こんにちは、幸福の科学です♪

bdays777.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:大川隆法霊言全集より( 9 )

魅力的な女性

「魅力的な女性とは何か」、この問いに対し、小桜は、自信を持って、いま、お答えすることができます。「愛に溢れた女性である」と。
野に咲く草花でさえ、道を急ぐ人々の心に、「安らぎ」という名の愛を与えているではありませんか。ましてや、人間として、女性として、この世に生を享けた身であるならば、野に咲く草花以上に、世の人々に愛を与える義務があるはずです。
女性の方々は、ともすれば、「愛されることは当然だ。愛されることは権利なのだ」と考えがちなのですが、それは違っています。女性といわず、人間は、「愛される権利」ではなく「愛する義務」を負っているのです。
自己実現として、魅力的な女性になることを願うのは素晴らしいことですが、その目的が、「より多くの人々に愛されるため」であるなら落第で、「より多くの人々に愛を与えるため」なら及第です。
愛に満ち溢れた女性こそ、ほんとうに素晴らしい、魅力的な女性であることを、小桜は、再度、申し上げます。美しくなることや、職業を持つことや、世間の注目を集めることが、決して魅力的なことではないのです。無尽蔵の愛の泉を心の奥に持つ女性こそ、真に「神様の花嫁」と言われるような聖女であり、それが女性の幸せの極致とも言えるのです。

(『大川隆法霊言全集 第27巻』〔宗教法人幸福の科学刊〕第2章「女性論・人生論」〔小桜姫の霊言(2)〕より)


※「にほんブログ村」宗教カテゴリに参加しています。応援のクリックを頂けたら嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by beautiful-days777 | 2010-01-10 16:12 | 大川隆法霊言全集より
「美とは何か」という問いに答えるとするならば、それは、「神の光のなかに、美を司る一つの流れがある」ということなのです。つまり、その美というものを司る方々がいらっしゃるのです。美のための精霊たちがいらっしゃる。美のための神がいらっしゃるのです。
そうしたものは、あらゆる人間の心のなかに流れているのです。
あなたがたは「人間は神の子だ」と教わりました。
神は全知全能です。神は、万能であって、万物のすべてを支配されています。そうである以上、神のお心のなかには、すべてのものがある。すべての性質、一切合切が入っています。
その子供である以上、人間の心のなかにも、神の姿のすべてが入っているのです。その心のなかに、美というものを感ずる魂の面があるのです。魂の切り口があるのです。その魂の切り口が、美を司る高級霊たち、精霊たちの呼吸を感じ取るのです。これが、「美しい」と感じることの、ほんとうの意味なのです。

(『大川隆法霊言全集 第38巻』〔宗教法人幸福の科学刊〕第1章「美とは何か」〔ピカソの霊言〕より)


※「にほんブログ村」宗教カテゴリに参加しています。応援のクリックを頂けたら嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by beautiful-days777 | 2009-12-05 20:24 | 大川隆法霊言全集より

勇気の必要性

勇気なくして、新たな時代が開けたことはありません。勇気なくして、新たな教えが説かれたこともありません。勇気なくして、新時代の精神ができ上がったこともありません。
勇気は、すべてのすべてです。
勇気ありてこそ、新たな時代が開けていくのです。勇気ありてこそ、弟子は師へと近づいていき、やがて、みずからもまた師となり、多くの人たちを導くようになっていくのです。
このときに、みなさんが心掛けねばならぬことがあると私は思います。それは「智慧を伴った勇気である必要がある」ということです。
単なる蛮勇であってはならない。単なる力自慢であってはならない。単なる向こう見ずであってはならない。単に熱意があるだけではならない。
熱意に智慧を加えよ。智慧のある熱意を出しなさい。勇気を持って努力するとき、常に智慧をみずからの内に持て。みずからの近くに持て。智慧ということを何よりも大事なこととしりなさい。
勇気とは、そうしたものなのです。

(『大川隆法霊言全集 第45巻』天照大神の霊言(3)〔宗教法人幸福の科学刊〕第2章「日本を憂う」より)


