こんにちは、幸福の科学です♪

bdays777.exblog.jp
ブログトップ

アメリカ発新宗教「モルモン教」の知られざる霊的真実!

アメリカという国は不思議な大国だ。資源に恵まれながらも、建国後200年ばかりの歴史しかない。少数民族のインディアンを追い散らしながら西部開拓をし、太平洋へと進出していったこの大国には、何らかのレーゾン・デートル(存在根拠)としての「ウルトラC」が必要であったろう。
その方便の一つが、19世紀半ばに興った「モルモン教」であろう。モルモン教徒には、真面目で、礼儀正しく、親切な人も多いので、悪く言うつもりはない。
復活後のイエス・キリストが、もしアメリカ大陸に渡っていたら? そして、白人に土地を奪われていったインディアンたちが、過去にアメリカ大陸のキリスト教徒を絶滅させた原罪(カルマ)を持っていたとしたら? ホワイト・アメリカンたちは枕を高くして眠れることだろう。これを「救い」と称するか、「すりかえ」と称するか。宗教的良心が問われることだろう。

(大川隆法『モルモン教霊査 ―アメリカ発新宗教の知られざる真実』〔幸福の科学出版刊〕「あとがき」より)


※「にほんブログ村」宗教カテゴリに参加しています。応援のクリックを頂けたら嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by beautiful-days777 | 2012-03-24 11:28 | 経典より

幸福の科学の教えから、一人ひとりの幸福、そして社会全体の幸福につながるヒントをお届けします。幸福の科学の一会員による未公認ブログです。


by beautiful-days777