こんにちは、幸福の科学です♪

bdays777.exblog.jp
ブログトップ

<   2010年 07月 ( 29 )   > この月の画像一覧

信仰教育を基礎に置きつつ、各人が自分の能力に合わせて学力を伸ばし、専門教育へと向かっていくための基礎学力をつける、そのような機関が必要だと考え、私はこの仏法真理塾『サクセス№1』をつくりました。
現在の学校は唯物論や無神論を教えたり、宗教を排除するようなことを教えたりしています。
しかし、家庭教育としての宗教教育と、学校教育や受験勉強は一体のものではなくてはなりません。
『サクセス№1』のねらいには、「仏法真理と子どもの教育面での成長とを一体化させる」ということが根本にあるのです。

(「ヘルメス・エンゼルズ」特別編集『イディアス王国物語(1)』巻末より、大川隆法先生の法話「『サクセス№1』の精神」抜粋)


※「にほんブログ村」宗教カテゴリに参加しています。応援のクリックを頂けたら嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by beautiful-days777 | 2010-07-25 02:07 | 他の不定期刊行物等より
長くリーダーであり続けるためには、そのときそのときの環境の変化や事件など、いろんな状況に合わせて、自分をおさえて、適応(ちょうどよく当てはまること)していく力が必要なんだ。
だから、人間の場合は、自制心という面から見た「リーダー」というのがあるということだ。
動物的な本能や感情に揺り動かされたり、突き動かされて、それを止めることができない人は、みんなの幸せを考えるリーダーとしては、あまりふさわしくないんだ。自分のことしか考えていないために、結局は、他の人々に害を与えたりすることがあるんだね。

(月刊「ヘルメス・エンゼルズ」173号 幸福の科学グループ創始者兼総裁・大川隆法先生「光のことば」自制心(5)「信用のある人になろう」より)


※「にほんブログ村」宗教カテゴリに参加しています。応援のクリックを頂けたら嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by beautiful-days777 | 2010-07-23 02:20 | 「ヘルメス・エンゼルズ」より
諸学問や芸術の中心、根本にあるものは何かと言うと、やはり、宗教や哲学です。そこから、道徳や学問など、さまざまなものが花咲いてくるのです。
「宗教立国を目指す」という幸福の科学の主張は、現時点での国民世論や“マスコミ世論”から見れば、荒唐無稽に思えるかもしれません。「憲法では政教分離が規定されており、政治と宗教を切り離すことで近代が生まれたのだ」という考え方を持っている人は多いでしょう。
しかし、私は、「宗教立国を目指すことが、実は、新しい国のスタイルになるのだ」と考えています。
このスタイルをつくれば、今後、日本の繁栄は永く続いていくでしょうし、日本は、東洋のみならず、世界のリーダーになることができると思います。

(月刊「幸福の科学」282号 大川隆法総裁スペシャル・メッセージ「常識を打ち破れ──『創造の法』講義(3) 宗教立国こそ、世界を導く新しい国家モデル」より)


※「にほんブログ村」宗教カテゴリに参加しています。応援のクリックを頂けたら嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by beautiful-days777 | 2010-07-22 00:44 | 月刊「幸福の科学」より
困難の中にある時、
人は苦悩し、
憔悴(しょうすい)し、
疲れ果てる。
口からは、
否定的な言葉しか出ず、
明日を信じる勇気もなくなる。

しかし、
私は断言する。
あなたに、
蜘蛛(くも)の糸ほどの信仰さえあれば、
仏は、あなたを、
軽々と助け上げられると。

まず、信じなさい。
つぎに、リラックスしなさい。
仏は、必ず、
問題を解決してくださると思いなさい。
仏の救いを信じて、
明るい前向きの心を持ちなさい。
今、与えられていることに、感謝しなさい。

これからは、
無理をせず、
あなたできることを、
ゆっくりとやっていきなさい。
揺るぎない信仰の前に、
困難などないと、信じなさい。

(大川隆法『師弟の道 ──「心の指針」第二集』〔宗教法人幸福の科学刊〕より)


※「にほんブログ村」宗教カテゴリに参加しています。応援のクリックを頂けたら嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by beautiful-days777 | 2010-07-21 00:54 | 講義経典etc.より
誰もが、「これがよい」と言うようなものには、もう、それほど未来はない可能性が高いと考えたほうがよいのです。
「先がどうなるか、まだ右も左も分からない」というようなものに自分を投入して、そのなかに「生き筋」を見つけ、何かをつくり出していくことが、やはり面白いのです。
「その時代、その時代において、新しい発明をしていく。ライバルが対抗して何か新しいことを思いついたら、こちらもまた、次のものを思いついて切り拓いていく」ということが、人生における醍醐味、あるいは起業家としての醍醐味ではないかと思います。
創造性ということ、「新しいものを、世の中に生み出し、つくり出す。今まで人がやっていないことをやる」というのは、思いのほか楽しいことであり、値打ちのあることでもあり、また、重要なことでもあると思います。

(月刊「幸福の科学」281号 大川隆法総裁スペシャル・メッセージ「常識を打ち破れ──『創造の法』講義(2) 世の中に面白いことを付け加えてみよう」より)


