こんにちは、幸福の科学です♪

bdays777.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:「ザ・リバティ」より( 20 )

世間全体を見ると、一方的に全部の会社や個人が上り坂ということもなければ、全部が下り坂ということもなく、いつの時代でも、比率は変わりますが、上に向いているものと下に向いているものとが同時に存在しています。
ですから、大不況期にも儲けている人が世の中にはいるわけです。本当の大富豪になった人たちはみな、その大恐慌や大不況のさなかに、見事に投資を成功させた人たちなのです。世間一般に、不況とか恐慌とか──「百年に一度の恐慌」とかいう言葉は嘘だったようですが──そういう言葉が飛び交っているときに、見事に投資をピシッと決めた人が、実は、次の時代の富豪や財閥になってくるのです。
貧乏神を追い出して、福の神を味方に付けているかどうかは、まさしく、ここにかかっていると思わざるを得ません。そういう直感的判断にかかっていると思います。

(月刊「ザ・リバティ」2011年6月号 大川隆法・人生の羅針盤「シリーズ家庭を守るためのヒント(3) 貧乏神に負けない考え方(前編)」より)


※「にほんブログ村」宗教カテゴリに参加しています。応援のクリックを頂けたら嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by beautiful-days777 | 2011-05-02 01:32 | 「ザ・リバティ」より
まず、自分の職業的なマイナス面や夫に対する不満が、子供に対する評価に影を落としていないかを、よく点検していただきたいと思います。
そして、「自分にとっては子供が百パーセント」という考え方はやめたほうがいいでしょう。やはり、「子供は、いつかはいなくなるものだ」と思って、それでも自分が生きていけるような何かを持っておくことが、人生の支えになると思います。
子供が、どこか他の星から来た宇宙人みたいなタイプのこともあるかもしれません。いろいろ難しいことはありますが、そのへんは頑張って粘り抜くしかありません。宗教の伝道も粘りですが、子育ても、やはり粘りだと思います。(中略)
いいことも悪いこともありますけれども、なるべくいいことのほうに重きを置いて見ていくことが大事かと思います。心の持ちようや心の“運転技術”を、もう一段上げることが大事であると思います。

(月刊「ザ・リバティ」2011年5月号 大川隆法・人生の羅針盤「シリーズ家庭を守るためのヒント(2) 子育てに悩んでいるヤングママへ(後編)」より)


※「にほんブログ村」宗教カテゴリに参加しています。応援のクリックを頂けたら嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by beautiful-days777 | 2011-04-05 09:58 | 「ザ・リバティ」より
人生の目的として、「何を達成したか」という達成感で幸福度や成功度をはかるという考え方もありますが、そうではなく、「どれだけ、いろんな経験を積んだか」という見方もあるわけですね。「豊富な経験を積むということは、それだけ人生が豊かになった」という見方もあるのです。「人が経験することを、自分もしてみたいな」という気持ちもまた、一つの考え方であると思います。(中略)
予想外のことがいっぱい起きて苦労したり、いろんな体験を積んだりしても、人生、最後まで行って、「いろんな経験を積めた。アクシデントの連続だったけれど、面白い、起伏に富んだ人生だったなと言えることも、また幸福だ」という心境まで達することができたら、「それも、結果としては良かった」という考え方もあるでしょう。

(月刊「ザ・リバティ」2011年4月号 大川隆法・人生の羅針盤「シリーズ家庭を守るためのヒント(1) 子育てに悩んでいるヤングママへ(前編)」より)


※「にほんブログ村」宗教カテゴリに参加しています。応援のクリックを頂けたら嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by beautiful-days777 | 2011-04-04 13:30 | 「ザ・リバティ」より
中国のほうは、要するに、(靖国神社を)脅す材料として使っているだけなので、日本としては、中国に軍事費の拡大に枠をはめるように言ったり、核兵器の削減を申し入れたり、あるいは「中国が日本を抜いて世界第二位の経済大国になったら、国連の分担金も当然、世界第二位でしょうね」ぐらいのことは言わなければいけません。「国連にほとんど金も払わず、拒否権だけを発動している」というのは、許されないことではないかと思います。
多少のディベートと、言われたら言い返すことは必要かと思います。やはり、国家として固有の権利があるということは言わなければいけないと考えます。

