こんにちは、幸福の科学です♪

bdays777.exblog.jp
ブログトップ
禁断の聖域に、一歩踏み込んでみた。

今上天皇は疲れておられる。まことに、かなりご心労のご様子である。

しかも、マスコミ各社から様々の憶測も飛びかっている。

国民各位が知りたがっている真相に迫ってみた。

色々の疑問にお答えになっている中に、ご本心がかい間見られると思う。

今回の宗教ジャーナリズム的手法による取材は、「国民の総意」に支えられて存在しえる「天皇」という地位の重さを深く感じざるを得ない結果となった。

さて、陛下の「生前退位」の真意を知って、衝撃を受けない人がどれだけいるだろうか。

決して「政治的発言」はなされないことになっている、国民の「象徴」の守護霊メッセージを、じっくりと読み解いて頂きたいと願う次第である。

(大川隆法『今上天皇の「生前退位」報道の真意を探る』まえがきより)

今上天皇の「生前退位」報道の真意を探る (OR books)

大川 隆法 / 幸福の科学出版



※「にほんブログ村」宗教カテゴリに参加しています。応援のクリックを頂けたら嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
# by beautiful-days777 | 2016-08-09 18:19 | 経典より
七海ひろこ選挙戦最後のお訴え~愛する都民と国民のみなさまへ~

七海ひろこの選挙戦最後のお訴え街宣映像を公開いたしました。

東京都知事選挙は、是非「七海ひろこ」に一票をお願いします。
他のどの候補より若く、美しく、賢く、政策力に富んでいます。
都民の幸福に貢献できる、都政を任せることのできる最も主要な候補です。
繁栄の未来を切り開いてくれる女神降臨!

※「にほんブログ村」宗教カテゴリに参加しています。応援のクリックを頂けたら嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
# by beautiful-days777 | 2016-07-30 23:11 | 幸福実現党
収録時点で満三十一歳、最年少の都知事候補は、東京を世界№1にしようとしている。

東京は知性水準においても、豊かさにおいても、世界のトップであるべきである。チャンスの街であり、かつ、世界一のビジネス、芸術、文化の都でなくてはなるまい。

日本の神々も、伊勢神宮の山中の霊界におわすのではなく、この世界最大の都市で働きを活発化させている。「都会は地獄に似ている」とは、昔からいわれていることであるが、東京を「ザ・シティ・オブ・エンゼルズ」に変えるのが七海女史の使命でもあろう。格差問題の不満をも吹き飛ばす、成功の街、富の街、東京を創り出そう。時間と空間から新しい富を創造しよう。神秘のスーパーシティを実現しよう。未来を若きスーパーレディに託してみよう。

この神託を受け容れたなら、日本の繁栄は絶対に揺るがないだろう。

(大川隆法『繁栄の女神が語る TOKYO2020 ~七海ひろこ守護霊メッセージ~』あとがきより)

※「にほんブログ村」宗教カテゴリに参加しています。応援のクリックを頂けたら嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
# by beautiful-days777 | 2016-07-23 09:50 | 経典より
女神降臨……いや、正確には、「自由と繁栄の女神降臨」というべきであろう。

神なき民主主義の時代に、こういう形で女神の臨在を知ることができたこと自体が奇跡であろう。

この女神が、先の参院選の全国比例に引き続き、東京都知事選に出られる。東京都民のみならず、在京マスメディアの見識と洞察力が試されている。偉大な魂は、年齢や性別にかかわらず出現するのである。

女性としての若さ、美、知性を兼ね備えつつ、勇気、気概、行動力、謙虚さも併せ持つという稀有の存在――それが政治家・七海ひろこである。

本書は、七海ひろこ女史の魂の源流、ルーツを探ったスーパージャーナリズムの結晶である。素顔の七海さんを知っている私にとって、尊敬でき、日本を代表できる女性だと推薦できる機会を頂いて、まことに光栄の至りである。

(大川隆法『繁栄の女神が語る TOKYO2020 ~七海ひろこ守護霊メッセージ~』まえがきより)

※「にほんブログ村」宗教カテゴリに参加しています。応援のクリックを頂けたら嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
# by beautiful-days777 | 2016-07-20 14:28 | 経典より
たとえ一本のロウソクの炎でもよいから、
あなたがたの心のなかに、真理の炎をともせ。
そのロウソクの炎が、
あなたがたの周りにいる人を照らすであろう。