※「にほんブログ村」宗教カテゴリに参加しています。応援のクリックを頂けたら嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by beautiful-days777 | 2010-07-20 00:30 | 月刊「幸福の科学」より
「自分をおさえることができる。」というのは、動物的な本能(生まれつき持っている性質)に反していることだから、それだけでも、ほかの人とはちょっと違うんだ。
そして、単に「行動をおさえる。」というだけではなくて、「自分が人に迷惑をかけるようなことをおさえて、さらに、他の人々のために、自分の時間やお金、技能などを少しでも役立てよう。」というふうに自制心が働く人は、自然にリーダーになっていくんだ。
こういうことは、親も学校の先生も、あまり教えてくれないものだ。自制心は、自分の深いところから自然に出てくる場合と、経験して学んでいく場合があるけれども、学校で教わるわけではないんだ。
このように、自制心というのは、意外に、リーダーになっていくための大切な条件でもあるんだね。

(月刊「ヘルメス・エンゼルズ」172号 幸福の科学グループ創始者兼総裁・大川隆法先生「光のことば」自制心(4)「リーダーになるタイプとは」より)


※「にほんブログ村」宗教カテゴリに参加しています。応援のクリックを頂けたら嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by beautiful-days777 | 2010-07-19 00:37 | 「ヘルメス・エンゼルズ」より
さらに、私がみなさんに述べておきたいことは、「プロの道は、数多くの重い責任を背負う道でもある」ということです「どれだけ責任を背負うことができるか」ということが、「あなたが、どのようにプロフェッショナルであるか」ということを意味します。あなたが背負える責任の範囲まで、あなた自身は成長することが可能なのです。
一日一日、毎年毎年、より重い責任に耐えられるように、頑張って努力してください。その人の背負える責任が、その人の人物の大きさを表します。
常に新しいことに挑戦する人は、「もっと重い責任に耐えよう」と挑戦する人でもあります。常に新しいことにチャレンジし、他の人がやったことのないことをし、周りの人が止めるようなことを、あえてやってのけることこそが大事なのです。

(月刊「ヤング・ブッダ」80号 大川隆法スペシャルメッセージ「勇気百倍法(2) プロフェッショナルを目指そう」より)


※「にほんブログ村」宗教カテゴリに参加しています。応援のクリックを頂けたら嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by beautiful-days777 | 2010-07-18 00:55 | 「ヤング・ブッダ」より
霊的にリサーチをしてみると、男女ともに、今世、たまたま、「男に生まれた」「女に生まれた」という場合もあります。
また、現代は、仕事のチャンスがこれだけあるのに、「女性だから」という理由で、使ってもらえないのは、やはり気の毒です。
さらに、次に生まれ変わったときに、どのような環境になっているかは分かりません。

したがって、チャンスは、男女の区別なく平等に与えたほうがよいだろうと思います。

男性は、どちらかというと、期待されないとさびしがる存在ではありますが、女性が働くことによって、もう一段、男性には引き締まっていただきたいと思います。「くだらない亭主」になっていかないように頑張っていただきたいのです。
結局、男女の差別のようなものは取っていき、女性の能力を引き延ばしたいと私は考えています。

(月刊「アー・ユー・ハッピー?」2010年8月号 大川隆法・女性の幸福論「成功する女性リーダーの2つのタイプ」より)


※「にほんブログ村」宗教カテゴリに参加しています。応援のクリックを頂けたら嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by beautiful-days777 | 2010-07-17 00:36 | 「アー・ユー・ハッピー?」より
今、企業が農業に多少入ってくるように努力をしているところではありますが、もう一段の取り組みとして、世界一の技術を持った日本の農業の良さを世界にPRして、その高付加価値の商品については利益を上げさせていく必要があります。また、「大量につくれるものについては、食糧の不足している所に対して、どういうかたちで貢献ができるか」というテーマを、農業に向けて投げていかなければいけません。これらについては政治の力が要ります。
世界では十億人が飢えていると言われているわけですから、本当は食糧が不足しているのです。ですから、安くて安全な農産物を提供できたら、それは非常に助かるし、あるいは農産物を動かすのではなく、技術として輸出する、移転するというかたちも、あり得ると思います。人口が増えているということは、彼らが食べなければいけないわけなので、農業はなくならないし、むしろ需要は増えるはずなのです。
農業は、考え方を変えれば、非常に有望な未来産業の一つなのです。今はそれほどよくないかもしれませんが、将来的な可能性としては、あると思います。

(月刊「ザ・リバティ」2010年8月号 大川隆法・人生の羅針盤「未来創造のためのヒント」(2)「農業の未来をクリエイトする」より)


※「にほんブログ村」宗教カテゴリに参加しています。応援のクリックを頂けたら嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by beautiful-days777 | 2010-07-16 00:12 | 「ザ・リバティ」より
この世に生きている人たち全員を信仰心に目覚めさせること、それが世界宗教の使命である。
盲目の人生を生きている迷える人たちに、光を与え、導きを与えるということ。それが信仰心を授けるということの意味でもある。
かつて私は「あの世にもって還れるものは心しかない」と説いた。今、「天上界にもって還れるものは信仰心しかない」と言いかえる時が来たようだ。
今、必要なのは、本物の信者なのだ。この世の常識や価値観に負けることなかれ。

(大川隆法『選ばれし人となるためには』〔宗教法人幸福の科学刊〕「あとがき」より)


※「にほんブログ村」宗教カテゴリに参加しています。応援のクリックを頂けたら嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by beautiful-days777 | 2010-07-15 00:57 | 講義経典etc.より

幸福の科学の教えから、一人ひとりの幸福、そして社会全体の幸福につながるヒントをお届けします。幸福の科学の一会員による未公認ブログです。


by beautiful-days777