こんにちは、幸福の科学です♪

bdays777.exblog.jp
ブログトップ

現代のインテリたちに「無知の知」を教える

だいたい守護霊が、自分自身が霊界に住んでいる霊であることを自覚していないのが、唯物論者、唯脳論者、共産主義的人間の特徴である。
あわれというしかない。守護霊の存在は、西洋的学問の祖ともいうべきソクラテスの思想を理解する上でも必須である。守護霊(神)ダイモンの声に忠実に生きたため、ソクラテスは古代ギリシアの神々を軽んじ、青年を惑わした罪によって「死刑」を命じられ、毒杯をあおいで、従容として死んでいったのである。
どちらが「真理」に対して忠実であるかどうか、それは、いずれ歴史が証明するだろう。私が続々と「霊言」を出し続けているのは、現代のインテリたちに「無知の知」を教えるためでもある。どのように反発されようとも、マスコミがどちらを味方しようとも、「正しいものは正しい。」のである。

(大川隆法『大江健三郎に「脱原発」の核心を問う ―守護霊インタビュー―』〔幸福の科学出版刊〕「あとがき」より)


※「にほんブログ村」宗教カテゴリに参加しています。応援のクリックを頂けたら嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by beautiful-days777 | 2012-12-26 10:17 | 経典より

幸福の科学の教えから、一人ひとりの幸福、そして社会全体の幸福につながるヒントをお届けします。幸福の科学の一会員による未公認ブログです。


by beautiful-days777