こんにちは、幸福の科学です♪

bdays777.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 06月 ( 12 )   > この月の画像一覧

新潮社の写真雑誌『フォーカス』に、出勤前に、当時の練馬の自宅(借家)を出てくるところを「フォーカス」(盗撮)されたのは二十二年前の一九九〇年頃だったろうか。彼らは、早朝から隣家の駐車場に潜み、四人がかりで写真をとりまくった。前日、海外から帰国していたのを、家の灯りがついたのを見て、張り込んでいたらしい。
一人で車を回して来た運転手は、なすすべもなく、ぼう然としていた。私を見送りに出ていた妻も盗撮され、その後、彼らは門から堂々と邸内敷地に入り込んで、家内と一歳の長男しかいない家を、わがもの顔で10分以上撮影し続けた。住居侵入罪で警察に通報したが、おっとり刀で警察官が来たのは40分後で、彼らに十分逃走する時間を与えた。おまけに、『フォーカス』を片手に税務署がやってきたのは、そのしばらく後で、新潮社が国家権力と密接にかかわりつつ、不法取材を続けていることに、ある種の義憤を覚えた。マスコミに対して、善悪の観点から観察者となったのは、その頃からだったろう。
おかげ様でその後、私の車には秘書が同乗することになり、わが家にも秘書部員たち(現・宗務本部)が多数常駐することになった。その後、わが家は二度とプライベートな家庭に戻ることはなかった。
『フォーカス』の四人組の一人は、その後ご出世されたそうだが、駆け出しの酒井現・『週刊新潮』編集長がかかわっていたかどうかは知らない。
本書で私は、週刊誌の編集長に、公人としての、良心と正義を問うている。本日の朝刊では、「消費税上げに三党(民・自・公)合意」の大見出しが出ている。そういえば、私の創立した『幸福実現党』は一貫して消費税上げに反対していた。これからたくさんの会社が潰れ、失業者が街にあふれるのか。週刊誌よ、権力の走狗となることなかれ。

(大川隆法『徹底霊査 「週刊新潮」編集長・悪魔の放射汚染』〔幸福の科学出版刊〕「まえがき」より)


※「にほんブログ村」宗教カテゴリに参加しています。応援のクリックを頂けたら嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by beautiful-days777 | 2012-06-30 21:58 | 経典より
私は愛は憎しみを超えると信じている。
慈悲は世界を救うだろう。
わが言葉が世界の礎となろう。
わが前に平和な未来が開かれるだろう。
なぜなら私は、あなたがたすべてが探し求めてきた、その“光”なのだから。
私はありてあるものである。私は愛の原点である。すべての者に我、希望を授けん。

(大川隆法『イラン大統領vs.イスラエル首相 ―中東の核戦争は回避できるのか』〔幸福実現党刊〕「まえがき」より)


※「にほんブログ村」宗教カテゴリに参加しています。応援のクリックを頂けたら嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by beautiful-days777 | 2012-06-29 10:14 | 経典より
あるいは「年齢」と「経験」という言葉に置き換えられるのかもしれないが、私自身の認識力や見識にもかなりの変化と成長が生じているのだろう。車窓から見える景色がずいぶんと変わってきたのだ。
職員数が五十人に満たず、信者数も数千人規模の初期の頃は、それなりにわきあいあいとして楽しかったし、個人的な働きがいもあった。
今では、説法数千七百回を超え、日本語と二十ヶ国語ほどの外国語で出版された書籍は九百冊に近く、累計出版冊数は「億」の単位である。支部約五百(国内のみ)、正心館等の大施設二十五館以上、布教所約一万ヶ所(国内)、海外約百ヶ国に支部・正心館・拠点を持ち、この六月には、アフリカはウガンダで、サッカー場に数万人を集めて、野外講演会をやる予定である。
私の本心は「地の果てまでも仏法真理を弘めること」のみにある。「不惜身命」の厳しさが、私や弟子をも鍛えてくれていると痛感している。

(大川隆法『舎利弗の真実に迫る ―「釈迦の右腕」と呼ばれた仏弟子の信仰心』〔幸福の科学出版刊〕「あとがき」より)