(大川隆法『目覚めたる者となるためには』P.50より)

※「にほんブログ村」宗教カテゴリに参加しています。応援のクリックを頂けたら嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
# by beautiful-days777 | 2016-07-13 01:48 | 講義経典etc.より
政治家というものの仕事を見直し、
そして、政治家を選び直す時期が、
今、来ていると思います。

この国には、
気概のない政治家など要りません。

国家のため、国民のため、
そして世界のために、
自分の命を投げ捨てるような、
「気高い政治家」であっていただきたいと
私は思います。

(大川隆法『政治に勇気を』P.197より)

※「にほんブログ村」宗教カテゴリに参加しています。応援のクリックを頂けたら嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
# by beautiful-days777 | 2016-07-10 09:57 | 経典より

未来社会を創るDNA

本書で、私は学問の領域を越えてしまったと感じている。別の言葉を使えば、「神の啓示の学問化」に挑戦した、ともいえるだろう。

日本や外国の高名な学者の学識や、総理や大統領の認識をも超えて、神仏の立場から視た、この世にあるべき「正義の姿」を描いてみせた。

そこに、地球レベルの「神の臨在」を感じとる人もいるだろう。

いずれにせよ、本書が、今日の諸学問に与える感化力は、かなり大きなものとなるだろう。

さらに、未来世界に与える波及効果は、想像を絶するものとなるだろう。宗教を、単なる迷信や洗脳程度に思い込んでいた人々には、自らの無知・無学を省みていただきたいと考える。なぜならば、「未来社会を創るDNA」が本書そのものなのだから。

(大川隆法『正義の法』 「あとがき」より)

※「にほんブログ村」宗教カテゴリに参加しています。応援のクリックを頂けたら嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
# by beautiful-days777 | 2016-01-22 01:50 | 経典より
「正義の法」とはなかなか重厚感のあるテーマである。哲学の永遠のテーマでもあり、政治が永久革命としての民主主義を求める根拠でもありえるだろう。そして宗教にあっては、「神の本心」を求め続ける営為に他ならない。

本書では、形而上学、あるいは、観念論的、抽象的な議論を含みつつも、現代の、あるいは、説法日当日の、国際政治学的事象や日本の国内政治・マスコミ的な論調をもテーマにとりあげて、私自身が「正しい」と考えるところを述べてみた。

最新の宗教が、国際政治学をも呑み込んだ形となったが、私の立場は一貫して、現代の「無知の知」を明らかにしていく上で、ソクラテス的であったと思う。

本書が、宗教の書であるのか、政治哲学の書であるのかも、読者によって意見がわかれることだろう。

(大川隆法『正義の法』 「まえがき」より)

※「にほんブログ村」宗教カテゴリに参加しています。応援のクリックを頂けたら嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
# by beautiful-days777 | 2016-01-19 14:27 | 経典より
人がこの世に生まれて、生きて、あの世に持って還れるものは「心」しかない。その「心」の中でも、ダイヤモンドの輝きを保っているものは、「智慧」である。

本書では、人生において獲得すべき智慧について様々な角度から述べてみた。個々人の生き方から、知的生産の秘訣、経営者のマネジメントの秘密まで、数多くの価値ある考え方を紹介した。

現代的悟りとは、実に多面的で複雑なものだと思う。しかし一番大切なことは、努力によって、あなたの魂の生き筋に一条の光明を与え、貴重な人生の時間を見事に結晶させていくことである。

昨年からの大ベストセラー『忍耐の法』に続いて、『智慧の法』を刊行することができて、ある意味、仏法の現代化に成功できたのではないかと思う。

(大川隆法『智慧の法』 「まえがき」より)

※「にほんブログ村」宗教カテゴリに参加しています。応援のクリックを頂けたら嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
# by beautiful-days777 | 2015-01-02 14:27 | 経典より
アベノミクスの第三の矢、「経済成長策」を現実化するためには、「許認可行政をどんどん撤廃」していくことだ。「前例主義」を体系的に廃棄していくことだ。