※「にほんブログ村」宗教カテゴリに参加しています。応援のクリックを頂けたら嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by beautiful-days777 | 2009-12-03 18:28 | 大川隆法霊言全集より
正しい者は強くなければならない。これは私の考えの根本であります。
真実なる者は強くなくてはならない。神の教えは強くなくてはならない。真実を説く者は強くなくてはならない。真実に生きる者は強くなくてはならない。真実を真実と述べることにおいて強くなくてはならない。真理を真理として述べることにおいて強くなくてはならない。勇気を持って生きてゆかねばならない。
決して挫けてはならない。決して妨害におののいてはならない。決して恐れてはならない。決して怯んではならない。決してわなないてはならない。決して臆病になってはならない。
本来、神とは強きものである。強きものが後押しをしておるならば、強きものがあなたがたの傍らにおるならば、何を恐れることがあるであろうか。
私は何度も何度も繰り返して言っておきたいと思う。正しき者は強くなくてはならんのです。真実なるものは世に認められなければならんのです。

(『大川隆法霊言全集第25巻』モーセの霊言(2)〔宗教法人幸福の科学刊〕第1章「暁の章」より)


※「にほんブログ村」宗教カテゴリに参加しています。応援のクリックを頂けたら嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by beautiful-days777 | 2009-07-26 19:53 | 大川隆法霊言全集より
菩薩界や如来界の人たちは、人を愛したり、助けたりするということを、一所懸命、やっておられます。けれども、彼らのうちで、「敵を愛せよ」なんて思っている人は一人もいないのです。分かっていただけますか。
菩薩や如来には敵はいないのです。そういうことなのです。敵ではないのです。「敵を愛せよ」なんて思っていない。「地獄霊とか悪魔というのは敵だけれども、それを愛そう」と思っているかというと、絶対、そんなことはないのです。如来や菩薩の気持ちはそんなものではない。悪魔を敵だなんて思っていないのです。
悪魔は如来や菩薩を敵だと思っています。しかし、如来や菩薩は、相手が悪魔や邪悪な霊であっても、敵だとは思っていないのです。愛すべき神の子だと見て、それを改悛させるべく努力しているのです。決して敵とは思っていません。
だから、これを敵だと認識して、許そう」とするのは、間違っているのです。「悪魔は敵だけど、許そう」とするのは間違っているのです。そうではないのです。敵ではないのです。対立する者ではないのです。ここのところなのです。

(『大川隆法霊言全集 第16巻』〔宗教法人幸福の科学刊〕「第2章 愛に敵なし」〔墨子の霊言〕より)

※「にほんブログ村」宗教カテゴリに参加しています。応援のクリックを頂けたら嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by beautiful-days777 | 2009-06-17 21:06 | 大川隆法霊言全集より
ヨーロッパのほうには、キリスト教民主党とか、そういった宗教的政党もあります。そういう意味で、ほんとうの法に基づく宗教的政党みたいなものが出てきてもいいと思います。
いまの憲法は政教分離を定めていますけれども、ほんとうに正しい法に基づいた宗教であるなら、必ずしも政治から離れる必要はないのです。
かつて、政治と宗教が癒着することによって腐敗した歴史があったものだから、それへの反省を込めて、いま、政治と宗教の分離ということが言われているわけです。これは安全弁ではあるけれども、必ずしも創造的なものを生み出していくための仕組みではないのです。ほんとうにいいものであるならば、宗教が政治のなかに入ってもおかしくはないのです。
宗教と政治との分離というのは、人類の一つの知恵ではありますが、これは決して完全な知恵ではないのですかこれもまた、最悪を防ぐため制度でしかないということです。
いま、政党の話をしましたが、政治家にしてもそうです。もっと信仰ある人たちが政治家となってもおかしくないのです。

(『大川隆法霊言全集 第12巻』〔宗教法人幸福の科学刊〕「第3章 ユートピア国家への道」〔木戸孝允の霊言〕より)