(月刊「ザ・リバティ」2011年3月号 大川隆法・人生の羅針盤「靖国問題で大切なこと」より)


※「にほんブログ村」宗教カテゴリに参加しています。応援のクリックを頂けたら嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by beautiful-days777 | 2011-02-06 14:13 | 「ザ・リバティ」より
民主党政権は、やることが後手後手になると思うので、そのつど意見は言うつもりでいますが、いきなり核戦争からは始まりません。国の境界線のあたりで揉めているところを、突如、中国が「ここは中国の固有の領土だ」と宣言して実効支配するようなことから始まります。そのときに、自衛隊が動けるか動けないかということです。安倍元首相のような人のときであれば動くと思いますが、今であれば、たぶん動けないでしょう。
韓国が「北朝鮮に魚雷で撃たれた」と言って国連安保理に提訴しても、中国がノーですから、国連は全然使えない状況なのです。中国が北朝鮮と水面下でつるんでいるので、国連は解決してくれません。やはり、どこかで誰かが毅然として立ち向かわなければいけないでしょう。
われわれは今のところ、政治的な勢力としてまだ十分ではないので、思想・言論が中心ですが、それでも、一つの拠りどころになりつつあります。当会が言ったことによって、お墨付きが与えられて動けたりします。民主党の内部でも、中堅層あたりに、当会の政策のパクリ専門の人がかなりいらっしゃるようで、当会が言っていることを、しばらくしたらやり始める傾向があります。

(月刊「ザ・リバティ」2011年1月号 大川隆法・人生の羅針盤「日本は日米同盟の堅持を(後編)」より)


※「にほんブログ村」宗教カテゴリに参加しています。応援のクリックを頂けたら嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by beautiful-days777 | 2010-12-11 22:15 | 「ザ・リバティ」より
確かに沖縄は、昭和四十年代までアメリカの支配下にありましたし、県として日本のなかに入るということで、沖縄の方々が非常にご苦労されたことも知っています。米軍基地が沖縄に多いことに対し、負担が重すぎると言っていることも、よく分かります。けれども、アメリカは、今のところ、いちおう世界最強国なので、日本にとっては、その世界最強国と同盟を結んでいることが、いちは安全であるのは間違いありません。
やはり、国民全体の安全を考えると、日米同盟は堅持しなければいけませんし、もし、これを破棄するのであれば、破棄するまでの間に日本独自で防衛できる準備をしなければいけないのです。ただ、今の段階でその準備ができているとは、とても思えません。独自防衛ができるめどが立っているのならいいのですが、今、「日米同盟が崩れて、独自防衛もできない」ということになれば、これはもう、いつ何をどのようにされても文句は言えないのです。

(月刊「ザ・リバティ」2010年12月号 大川隆法・人生の羅針盤「日本は日米同盟の堅持を(前編)」より)


※「にほんブログ村」宗教カテゴリに参加しています。応援のクリックを頂けたら嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by beautiful-days777 | 2010-11-08 22:21 | 「ザ・リバティ」より
音楽も、成功するか失敗するかは、けっこう、運に左右されるところがある世界です。(中略)あの世にも音楽系の指導霊はいるんですよ。やはり、何らかのそうした霊感を得た曲に人気が出ることは多いのです。天上界には、天上界のメロディーはたくさんあり、これからブレイクする音楽もいっぱいあります。それを引いてくることができれば、大ヒットを出すことはできるのです。そういう意味では、インスピレーションを得る方法を手に入れるのは、ものすごく大きなことです。(中略)
芸術家系の魂を持った人は、割に、当会に惹かれてくる人が多いのです。やはり、インスピレーションを受けやすい人が多いのだろうと思います。それがないと、絵だろうが彫刻だろうが音楽だろうが、いいものができないのだろうと思います。