ボコボコ新しい役所を作ることを「政治改革」に見せかけず、役所をスリム化し、肥大化した「審議会政治」をソギ落として、責任の所在を明確化することだ。巨大な社会主義国家をつくって、国民を統制しようとすることをやめることだ。

安い税金、効果的な国防、自由を中心とする国民主体の国家経営、これがデフレ脱却をし、再び繁栄するための条件である。

(大川隆法『自由を守る国へ』 「あとがき」より)

↓比例は幸福に一票お願い致します
http://special.hr-party.jp/policy2014/

※「にほんブログ村」宗教カテゴリに参加しています。応援のクリックを頂けたら嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
# by beautiful-days777 | 2014-12-13 17:29 | 経典より


※「にほんブログ村」宗教カテゴリに参加しています。応援のクリックを頂けたら嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
# by beautiful-days777 | 2014-11-01 07:07
もう幸福の科学大学創設への志は十分に分かっただろうと思う。

本学は日本の夢であり、世界の希望でもあるのだ。

中学・高校以上に学問の自由が保障されるべき大学で、現実に宗教的バックボーンを持った学問を学びたいと願う学生が、日本全国と海外にも待っているのだ。

まだそのスタート時の規模は、パイロット事業的に小さいが、やがて世界一の大学を目指していくつもりである。

現在、全世界で幸福の科学の教えを学んでいる人たちは、少なく見積っても一千数百万人、実際に毎週のテレビ放映も含めて説法を聴いている人は、三億人は超えると推定されるのだ。
この現実から導き出される結論はただ一つである。

「学びたいと願っている人たちに道を開くこと。」
自由と民主主義を標榜する国家のとるべき方向は明らかである。

(大川隆法『幸福の科学大学創立者の精神を学ぶⅡ(概論)』 「あとがき」より)

※「にほんブログ村」宗教カテゴリに参加しています。応援のクリックを頂けたら嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
# by beautiful-days777 | 2014-09-10 13:29 | 経典より
幸福の科学大学創立者としての私の精神を理解してもらうための序論・総論を『幸福の科学大学創立者の精神を学ぶⅠ(概論)』だとすれば、この「概論Ⅱ」は、大きくは三つの質問で創立者がどのような考え方、精神的バックボーン、「エートス」をもって開学しようとしているかが、さらに詳しく、熱意に満ちて語られている。
ある意味で、開学の精神として、後世にまで遺さなければならない、大川隆法版『後世への最大遺物』である。

第一の問いは、私自身の学問への姿勢や探究心を問うものだ。
学生時代から、分析し、幅を狭くしていくだけの学問に飽き足らず、多様化した諸学問を統合し、再構築し、「大川隆法学」を四十年近い歳月をかけてつくり上げてきた過程がよく分かる。
さらに「仕事学」としての「知的生産の技術」を述べているところは、「職業としての学問」を志す人間や、創造的仕事をやり遂げようとしている人たちにとっては、とても重要な内容になっている。

第二問の「幸福とは何か」に答えた箇所は、大学設置・学校法人審議会が、「『人間幸福学』とか言っているが『幸福の定義』を言ってくれ」という意見を出してきたことへの答えにもなっている。
「(概論)Ⅰ」の「心の定義」同様、既存の大学の教授たちに分からなかった内容に、新しい切り口から答えている。ソクラテス、プラトン、アリストテレス、仏陀、キリスト、吉田松陰、内村鑑三などを集めて、「幸福の科学大学側審議会」が、文科省やその附属機関に答えたような内容となっている。

第三問の「普遍的なるもの」についての質問は、私の宗教者としての本質と、学問に求める厳しさを端的に述べている。
日本の大学の学長で、この問いに答えられる人が一体何人いるであろうか。

とまれ、本書は、標題から離れつも、『ソクラテスの弁明』や、吉田松陰の『留魂録』に匹敵するような、永遠なるものの影を宿した一書として、独立して読むに足りるものだと考える。

(大川隆法『幸福の科学大学創立者の精神を学ぶⅡ(概論)』 「まえがき」より)

