しています。応援のクリックを頂けたら嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by beautiful-days777 | 2013-02-10 23:17 | 経典より
早熟の文学的天才であったことは認めるものの、地方出身の私と違って、草花の名前一つ知らず、「名もなき雑草」で片づけてしまう三島は、東京山の手育ちのボンボンで、本来、私とは異世界の存在だと思っていた。しかし、この国の未来を憂えて眺めていた、その「無限遠点」は、意外にも近いところに存在した。
過去世が天孫降臨のニニギノミコトであったなら、使命としては、そう大きくは違わないのかもしれない。
日本以外の諸国民は平和を愛する国民で、日本だけが、憲法九条のオリの中に入れておかねばならない野獣だとする考えは、もう捨て去らねばならない時が来たと思う。
今回の竹島事件、尖閣事件を見ても、韓国さえ、民主主義国家というよりは、ヒステリックな全体主義国家に近く、中国は、文明国にはほど遠い、人治国家であり、軍事独裁国家である正体が明らかになったと思う。本書が国体再考の一助となることを祈る。

(大川隆法『天才作家 三島由紀夫の描く死後の世界』〔幸福の科学出版刊〕「あとがき」より)


※「にほんブログ村」宗教カテゴリに参加しています。応援のクリックを頂けたら嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by beautiful-days777 | 2013-02-09 13:34 | 経典より
私が大学に入学する数年前に、三島由紀夫は、市谷の自衛隊駐屯地で檄を飛ばしたものの、隊員に決起を促すことができず、自決して果てた。今、天才作家 三島由紀夫が、この八月、九月の竹島問題や尖閣諸島問題、中国の激しい反日デモ、領海侵犯などを見たら、「俺の言ってた通りじゃないか。」ときっと言ったことだろう。
私が在籍していた頃にも、教授がその答案の流麗な文章をほめたたえるほどの秀才であり、東大法学部、剣道部の先輩でもあった三島由紀夫。その文学的天才性はつとに認めていたものの、政治思想の結末に同調できなくて、距離を置いていた時間が長かった。今にして思えば、吉田松陰的、先駆的予言者と位置づけるのが正しかろう。心ならずも、三島の未完の事業を私が完成させ、更に、未来社会を拓くための遺言を書き連ねているのかもしれない。高天原から投げかけられた、この「憂国のメッセージ」に合掌!!

(大川隆法『天才作家 三島由紀夫の描く死後の世界』〔幸福の科学出版刊〕「まえがき」より)


※「にほんブログ村」宗教カテゴリに参加しています。応援のクリックを頂けたら嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by beautiful-days777 | 2013-02-08 09:57 | 経典より
龍馬が言いたいのは、本家「維新」はこちらだということだ。嘘つきのマスコミなどいらんと言っているのだ。
この「聖なる怒り」をよく受けとめておくがよい。
私も、NHKが「平壌放送」となり、朝日新聞や東京新聞が本物の「人民日報」に吸収される未来を何とかして変えたいのだ。
対中包囲網をつくっての国防と、さらなる未来産業の育成による経済発展が、この国を護り、栄光へと導くことになるだろう。
信仰は国民を強くし、未来を輝かすための力となるであろう。もっと素直な心で、わが言葉を聞く国民になってほしい。

(大川隆法『坂本龍馬 天下を斬る! ――日本を救う維新の気概』〔幸福実現党刊〕「あとがき」より)


※「にほんブログ村」宗教カテゴリに参加しています。応援のクリックを頂けたら嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by beautiful-days777 | 2013-02-02 11:45 | 経典より
久々の龍馬節である。三年余り前、自民党のあまりのていたらくに腹を立てて、『幸福実現党』を立党した。それ以来、明治維新の志士は、ほぼ総出で、『幸福の科学』、あるいは、『幸福実現党』を応援してくれている。
私は、鳩山民主党政権が天下を取ったら、外交上、国防上の危機が国難として来ること、日本国民に災いが起きることを、旧くは旧約の預言者エレミヤ、近くは、元寇を予告した日蓮の如く、獅子吼したが、マスコミは卑劣にも、「報道の自由」ならぬ、「黙殺の自由」を決めこんだ。左翼マスコミに踊らされた国民は、悪霊に憑かれた豚の群れ(レギオン──新約聖書)の如く、海に飛びこんで溺れ死のうとした。そして日米安保の危機、東日本大震災、竹島、尖閣諸島問題へと続いていく。
今も、大阪の漫才師もどきが、「維新」を語って、マスコミをたぶらかすという「国難」が起きつつある。もういいかげんに目を覚ませ。龍馬の剣が、今、天下を斬る!

(大川隆法『坂本龍馬 天下を斬る! ――日本を救う維新の気概』〔幸福実現党刊〕「まえがき」より)


※「にほんブログ村」宗教カテゴリに参加しています。応援のクリックを頂けたら嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by beautiful-days777 | 2013-02-01 10:12 | 経典より

幸福の科学の教えから、一人ひとりの幸福、そして社会全体の幸福につながるヒントをお届けします。幸福の科学の一会員による未公認ブログです。


by beautiful-days777