こんにちは、幸福の科学です♪

bdays777.exblog.jp
ブログトップ

大川隆法×大川紫央『太陽に恋をして―ガイアの霊言』

本書をご一読されて、その内容をどう思われたでしょうか。
本書を通して、最もお伝えしたかったことは、はるかはるか昔、「造物主」と呼ばれる方が確かに存在したということ、そして私たち人類をはじめ、生きとし生けるものすべてがその方によって創られたる存在であるということです。
そのような神に創られた存在であるからこそ、私たち一人ひとりが尊きものであると言えるのです。学校教育で教わる「私たちは誰一人例外なく、その命は尊きものである」という道徳的価値観は、実はこの真実があるからこそ生まれてくる価値観です。その真実を認めずして「命の尊厳」やその他の道徳的価値観をいくら叫んでも、それは薄っぺらなものでしかなく、本当の意味、本当の尊厳を知らずして叫んでいるとしか言えません。
本書は、「創世記」の概念を大きく変える一書となると思います。
また、神を嘲笑い、目に見えぬもの、霊的価値観を理解することができない唯物論の思想にも真っ向から対峙するものでもあると思います。
しかし、真実は真実。この真実をどうか一人でも多くの方に知っていただきたいです。
そして、今、また「太陽」が再びその姿を現し、真理を説いてくださっていることも真実です。
「始原の神」は、私たちに、その始まりの時から今もなお、絶え間なく愛を降り注いでくださっています。
この本を通して、みなさまに少しでもその「始原の神」からの愛を感じていただくことができれば幸いです。
最後に、このような機会をいただきましたことに心から感謝申し上げます。

(大川隆法×大川紫央『太陽に恋をして ――ガイアの霊言』〔幸福の科学出版刊〕大川紫央「あとがき」より)


※「にほんブログ村」宗教カテゴリに参加しています。応援のクリックを頂けたら嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by beautiful-days777 | 2013-03-03 15:24 | 経典より

幸福の科学の教えから、一人ひとりの幸福、そして社会全体の幸福につながるヒントをお届けします。幸福の科学の一会員による未公認ブログです。


by beautiful-days777