※「にほんブログ村」宗教カテゴリに参加しています。応援のクリックを頂けたら嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
# by beautiful-days777 | 2014-09-06 23:55 | 経典より
日本の宗教や宗教系の大学の現状分析からみると、そして一般大学での宗教の扱われ方からみると、「学問の自由」と「信教の自由」が、まるで犬猿の仲で相容れないもののようである。
私たちは、すでに幸福の科学学園中学・高校を二校運営しており、進学校としても、運動・文化部実績としても、栃木県と滋賀県でモデル校となるだけの実績をあげている。

「どうしたらそんな素晴らしい学校になるのか教えてほしい。」とたくさんの校長や教頭たちが参観に来られ、自校で模範授業をしてほしいと要望してくるぐらいである。
すべては、新しい宗教教育の効果と、すぐれた教材、教育方法の開発によるものである。

私たちは大学でも新しい時代精神を巻き起こし、日本の大学教育改革の牽引車となり、世界のモデル校になりたいと願っている。
ぜひとも、全国、全世界の人々のご支持とご賛同をお願いしたいと希望している。

(大川隆法『幸福の科学大学創立者の精神を学ぶⅠ(概論)』 「あとがき」より)

※「にほんブログ村」宗教カテゴリに参加しています。応援のクリックを頂けたら嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
# by beautiful-days777 | 2014-09-04 17:20 | 経典より
このたび「幸福の科学大学」創設を志すに到り、その設立趣旨とカリキュラムの概要を文部科学省の大学設置室に提出し、その諮問機関である大学設置・学校法人審議会と公式に二回ほど意見のキャッチボールがあった。
その中に、幸福の科学大学の教養基礎科目に予定している「創立者の精神を学ぶⅠ」「同Ⅱ」について、その内容が判らないし、担当する教官の能力判定もできないので、「保留」と通知してきた。
悲しいことに、役人や審議会の委員には、「宗教家」と「宗教学者」の区別すらついていないのだ。
そもそも、私の著作群を読んでもいないので、内容が判らないと言っているだけで、審議会のメンバーの誰の意見かも分からず、文科省の大学設置室長に到っては、本を手渡しても受け取らず、郵送すれば、送り返してくる始末である。
これで審査するとは不勉強を通り越して、サボタージュ、税金の無駄づかいである。
その担当官三人とも七月二十五日付人事で「ご栄転」され、今までの説明や約束も、どうなったやらで、次の役人に替わって、夏休み入りである。

ということで創立者(大川隆法)の精神を、私の本を一冊も読まないで判定しようとしている人たちのために、新しく「概論」として語り下したのが、この「Ⅰ」と「Ⅱ」の「概論」である。

予期せぬ収穫もあって、私の累計千六百冊以上の著作を読み続けていた人たちにも、新しい切り口から私の考え方が判るようになっている。

この『創立者の精神を学ぶⅠ』では、現代日本に新しい精神的主柱が必要な理由や、審議委員が「『心の定義』が判らない」と言っていることへの回答が述べられている。
精神世界の勉強をしてみたいと思っている人たちへの、新しい福音となるとともに、幸福の科学大学の担う新文明建設における「霊性の樹立」の核にあたる考えが明確にされている。

大学設立に関してということのみならず、新時代を生きようとする人たちにとって、「北極星」ともなるべき揺るがぬ指針がそこには示されている。

(大川隆法『幸福の科学大学創立者の精神を学ぶⅠ(概論)』 「まえがき」より)

※「にほんブログ村」宗教カテゴリに参加しています。応援のクリックを頂けたら嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
# by beautiful-days777 | 2014-08-27 22:00 | 経典より

耐え忍びの時は

たとえ苦しくとも、耐え続ける中に、
真実は光ってくるものだ。
ただ耐え忍びの時は、心を強くし、
平凡でもいいから
コツコツと努力を続けることだ。

(大川隆法『忍耐の法』 「あとがき」より)

※「にほんブログ村」宗教カテゴリに参加しています。応援のクリックを頂けたら嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
# by beautiful-days777 | 2013-12-30 02:13 | 経典より
〈大川談話―私案―〉(安倍総理参考)

わが国は、かつて「河野談話」(一九九三年)「村山談話」(一九九五年)を日本国政府の見解として発表したが、これは歴史的事実として証拠のない風評を公式見解としたものである。その結果、先の大東亜戦争で亡くなられた約三百万人の英霊とその遺族に対し、由々しき罪悪感と戦後に生きたわが国、国民に対して、いわれなき自虐史観を押しつけ、この国の歴史認識を大きく誤らせたことを、政府としてここに公式に反省する。

