こんにちは、幸福の科学です♪

bdays777.exblog.jp
ブログトップ

この国を救うのは勇気ある正論と実行力

常々、私は正論を貫き通せと言い続けている。それを実践してみせるのが、信仰ある者の姿である。
日蓮は、『立正安国論』で、正法が広まらなければ、地震、飢饉、疫病に始まって、内憂・外患に国が襲われることを幕府に諫言し、その結果、鎌倉は由比ヶ浜で首をハネられかけ、その後、佐渡ヶ島に流罪となった。
やがて、予言が的中し、二度の元寇に肝を冷やした鎌倉幕府は、日蓮を赦免した。その八百年後も日蓮宗系が政治に熱心な理由がここにある。
すべからく宗教者は、時代を超克せねばならぬ。この国を救うのは、勇気ある正論と実行力だ。チャイナが正しい国なら、私は、ナアナア主義の平和論も、商売のため目をつぶれというバカ左翼ジャーナリズムも、少しは理解できる。しかし、彼らの正体は、未開の海賊国家である。世界が善に向かうのを望むなら、「一喝」が必要である。

(大川隆法『ジョーズに勝った尖閣男――トクマとの政治対談』〔幸福の科学出版刊〕「あとがき」より)


※「にほんブログ村」宗教カテゴリに参加しています。応援のクリックを頂けたら嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by beautiful-days777 | 2012-12-11 17:56 | 経典より

幸福の科学の教えから、一人ひとりの幸福、そして社会全体の幸福につながるヒントをお届けします。幸福の科学の一会員による未公認ブログです。


by beautiful-days777