※「にほんブログ村」宗教カテゴリに参加しています。応援のクリックを頂けたら嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by beautiful-days777 | 2012-06-26 22:43 | 経典より
本書は、釈迦十大弟子の筆頭ともいえる舎利弗の確認を巡っての探究プロセスを明確にしたものである。
正直言って私にとっても、哀しみの眼を持って見つめなくてはならない時間がかなりあった。
もともと私は情にはもろい性格ではある。しかし、後天的な修行によって、理性的合理的頭脳も鍛えている。
本書で立ちあらわれている現象は、幸福の科学という宗教の、「慈悲の宗教」として持つ「優しさ」と、「近代合理性」を持つ「理性的宗教」としての「厳しさ」との間にできた、かすかなすき間に、つけ入って生じたものであろう。
私自身は、かつて愛した者は、今でも愛している。
しかし、救世主としての自覚や責任感、大義が、私自身への自制を強く求めてくるのだ。救いの蜘蛛の糸は、何度か垂らした。その糸が切れてしまうことにも、新しい救いが待っているのかもしれない。

(大川隆法『舎利弗の真実に迫る ―「釈迦の右腕」と呼ばれた仏弟子の信仰心』〔幸福の科学出版刊〕「まえがき」より)


※「にほんブログ村」宗教カテゴリに参加しています。応援のクリックを頂けたら嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by beautiful-days777 | 2012-06-23 14:54 | 経典より
橋下徹氏の守護霊には、維新の志士のように、命を捨てて、大業を成しとげようとする志が感じられなかった。「自分より賢い人が世の中にいるわけがない」と幻惑することに執心しているかのようだ。根底には人間不信と世の中への反抗心が隠れているのだろう。
しかし、いつかは、「本心で語る政治」の大切さがわかる時が来るだろう。そしてマスコミの中にも、真実とは何かを本気で求めている人たちが存在することにも気づくことだろう。
私共、宗教家は、鏡のようなものなので、そこに映った等身大の自分を見つめることで、新しい気づきがあることを信じたい。

(大川隆法『徹底霊査 橋下徹は宰相の器か』〔幸福実現党刊〕「あとがき」より)


※「にほんブログ村」宗教カテゴリに参加しています。応援のクリックを頂けたら嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by beautiful-days777 | 2012-06-19 14:16 | 経典より

橋下徹は宰相の器か

予期していなかった仕事ではあるが、マスコミが橋下大阪市長を「次の総理か?」と一斉に持ち上げ始めたので、国政を過たせないため、また、国民をミスリードさせないため、一石を投じることとした。
橋下市長は、弁論術にたけた、タレント性の高い人だとは思う。しかし、その政治手法は、合気道のように相手が技をかけてきたとき、身をひるがえして勝ったように見せているかのようだ。
一貫して本質は見せなかったというか、甲殻類がタコをかぶったような感じで、「弱みを見せない」というところが、案外に弱みそのものかもしれない。
これはまだ、本当の帝王学を身につけていないため、赤心で人に相対することができないのではなかろうか。
本書が、本人にとって自分を知るきっかけとなり、マスコミにとっても、正論を考える材料になれば幸いである。

(大川隆法『徹底霊査 橋下徹は宰相の器か』〔幸福実現党刊〕「まえがき」より)


※「にほんブログ村」宗教カテゴリに参加しています。応援のクリックを頂けたら嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by beautiful-days777 | 2012-06-16 10:16 | 経典より
死後二週間ほどの人を招霊するというのは異例のことであるが、生前の三重野氏は公人でもあり、その経済政策の正邪を明らかにすることが、今後の日本の針路を明確にする意味でも重要かと思う。
また、今後、財務省、日銀の方向を糺すことにより、政府が経済・財政政策を間違わないことは公益につながると思う。
昨年の菅政権下の東日本大震災、増税法案に執着する野田政権への竜巻被害。天からの警告の意味をよく理解すべきだ。

(大川隆法『平成の鬼平へのファイナル・ジャッジメント ―日銀・三重野元総裁のその後を追う』〔幸福実現党刊〕「あとがき」より)