先の大東亜戦争は、欧米列強から、アジアの植民地を解放し、白人優位の人種差別政策を打ち砕くとともに、わが国の正当な自衛権の行使としてなされたものである。政府として今一歩力及ばず、原爆を使用したアメリカ合衆国に敗れはしたものの、アジアの同胞を解放するための聖戦として、日本の神々の熱き思いの一部を実現せしものと考える。

日本は今後、いかなる国であれ、不当な侵略主義により、他国を侵略・植民地化させないための平和と正義の守護神となることをここに誓う。国防軍を創設して、ひとり自国の平和のみならず、世界の恒久平和のために尽くすことを希望する。なお、本談話により、先の「河野談話」「村山談話」は、遡って無効であることを宣言する。

平成二十五年 八月十五日


(大川隆法『「河野談話」「村山談話」を斬る!』[資料]より)

※「にほんブログ村」宗教カテゴリに参加しています。応援のクリックを頂けたら嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
# by beautiful-days777 | 2013-08-01 15:29 | 経典より
あなたがたは、どのような未来を、自分の運命として描くのか。
あなたがたは、自らの職場に、どのような未来を期待するのか。
あなたがたは、自らの家族に、どのような未来を期待するのか。
たとえ、この世的に見て、
苦難・困難と思われるものが降りかかってきたとしても、
それを、喜んで受け入れ、蹴散らし、乗り越えてゆきなさい。
何ものも、あなたがたの、その信念を、壊すことはできないのだ。
何ものも、あなたがたの、その光明思念を、潰すことはできないのだ。
何ものも、あなたがたの、未来を拓かんとする、その積極的なる思いを、
邪魔することはできないのだ。
無限の未来を拓かんとするならば、明るい気持ちで生きなさい。
笑顔を絶やさずに行きなさい。
自分自身の過去を許し、未来に期待をかけなさい。
人々の真なる姿に期待をかけなさい。
この世が仏国土となることを強く祈りなさい。
人々の心に仏性が宿ることを祈りなさい。
人々の心に神性が宿ることを信じなさい。
そして、「いずれ、五年後、十年後、さらに、その未来には、
共に法を伝える仲間となるのだ」ということを強く心に願いなさい。

(大川隆法『未来の法』 序章「勝利への道」より)


※「にほんブログ村」宗教カテゴリに参加しています。応援のクリックを頂けたら嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
# by beautiful-days777 | 2013-07-21 23:20 | 経典より
宗教では、心の幸福を中心にして、人間の生き方や人生観の持ち方、「どうやって、よりよい人生を生きるか」ということを説いている場合が多いのですが、現実世界についても、人の手によって変えていける部分は、まだそうとうあります。
心の持ち方や人生観の持ち方を教え、人生の反省等による自己変革を迫るのが、宗教の中心的な面だとすれば、「幸福実現」というのは、「具体的に人間を幸福にするための活動、および、その成果」を重視した運動と取れます。
したがって、「多くの人々、多くの国民が幸福に生きられる」ということが、やはり政治の目標だと思います。そして、それは、「具体的で、かつ、動機において正当で、結果において成果があがるもの」でなければならないのです。
幸福実現党は、「宗教法人幸福の科学が言うユートピア思想を、現実に活動として表した場合、政治の世界では、どのように展開するか」ということを実践しています。その意味で、幸福実現党は実戦部隊ですし、政治の本道に則った「幸福の実現」を目指しています。
「幸福実現」という言葉は、そういうプラスイメージの言葉なのですが、国民や、それを国民に伝えるべきマスコミは、まだ、その言葉の意味を十分に理解できていませんし、実は、政治の目的も理解できていないのではないでしょうか。
そして、「政治の目的は政争での勝利にある」と考え、「一種の群れ同士の勢力争いが政治だ。『騎馬戦で、どの騎馬が残るか』というようなことが政治なのだ」と認識しているマスコミが多いのではないかと思います。
もちろん、政治においてコンペティション(競争)があってもよいのですが、それは、「どちらが、より多くの国民を幸福にできるか」という意味でのコンペティションです。これは、あってもよいでしょう。
しかし、政争や競争が政治の目的ではありません。政治においては、あくまでも、国民生活を幸福なものにし、「この国に生まれてよかった」と思う人たちを数多くつくっていくことが大事なのです。
そういう目的のために、幸福実現党は立党されました。
幸福実現党には、その意味での哲学が一本入っているのですが、マスコミ等は、その哲学の部分を読み取れないでいるのではないかと思います。

