こんにちは、幸福の科学です♪

bdays777.exblog.jp
ブログトップ

自然に、自ら咲かせるべき花を咲かせよ

本来の自由とは何かというと、「ダリアの球根にはダリアの花が咲き、桜の木には桜の花が咲き、アサガオの種をまけばアサガオが咲くように、ごく自然に、神が予定している美しき調和の姿を現す」ということです。
何ゆえに、他の人の存在によって、介在によって、その価値観によって、自分をねじまげようとするのか。なぜ、アサガオの蔓(つる)にユリの花を咲かそうとするのか。なぜ、ユリの茎に菊の花を咲かそうとするのか。
そんなことをせずとも、それぞれの花は、それぞれに美しく咲いている。それでよいのだ。
スミレが、いったい、どれほどの仕事をしているかということは、定かではないけれども、スミレは、大いなる宇宙の摂理の下(もと)に、神の命(めい)の下に、「スミレであり続ける」ということを願いとし、スミレの使命を実現するために、見事な花を咲かせ、そして、その場所が、野原であろうが、山であろうが、岩場であろうが、それを厭わずに、ただ無心に咲いている。
こういう純粋さを、人間は、いつ忘れたのでしょうか。
スミレがスミレの花を咲かせるために、いったい、いかなる制約があったでしょうか。どのようなものが邪魔をしているのでしょうか。
そんなことを、スミレは、おそらく考えていないでしょう。「風が吹いたから花を咲かせられない」とか、そんなことは考えていない。ごく自然に伸びていかんとして伸びている。そういう姿があるはずです。

(大川隆法『ユートピア価値革命』〈宗教法人幸福の科学刊〉第4章「未来型人間とは」より)


※「にほんブログ村」宗教カテゴリに参加しています。応援のクリックを頂けたら嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by beautiful-days777 | 2009-12-08 17:40 | 講義経典etc.より

幸福の科学の教えから、一人ひとりの幸福、そして社会全体の幸福につながるヒントをお届けします。幸福の科学の一会員による未公認ブログです。


by beautiful-days777