こんにちは、幸福の科学です♪

bdays777.exblog.jp
ブログトップ

芥川龍之介が語る「文藝春秋」論評

芥川龍之介という作家は、日本のみならず、海外にまで翻訳作品が出されて有名な方である。夏目漱石や森鴎外を別格とするとしても、小説の神様的位置付けで現代人はとらえていることだろう。
私は、東大文Ⅰ時代、『されど われらが日々──』という安保世代をテーマにした小説で「芥川賞」作家ともなった柴田翔助教授(後の東大文学部長)からドイツ語を直接教わった者である。彼は、ジーパン・ルックで授業をしながら、時折フッと中空を眺めているような、寂寥感の漂う、神秘的な先生であった。芥川賞作家の存在を間近で感じながら、ドイツ文学の日本語訳を発表する際は、柳生石舟斎と宮本武蔵が、茶席で出会ったかのような、一瞬の緊張感が教室をよぎった。
それほど権威のあった賞のもとになった芥川龍之介も、三十五歳の若さで早世していたのだ。一高時代からキリスト教文献に親しみ、養家芥川家の人々の反対で、吉田弥生との結婚が、失恋に終わった時、彼も地獄を観た。
吉原に通い、官能に救いを求めたが果たせず、養家への間接的な反逆をなすにとどまった。
龍之介は、このみじめさから脱するために、『旧約聖書』の「詩篇」や『新約聖書』の四福音書、「使徒言行録」を読みふける。やがて『帝国文学』に「羅生門」を発表することによって、苦悩を糧として文学世界を切り拓いていく。
芥川龍之介は、『新約聖書』において示されたキリスト教的な愛としての「アガペーの愛」、すなわち「神への愛」を十分に知り尽くした人であった。
今、芥川賞を選考する人たちに、「アガペー」がわかるのか。文藝春秋社に「神への愛」がわかるのか。仏教をもよく解した龍之介の「蜘蛛の糸」がわかるのか。本書はそれを問うための、公開霊言である。

(大川隆法『芥川龍之介が語る「文藝春秋」論評』〔幸福の科学出版刊〕「まえがき」より)


※「にほんブログ村」宗教カテゴリに参加しています。応援のクリックを頂けたら嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by beautiful-days777 | 2012-08-15 12:14 | 経典より

幸福の科学の教えから、一人ひとりの幸福、そして社会全体の幸福につながるヒントをお届けします。幸福の科学の一会員による未公認ブログです。


by beautiful-days777