(大川隆法『政治革命家・大川隆法』 2節「幸福実現党」立党の趣旨 より)


※「にほんブログ村」宗教カテゴリに参加しています。応援のクリックを頂けたら嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
# by beautiful-days777 | 2013-07-20 22:02 | 経典より
「幸福実現党」という党名どおり、もし幸福が実現しなかったら存在意義はありません。名前自体のなかにミッションがはっきりと入っているのです。
幸福実現党に反対する方は「不幸になりたい人」ということになります。不幸になりたい人を助けられるかどうかについては、一定の疑問はありますが、不幸になりたい人をも何とか導きたいとは思っています。ただ、少なくとも、幸福になりたいと思う方には、「幸福実現党を支持してください」とお願いしたいのです。幸福の実現が私たちのミッションだからです。

(大川隆法『幸福実現党宣言』第3章 「幸福実現党」についての質疑応答 より)


※「にほんブログ村」宗教カテゴリに参加しています。応援のクリックを頂けたら嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
# by beautiful-days777 | 2013-07-20 21:54 | 経典より
「幸福実現党」という党名どおり、もし幸福が実現しなかったら存在意義はありません。名前自体のなかにミッションがはっきりと入っているのです。
幸福実現党に反対する方は「不幸になりたい人」ということになります。不幸になりたい人を助けられるかどうかについては、一定の疑問はありますが、不幸になりたい人をも何とか導きたいとは思っています。ただ、少なくとも、幸福になりたいと思う方には、「幸福実現党を支持してください」とお願いしたいのです。幸福の実現が私たちのミッションだからです。

(大川隆法『政治の理想について』第5章「幸福の具体化について」より)


※「にほんブログ村」宗教カテゴリに参加しています。応援のクリックを頂けたら嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
# by beautiful-days777 | 2013-07-20 08:56 | 経典より
日々、幸福実現党をご支援くださいまして、本当にありがとうございます。

7月21日(日)は参院選の投開票日となっております。

私たち幸福実現党は、日本の未来を開くため、
3つの挑戦(チャレンジ)―「国防強化」「消費増税の中止」「生涯現役社会の推進」
に積極果敢に挑戦し、日本の誇りを取り戻すべく、これからも努力に努力を重ねてまいります。

参院選の投開票日に投票所では、
比例は「幸福」、選挙区は「幸福実現党の候補者氏名」
をお書きいただけますと幸いです。

※各都道府県の幸福実現党公認候補者は、下記URLからご確認いただけます。
http://candidates.hr-party.jp/23th-mhc/

参院選では、幸福実現党を何卒よろしくお願い申し上げます。

(幸福実現党公式サイトより)


※「にほんブログ村」宗教カテゴリに参加しています。応援のクリックを頂けたら嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
# by beautiful-days777 | 2013-07-19 23:44 | 幸福実現党

反日デモの謎を解く

習近平氏にとっては、日本政府を料理するのは、前庭の鶏の首をしめるぐらいの作業らしい。太平洋地域はおろか、カナダ、アメリカ本土まで屈服させる本心が露骨に出てきた。まさしく「世界皇帝をめざす男」である。しかし、日本政府にも、マスコミにも、財界にも十分な情報はないであろう。
日本のマスコミが私たちを無視している間にも、中国政府は、「幸福の科学」「幸福実現党」「大川隆法」を次なる潜在的脅威としてマークしている。今年前半には、「幸福の科学出版」の北京事務所も、中国公安の圧力をうけて撤収している。
私は一人の予言者として警告する。近日公開の映画『神秘の法』(大川隆法製作総指揮)のようにならないように目を覚ましていなさいと。国難と戦う政治家が今こそ立つべき時である。

(大川隆法『中国と習近平に未来はあるか ――反日デモの謎を解く』〔幸福実現党刊〕「あとがき」より)