(月刊「ザ・リバティ」2010年11月号 大川隆法・人生の羅針盤「未来創造のためのヒント」(5)「大ヒットする曲のつくり方」より)


※「にほんブログ村」宗教カテゴリに参加しています。応援のクリックを頂けたら嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by beautiful-days777 | 2010-10-02 16:00 | 「ザ・リバティ」より
経営者なども、孤独の時間を持たないと、ある意味で、やはり駄目なのです。経営者は、いつも忙しく働かなければいけないし、忙しくお客さまのところを訪問しなければいけない。これは至上命題でしょうが、また逆に、エネルギーを充電しなければいけないのも事実です。
孤独の時間を持たない人は、やはり創造性が足りなくなってきます。インスピレーションが足りず、新しい製品や商売、サービスなど、いろいろなことを考えつくうえで後れを取ります。非常に難しいのですが、静的な部分と行動的な面と、人間にはどうしても両方必要なのです。

(月刊「ザ・リバティ」2010年10月号 大川隆法・人生の羅針盤「未来創造のためのヒント」(4)「忙しい人ほど孤独の時間を持とう」より)


※「にほんブログ村」宗教カテゴリに参加しています。応援のクリックを頂けたら嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by beautiful-days777 | 2010-09-01 00:57 | 「ザ・リバティ」より
未来については、今言ったようにロボット系や、航空・宇宙関連、それから海の中、地中関連の研究は、まだまだ進んでいくであろうと思います。
そして、キーワードとしては、要するに、「自分たちが人命を失わないようにしながら、何かができるようなものが欲しい」という方向と、「時間をセーブ(節約)でき、時間をつくり出せるようなものが欲しい」という方向に動いていくでしょう。子供が今、想像するようなロボットは、百年以内にほとんどできるでしょう。そのことは予言できます。私の予言が、お宅の会社にズバリ影響するかどうかは知りませんが、未来は、そういう社会です。私も次回地上に生まれるときは、何かのロボットを通じて説法するようになっているかもしれません(笑)。
未来はそういう方向にあり、ものづくりは、やめてはなりません。「ものをつくらずに、架空の数字ばかりいじる人が増えたら危ない」ということは、警告しておきたいと思います。

(月刊「ザ・リバティ」2010年9月号 大川隆法・人生の羅針盤「未来創造のためのヒント」(3)「製造業の未来はこうなる」より)


※「にほんブログ村」宗教カテゴリに参加しています。応援のクリックを頂けたら嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by beautiful-days777 | 2010-08-03 18:48 | 「ザ・リバティ」より
今、企業が農業に多少入ってくるように努力をしているところではありますが、もう一段の取り組みとして、世界一の技術を持った日本の農業の良さを世界にPRして、その高付加価値の商品については利益を上げさせていく必要があります。また、「大量につくれるものについては、食糧の不足している所に対して、どういうかたちで貢献ができるか」というテーマを、農業に向けて投げていかなければいけません。これらについては政治の力が要ります。
世界では十億人が飢えていると言われているわけですから、本当は食糧が不足しているのです。ですから、安くて安全な農産物を提供できたら、それは非常に助かるし、あるいは農産物を動かすのではなく、技術として輸出する、移転するというかたちも、あり得ると思います。人口が増えているということは、彼らが食べなければいけないわけなので、農業はなくならないし、むしろ需要は増えるはずなのです。
農業は、考え方を変えれば、非常に有望な未来産業の一つなのです。今はそれほどよくないかもしれませんが、将来的な可能性としては、あると思います。

(月刊「ザ・リバティ」2010年8月号 大川隆法・人生の羅針盤「未来創造のためのヒント」(2)「農業の未来をクリエイトする」より)


※「にほんブログ村」宗教カテゴリに参加しています。応援のクリックを頂けたら嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by beautiful-days777 | 2010-07-16 00:12 | 「ザ・リバティ」より

幸福の科学の教えから、一人ひとりの幸福、そして社会全体の幸福につながるヒントをお届けします。幸福の科学の一会員による未公認ブログです。


by beautiful-days777