こんにちは、幸福の科学です♪

bdays777.exblog.jp
ブログトップ

「核」の問題は日本が転落するかどうかの分岐点になる

私は学生時代、政治学者・丸山眞男の弟子たちが教員をする東大法学部政治学科におりながら、何となく波長が合わなかった。なぜか清水幾太郎に心魅かれた。その理由は、本書を読み返してみて納得した。
私は行動し、発言する思想家にあこがれつつも、あくまでも「真理」に対し忠実な人間として生きたかったのだ。
私の中には、宗教家でありながら、闘う社会学者の血も流れているのだろう。
「核」の問題は、日本が二流国、三流国に転落するかどうかの分岐点になるだろう。そしてそれは、日本が侵略され、植民地化されるかどうかとも関係してくるだろう。「真理」の奥にある「勇気」と「行動」に、再び光をあててみたいと思う。

(大川隆法『核か、反核か ――社会学者・清水幾太郎の霊言』〔幸福の科学出版刊〕「あとがき」より)


※「にほんブログ村」宗教カテゴリに参加しています。応援のクリックを頂けたら嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by beautiful-days777 | 2012-10-13 14:09 | 経典より

幸福の科学の教えから、一人ひとりの幸福、そして社会全体の幸福につながるヒントをお届けします。幸福の科学の一会員による未公認ブログです。


by beautiful-days777