※「にほんブログ村」宗教カテゴリに参加しています。応援のクリックを頂けたら嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
# by beautiful-days777 | 2013-05-14 16:25 | 経典より
前回の『世界皇帝をめざす男』(二〇一〇年十月二十一日収録)に比べて、習近平氏の自信と策士ぶりがいかんなく発揮されているのが本書であろう。
恐るべき男である。日本の政治家、官僚、マスコミ、自衛隊、知識人にも是非とも予め読んでおいてほしい一書である。
最近の反日デモの激しさは、「政府の想定の範囲を超えている」(野田現首相)とのことであるが、本書を精読して、次に来る衝撃に備えたほうがよいだろう。日本が実効支配している尖閣問題のために、中国国内百カ所以上で威嚇、焼き討ち反日デモをやり、千艘もの抗議漁船を仕かけ、同時にアラブ二十カ国以上での反米デモを、裏から糸を引く男である。親中派や、反日的日本人は、次の中国・国家主席の本当の姿を早く知るべきだ。新しい「元寇」に備えたほうがよい。

(大川隆法『中国と習近平に未来はあるか ――反日デモの謎を解く』〔幸福実現党刊〕「まえがき」より)


※「にほんブログ村」宗教カテゴリに参加しています。応援のクリックを頂けたら嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
# by beautiful-days777 | 2013-03-20 13:23 | 経典より

反原発は正しいか

原爆の父ともいわれるアインシュタイン博士は、その正しい管理と運用によって「正義の実現」を望んでおられる。
単なる核へのアレルギーから、ムードだけで反原発運動をするのは、理性もなく、知恵もない証左だ。
この国の世論とマスコミは、間違いの常習犯であるので、恐ろしい。ソクラテスを死刑に追いやったような、愚かしい民主主義を感じる。
留保条件をつけつつも、脱原発で票を集めようとする政治家の心の醜さは、万死に値する。
反米運動をやり、脱原発で核大国の悪しき隣人におどされたら、この国は属領化される。それがわからないなら、政治家もマスコミも廃業するがよい。
正しいことを述べるのに、勇気を持ちなさい。

(大川隆法『アインシュタインの警告 ――反原発は正しいか』〔幸福の科学出版刊〕「あとがき」より)


※「にほんブログ村」宗教カテゴリに参加しています。応援のクリックを頂けたら嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
# by beautiful-days777 | 2013-03-11 17:28 | 経典より

アインシュタインの警告

日本では、次の政局がらみで、脱原発、反原発運動をする勢力を国民全体の総意的に宣伝する左翼マスコミがあるため、へたをすれば、「核の刀狩り」をされてしまうおそれがある。
思い返せば、アメリカのオバマ民主党政権と日本の鳩山民主党政権の「チェインジ」こそが、世界一位、二位で共同して世界をリードしていた両国家の没落の引き金を引いてしまった。一見、耳ざわりのよい宗教的スローガンが、地獄への道であったのである。
日本人が民族として生き残りたければ、核の技術は捨ててはならない。それは、既に核兵器を大量に保有したり、開発しようとしている悪しき隣人への抑止力となるとともに、爆発する世界人口増を産業的に支える命綱でもある。
ポピュリズムこそが敵である。マスコミも政党も、ポピュリズムの誘惑に屈してはならない。

(大川隆法『アインシュタインの警告 ――反原発は正しいか』〔幸福の科学出版刊〕「まえがき」より)


※「にほんブログ村」宗教カテゴリに参加しています。応援のクリックを頂けたら嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
# by beautiful-days777 | 2013-03-09 11:06 | 経典より
私自身、少年時代に『トルストイの民話』を通して、リアリティーをもって悪魔の存在を知った者である。
さて、ガンジーやトルストイらの業績を念頭に置きつつ、九次元霊が現代の地上でどこまで使命を果たせるか、私自身に対しても大きな課題である。私もすでに千冊を超える書籍を刊行し、全世界に数億の愛読者と、約百カ国に熱烈な信者を有している宗教家である。講演を通して、日本全国と、全世界に巡錫を続けている。
「光あるうちに、光のうちを歩め。」というトルストイの言葉を、虚しい響きとさせないためにも、残された人生を、闇を追い払う光として生き切りたいと思っている。仏教、キリスト教、イスラム教、日本神道などを融合しつつ、大きく乗り越えていく、愛と平和の波動をつくり出すことができればと、心の底から願っている。

