こんにちは、幸福の科学です♪

bdays777.exblog.jp
ブログトップ

日本侵略の国難は、すぐそこに迫っている。

私が製作総指揮した実写映画『ファイナル・ジャッジメント』が公開されたのは今年の六月である。今は世界各国語に翻訳されてフィリピンをはじめ、何十カ国もで上映され、大評判である。
しかし、「近未来予言映画」「日本占領! 日本奪還!」とキャッチコピーを打ったこの映画は、日本のマスコミではほぼ黙殺された。ベストテン上位を続けていたにもかかわらず、だ。非現実だと思われたのだろう。今、そこにある危機から目をそむけるのは、政治家もマスコミも同じだ。民主党政権は、はっきり言って外国からなめられている。主権国家としての体をなしていないからだ。
この十月には、『ファイナル・ジャッジメント』のテーマを、さらに拡大して、アニメ映画『神秘の法』として上映する予定である。全国民必見である。日本侵略の国難は、すぐそこに迫っている。石原氏の存在自体が抑止力であるように、我々も持てる力を結集して、国難に対抗したいと決意している。

(大川隆法『守護霊インタビュー 石原慎太郎の本音炸裂』〔幸福の科学出版刊〕「あとがき」より)


※「にほんブログ村」宗教カテゴリに参加しています。応援のクリックを頂けたら嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by beautiful-days777 | 2012-09-29 11:10 | 経典より

幸福の科学の教えから、一人ひとりの幸福、そして社会全体の幸福につながるヒントをお届けします。幸福の科学の一会員による未公認ブログです。


by beautiful-days777