※「にほんブログ村」宗教カテゴリに参加しています。応援のクリックを頂けたら嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by beautiful-days777 | 2012-06-15 13:36 | 経典より
時代が移り変わってゆく。今の若者には、三重野・元日銀総裁を知らない人も増えているだろう。『バブル潰し』と称して、株価、地価を急落させ、日本に二十年不況をもたらした張本人の一人である。おかげで、日本経済は全く発展せず、昨年はGDPで中国に追い抜かれ、その軍事的覇権におびえている状態である。もし日本経済が順調に発展し、中国の倍もあったら、国の経済力そのものも十分な抑止力となったであろうし、増税法案問題で苦しまなくとも税収は増えていたであろう。官製不況のつけを国民に回すべきではないと思う。
とにかく本書で、「平成の鬼平」とまでたたえられて、マスコミに害毒をまきちらかした人の、神の審判がどうなったか、お知らせできたかと思う。数多くの倒産企業の亡霊たちも浮かばれますことを。

(大川隆法『平成の鬼平へのファイナル・ジャッジメント ―日銀・三重野元総裁のその後を追う』〔幸福実現党刊〕「まえがき」より)


※「にほんブログ村」宗教カテゴリに参加しています。応援のクリックを頂けたら嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by beautiful-days777 | 2012-06-14 17:10 | 経典より
UFO情報後進国であり、ほとんど宇宙人情報鎖国状態にある日本に住む人々のために、おそらくは人類最高の霊能力を持つ著者が、啓蒙活動の一環として著した書物である。
「信教の自由」を、「信じない自由」もある、と解釈するあわれな人々もいるが、もっと心を開かねば、未知なる世界を科学することはできないのだ。
米軍のトップ・シークレットにも迫る内容なので、特殊な装丁にさせて頂いた。
なお、国内では、ほとんど報道されなかったが、「二〇一一年フロリダ沖UFO墜落事件」は、米国三大ネットワークでも報道された事件なので、「タイム・スリップ・リーディング」を行った。日本のマスコミの後れを知って頂ければ幸いである。

(大川隆法『ネバダ州米軍基地「エリア51」の遠隔透視 ―アメリカ政府の最高機密に迫る』〔幸福の科学出版刊〕「あとがき」より)


※「にほんブログ村」宗教カテゴリに参加しています。応援のクリックを頂けたら嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by beautiful-days777 | 2012-06-12 13:10 | 経典より
古来、釈迦のように悟りを開いた人には、「六神通」が備わっていると言われる。人知を超えた六種の自由自在な能力のことで、〈神足通〉〈天眼通〉〈天耳通〉〈他心通〉〈宿命通〉〈漏尽通〉のことを言う。
このうち〈神足通〉は、飛行・変身の能力とも言われるが、実際は体外離脱(幽体離脱)して、地上のあらゆる場所や、能力によっては、宇宙の星々をも視てくる能力である。
また、〈天眼通〉は、衆生の転生の状態を知る能力、または、あらゆるものを見通す能力と言われているが、時空間をも超えた遠隔透視能力と言ってもよいだろう。
本書に語られる「ネバダ州米軍基地『エリア51』の遠隔透視」は、私自身の霊体の一部を飛ばして、UFO目撃情報の多い「エリア51」の地下基地に潜入して視たものをレポートした内容で、〈神足通〉と〈天眼通〉をミックスして使ったものである。私がただの霊媒ではなく、日本の最高秘密兵器(?)でもある事実がわかるであろう。

(大川隆法『ネバダ州米軍基地「エリア51」の遠隔透視 ―アメリカ政府の最高機密に迫る』〔幸福の科学出版刊〕「まえがき」より)


※「にほんブログ村」宗教カテゴリに参加しています。応援のクリックを頂けたら嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by beautiful-days777 | 2012-06-09 10:05 | 経典より

幸福の科学の教えから、一人ひとりの幸福、そして社会全体の幸福につながるヒントをお届けします。幸福の科学の一会員による未公認ブログです。


by beautiful-days777