(大川隆法『トルストイ――人生に贈る言葉』〔幸福の科学出版刊〕「あとがき」より)


※「にほんブログ村」宗教カテゴリに参加しています。応援のクリックを頂けたら嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
# by beautiful-days777 | 2013-03-08 21:54 | 経典より
押しも押されもせぬロシアの大文豪トルストイ。だが、現代の若者には印象が薄れつつあることだろう。しかし、老トルストイが大地を耕す姿を、同時代の世界の人々は、神の如く慕い、その言葉の一つ一つを聖書の聖句のように捉えようとした人も多かった。トルストイの持つ偉大な光が、ソ連邦の政治や経済、軍事の闇を照らし切ることができず、左翼になびく宗教的人間を多数つくり出したことは、歴史の皮肉といわざるをえない。
私自身も、スターリンの恐怖政治から、ソルジェニツィンの『収容所群島』が世界に知られるまでの、ソ連の悪魔支配と、日本の左翼知識人・左翼マスコミの隆盛に対しては言葉がない。
本書の刊行により、ロシアに再び聖なる光が灯り、「真理」を介して日本との友好が復活し、神の光が地に満ちる世界になることを祈りたい。

(大川隆法『トルストイ――人生に贈る言葉』〔幸福の科学出版刊〕「まえがき」より)


※「にほんブログ村」宗教カテゴリに参加しています。応援のクリックを頂けたら嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
# by beautiful-days777 | 2013-03-07 14:34 | 経典より
いつもは将来に対して楽観的な私だが、今回だけは少し厳しめに物事を考えている。
日本もアメリカもEUも、指導層が大きな逆判断をした場合には、大恐慌の可能性もあると考えている。
日本は今、都知事選、衆院選のまっただ中にある。しかし、脱原発か原発推進かを踏み絵にすることはあっても、電力会社があっさりと電気料金を値上げしてくることには各党とも黙っている。国防強化か平和憲法死守かは論点でありえても、防衛産業の育成に関しては沈黙している。空洞化した国内産業で、大量の失業者を出すぐらいなら、海外に展開している工場を国内に引き揚げさせ雇用を生まねばならないのに、特に何らの手を打っているとも思えない。デフレの元凶と化し、税金をのがれ、仮想敵国の経済を肥大化させて、わが国を恐怖に陥れても、「わが社第一」の企業もある。
まずはとにかくサバイバルしようではないか。

(大川隆法『サバイバルする社員の条件 ――リストラされない幸福の防波堤』〔幸福の科学出版刊〕「あとがき」より)


※「にほんブログ村」宗教カテゴリに参加しています。応援のクリックを頂けたら嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
# by beautiful-days777 | 2013-03-06 10:09 | 経典より
日本を見ても、諸外国を見ても、これからは当分厳しい経済環境、経営環境が待ち受けていることが予想される。賃金の安さに魅かれて海外に工場展開した会社はカントリー・リスクにさらされ、国内企業も外国企業との競争に敗れつつある。また不況の国が多いため、輸出も鈍化し、増税や電気料金値上げのため、家計も企業も、リストラ対策のための苦渋の決断を迫られている。
本書では、いつもとは少しトーンが違って、「サバイバルする社員の条件」、つまり会社で生き残り組になるための条件を三つに絞って話した。特に「能力」よりも「性格」のほうが大事だということを強調した。このリストラされない『幸福の防波堤』を一人でも多くの人に学んでいただき、仕事論の一つとして教訓にして下されば幸いである。

(大川隆法『サバイバルする社員の条件 ――リストラされない幸福の防波堤』〔幸福の科学出版刊〕「まえがき」より)


※「にほんブログ村」宗教カテゴリに参加しています。応援のクリックを頂けたら嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
# by beautiful-days777 | 2013-03-05 09:50 | 経典より

幸福の科学の教えから、一人ひとりの幸福、そして社会全体の幸福につながるヒントをお届けします。幸福の科学の一会員による未公認ブログです。


by beautiful-days777