※「にほんブログ村」宗教カテゴリに参加しています。応援のクリックを頂けたら嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by beautiful-days777 | 2009-06-11 15:26 | 大川隆法霊言全集より
もっと大きな石にならにゃいかんわけだ。漬物石みたいに、おけの上に乗っとって満足しとるようではいかんわけだよ。漬物石が漬物石で終わっているのは、「漬物石で事足れり」と思っているからだよ。「漬物石ではいかん」と思やあ、輝いて床の間にあるかもしれんのだよ。漬物石は漬物石で、「われ、これでよし」としているから、漬物石でいるんだよ。そういうこった。
世間の人というのは、決して、その人の功績や業績だけを見ているんじゃないっていうことだよ。いいかな。世間の人は、功績や業績だけを見て評価しているんじゃなくて、その人の気迫、気概、使命感の大きさ、こういう気宇壮大(きうそうだい)さを見て、初めてその人を評価しておるんであって、それで心を揺り動かされ、魂を揺さぶられるんだよな。決して業績じゃないんだ。

(『大川隆法霊言全集 第11巻』〔宗教法人幸福の科学刊〕「第2章 精神世界の維新をなせ」〔坂本龍馬の霊言〕より)

※「にほんブログ村」宗教カテゴリに参加しています。応援のクリックを頂けたら嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by beautiful-days777 | 2009-06-10 15:58 | 大川隆法霊言全集より
人間が人間であるということ、人間が動物でないということ、それはどこに区別があるのでしょうか。人間と動物を区別するもの、それは一つです。人間は価値を求めて行動する動物だということです。
普通の動物は価値を求めません。生存を求めるだけです。
人間は価値を求めます。何らかの価値、言葉を換えていうならば、人生の意義、人生の価値、値打ち、サムシング(何らかの価値あるもの)を生み出すことが大切なわけです。人間として生きている何十年間の人生において、何かを、サムシングを生み出していること、これが人間に課せられた使命ではないでしょうか。
このサムシングは人によって違います。けれども、少なくとも人間は社会的動物である以上、社会的な行為のなかにおいて、政治的な事象のなかにおいて、そのサムシングを実現しなければいけないのではないでしょうか。
哲学的に、宗教学的に、さまざまな価値を生み出すことも可能です。けれども、人間は社会的生活を強いられている存在であります。そうである以上、この社会生活のなかにおいて、サムシングを実現する必要があるのです。何かを実現する必要があるのです。それは些細なことでもよいのです。

(『大川隆法霊言全集 第10巻』〔宗教法人幸福の科学刊〕第2章「理想の政治を目指して」〔リンカーンの霊言〕より)

※「にほんブログ村」宗教カテゴリに参加しています。応援のクリックを頂けたら嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by beautiful-days777 | 2009-02-22 21:00 | 大川隆法霊言全集より
アコヤ貝という貝を、あなたは知っているでしょう。
あのアコヤ貝のなかに砂が入ります。アコヤ貝はそれを苦しみます。彼らは、苦しみ、苦しみ、粘液を出していきます。その粘液を砂のまわりに次第しだいに結びつけていって、やがて、それが丸く美しい真珠となるのです。アコヤ貝が真珠をつくるためには、苦しみが必要なのです。
それと同じように、あなたが、美しい魂を、磨かれた魂をつくっていくためには、苦しみが必要なのです。
苦しみというものは、単に苦しみのためにあるのではないのです。
苦しみとは、より素晴らしいもの、より美しいもののためにあるのだということを、苦しみとは、あなたを鍛える素材であるということを、決して忘れないでほしいのです。
苦しみのための苦しみではないのです。あなたを苦しめようとして苦しみがあるのではないのです。その苦しみのなかで、あなたはより優れた人格を築いていってほしいのです。甘い世界のなかでは、あなたは偉大な人格に育っていくことはできないのです。

(『大川隆法霊言全集 第1巻』〔宗教法人幸福の科学刊〕第2章「人生は一冊の問題集」〔日蓮の霊言〕より)

※「にほんブログ村」宗教カテゴリに参加しています。応援のクリックを頂けたら嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by beautiful-days777 | 2009-02-17 21:06 | 大川隆法霊言全集より

幸福の科学の教えから、一人ひとりの幸福、そして社会全体の幸福につながるヒントをお届けします。幸福の科学の一会員による未公認ブログです。


by beautiful-days777